アメリカはテキサスにあるUniversity of Texas at Austinでナース目指して勉強中。日々思う事をかなり適当に書き綴る。目先の目標は2010年卒業。卒業した暁には値段を気にせず美味しい物をたらふく食べたいと願う。


by ecotama
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

同情するなら水をくれ!!

え~テキサス、ただ今大変です。
Hurricane, Ritaのおかげです。
自分の住んでる場所には直接的にはハリケーンの影響はないんだけど、そのハリケーンの影響を受ける地域から来た避難民の人達の影響はすごいです。
この町のガソリン、SOLD OUTです。
なので、もし自分が今車にガソリン入れたくても無理です、だってガソリンないんだも~ん。(先週入れておいてよかった)

そして今日はご長寿を集めたnew neighbour welcome partyということで、昼間買い物へ行きました。
すると。。。。

水がない!!!

そう、避難民プラス、ハリケーンで焦りを感じてる住民達が水を買いあさってしまって水はもうありませんでした。
なぜか戸惑う人々であふれる店内。
そして自分が誰も気付かぬ一番下の棚にこっそりと置かれたボトルウォーターを発見!!
6本しかなかったので、全て買い占める(ラッキー)。
別に焦りも感じてなかったんだけど、今週末石鹸を作る予定なのでそれ用にと水を買ったのです。
そしてカートを押してウロウロしてると、見知らぬ女性が一言。
「ねぇ、お水どこのコーナーに売ってる?」
自分は「あ、もう水ないよ」
「まぁ~どうしましょう。ヒューストンから来たんだけど、もうボトルウォーターがなくて困ってるのよ~」
「ま~それはお気の毒にね(すごい冷たい自分)」
「あなた何本買えたの?」
「最後に残ってた6本だけ」
そしてその女性の視線の先には自分のボトルウォーター達が。。。やばい。
「こんな事言いにくいんだけど、もしよかったら一本でも分けてくれないかしら?」
きた~~~~っ!!
え~自分としてはあげたくありません、なぜなら次にこのスーパーに水が入るのは数日後、多分5日後ぐらいだからです。
でも、ここで鬼になっては人間として失格だ~、ということで。
「え~、それじゃあ2本だけ・・・」
「申し訳ないわ~、本当にありがとう」

自分、もしかしてすごいいい人(ってか断れなかっただけ?)

スーパーのおばちゃんに言わせれば、肉もあと2日後にはなくなるそうです。(ストックがね)
じゃあ、スーパーの中はからっぽじゃ~~~ん!!

そしてこんな困惑する中、人を見るのは楽しい。
ある買い物客と店員の会話。
客「ねぇ!ミルクがないんだけど、ミルクはどうしたの?(すごい焦ってるし)」
店員「いや、もう昨晩売り切れてしまってないんですよ~」
客「ど~しましょう!!(この表情もすごかった) 家には育ち盛りのteenagerの息子がいて、彼はミルクがないとダメなのよ!それに旦那も夕食時にかならずミルクを飲むからミルクが絶対にいるのよ!!!」
店員「あ、粉ミルクならまだ売ってますよ(別に水に溶かせば同じじゃ~ん)」
客「そんな粉ミルクなんて息子と旦那に与えたら、彼ら栄養失調になっちゃうわ~(わけわかんね~)」
店員「そう言われても、もう在庫もないのでミルクはないです」
客「このままじゃ、私家に帰れないわ~。息子と旦那になんて言い訳すればいいのよ!!」

そんなにミルクが飲みたきゃさ、レストランにでも行けよ~~~~!!!

え~ご長寿のパーティーはさて置き、私なんと・・・・

お仕事します(来週月曜日から)

このお仕事も無理矢理斡旋されてやらされてるようなものです(マーティーにね)。
その店はマーティーのバイトする、裏の店。(これじゃ~またマーティーと近すぎる)
そこのownerはポーランドの人で、名前発音できません。
でもとてもいい人です。
で、売る品物はメインとしてamberです。
ポーランドのamberは有名らしく、彼女はそれを輸入して売ってるそうです。
自分の働く曜日は金曜日~月曜日。以上。
仕事をOKした理由はこれ。

犬同伴OK!

なのでジンジャーもshop犬として売り上げに貢献して頂きたいと思います。
が、店、すごく暇みたいです。
暇なら別に昼寝をしててもいいみたいなんで、それもOKの理由です。
でもね・・・

やっぱり仕事したくねぇ~~~~!!(ニートに近い生活環境)
[PR]
by ecotama | 2005-09-23 11:36 | Texas