アメリカはテキサスにあるUniversity of Texas at Austinでナース目指して勉強中。日々思う事をかなり適当に書き綴る。目先の目標は2010年卒業。卒業した暁には値段を気にせず美味しい物をたらふく食べたいと願う。


by ecotama
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

ある日のマイケゥ

ついてない日、これはマイケゥにとって何てことない日常茶飯事におこるごく普通の日である。
これが普通にマイケゥに起こるのも恐ろしい。
マイケゥは何と言うのか、本当に運のない男である。
一時は自分も本当に心配して「お祓いでもしてもらったほうがいいのか?」と考えたものである。
本当に何かに呪われてるのか?と思わせるほど運のついてない男、それがマイケゥ。
そんな悪運の強いマイケゥにとっての日常は、普通の人なら「今日は本当についてないわ~」という日と同じぐらい強烈である。

先週、WholeFoodsへ買出しへ出かけた。
自分は野菜コーナーで野菜を見ながらウロウロしてる、最初はマイケゥもリンゴを買ったりしてたが、野菜コーナーは飽きたのか魚コーナーへ移動。
魚コーナーで左手を口にあてながら、ウロウロするマイケゥ。
店の兄ちゃんに「How can I help you?」と聞かれるも、「I'm still thinking」と言って、動物園の檻の中の動物のように意味も無くウロウロするマイケゥ。
何かを買うのか?と思いきや、何も買わないらしい。
そして自分の視界から消えた。
自分はとりあえず自分の作ったリストの食料品をカートに入れ、レジへ向かおうとする。
「あ、マイケゥがいない」とここで、旦那の存在に気付く。
そしてマイケゥを探す事5分、マイケゥはサプリメントコーナーで真剣に商品を手にとり眺めている。
大抵、マイケゥはこのサプリメントコーナーで20分は軽くすごす。
彼の手にはすでに「購入したい商品」として数品確保されている。
「あんたこれなによ?」
「ん?プロテイン!」
「プロテインは見たらわかるっちゅ~ねん、なんてプロテインいるん?」
「マイケゥ、運動するから」
「あ、そう。でもこのプロテインシェーカーはいらんやろ?」
「いる!!」
ということで、この日マイケゥはご機嫌さんでプロテインとプロテインシェーカーを購入したのです。

そして次の日。
朝からご機嫌さんでプロテインをプロテインシェーカーに入れ準備万端。
「今日は朝から運動するから、これ持っていくや」
「あ、そう。よかったなー。ほならうちはもう寝るわ(二度寝しにベッドへ戻る←それもジンジャーと一緒)」
そして人が寝ている間もバタバタとしながら、戸を閉める音が聞こえた。
あ、行ったな。
それから暫くしてジンジャーと一緒に起きる。
何気に台所へ行くと・・・
あれ?なんでキッチンの上に黒い靴がおいてあるのか?
最初は何気に理解できなかったが、それはよく考えるとマイケルの制服の靴ではないか?
朝行く時は、運動の日だからということでジャージを着ていったマイケゥ。
制服を持っていき、向こうで着替えるらしい。
が、靴を忘れてる。
そう、マイケゥいっつも靴を忘れるのです。
そのお陰で、同じ靴、同じ種類で同じ色の靴がうちには5足とならんでいる。
それはなぜか?
靴を忘れた事に気付き、しょうがなく靴を向こうで買うから。
その靴、一足75ドルです。
その靴、普段よく履くのかというと月に一度ぐらいです。

自分は慌ててマイケゥに電話するも繋がらず、とりあえずマイケゥの職場まで車で靴を持って行く。
が、マイケゥどこにいるのか全くわからずイライラする。
そしてようやく電話が繋がったと思いきや「もう靴買った」と一言。
かなりキレル自分。
キレながら家に帰り、ジンジャーのお散歩へ出かける。
そして夕方マイケゥが帰宅。
新しい靴をはいて。
帰宅するなり一言。
「今日はねー最悪。マイケゥ一杯忘れ物した」
「今日だけに限らず毎日なんか絶対忘れてるよなー」
「うん。でも今日は、マイケゥ靴も忘れたしー、書類も忘れたしー、パンツも忘れた。」
「パンツ?」
「うん、運動してシャワー入った後に新しいパンツ持ってくるの忘れたのに気付いた」
「ほんで制服のズボンの下に何はいてるん?」
「だから、運動のズボンはいてる」
「前は何にも履いてなかったのに、今回は運動のズボンはいてるん?」
「うん、寒いから」

マイケゥ、次の日に買った靴を返品しにいく。
その際に店のおばさんに「この靴はいた?」と聞かれ「試着しただけ」と普通に答えるマイケゥ。
だが、黒いマイケゥの制服の靴はうちの家に綺麗に5足並べられてある。
まるで店屋のようだ。
次にまた新たな一足が増えるのはそう遠い日ではないだろう。

プロテインシェーカーは持っていくが、靴を忘れる男、マイケゥ。
仕事でのトレーニングを終え、一回り大きくなったかと思いきや相変わらずのマイケゥ。
ただマイケゥが絶対に忘れない物、それは食べ物の名前。

こんなマイケゥ、今は必死に制服にアイロンあててます。
がんばれマイケゥ。
負けるなマイケゥ。
皆さんからの応援、お待ちしてます。
[PR]
by ecotama | 2005-11-21 10:43