アメリカはテキサスにあるUniversity of Texas at Austinでナース目指して勉強中。日々思う事をかなり適当に書き綴る。目先の目標は2010年卒業。卒業した暁には値段を気にせず美味しい物をたらふく食べたいと願う。


by ecotama
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

クソ親父

ここ数日、サンアントニオは涼しい。
先週末(Spring Break最後の日曜日)に大きな雷&豪雨がサンアントニオを攻撃し、そのお陰でうちの学校、月曜日の朝行ってみると閉鎖になってました。
そう、雷が落ちたらしく全てのシステムが止まってしまったそう・・・・
その日は、マイケルが車を修理に出してたので、マイケルが仕事へ行く前に自分を学校にdropしていく。
そして、その時事件が。

知らないおっさんに怒鳴られる!!

つまりこうい状況だったわけです。
その日は学校が閉鎖だったのですが、とりあえず皆学校へ来て張り紙を見て「あ~ラッキ~」と言って帰るので、駐車場には一台ぐらいしか車が止まってなかった。
そんなことも知らなかったので、マイケルはとりあえず時間がなかったので、disability専用の駐車場に3秒車を停めて自分をおろしたわけ。
すると、それを見たfacultyのおやじが怒鳴ってきたと。。。
それを知らないマイケルはとりあえず去る。
そして、その怒鳴りに対して怒鳴り返す自分。
さすがにおやじもこんなチビ生徒に怒鳴り返されるとは思ってもみなかったのか、自分がおやじの目の前で怒鳴り返してる時、全く目を合わせようともしない。
自分の言い分としてはこうである。
「あんたに怒鳴られる筋合いは全くない。自分は車をそこにparkingしたわけではなく、旦那が間違ってそこに車を停めて自分を下ろしただけ。それに今日は駐車場がガラガラだし、最後まで状況を見ないであんたに怒鳴られるのは納得できない。自分を注意するなら、他にparking permitを購入せず平気でparkingしてる奴を怒鳴れ。」
おっさんの隣に居た女性もすご~く気まずい顔してるし。
何故ここで自分も怒鳴り返したのかよく分からない。
怒鳴られて納得できる事ならこちらも謝るが、おっさんに怒鳴られる筋合いは全くなし。
その日は朝から気分悪い。

このおっさんはともかく、学校は火曜日から再び始まり、また宿題やテストに追われる日々が再開しました。
うちの学校は4月7日が最後のdrop dayなのですが、それを前にBiologyのクラスの生徒は半分以上既にdropしてしまったよう。
最初は30人近くいた生徒も今では7人。
先週、同じクラスのHelenからメールがあって、彼女もdropを考えてるという。
彼女の状況も自分とよく似ていて、biologyを最後に勉強したのはもう10年以上も昔と言う事らしい。
彼女の言い分もよくわかる。
うちの先生、テキストは全く使用しなくて先生がPPで作成したlecture noteを元に授業を進めていくんだけど、先生全く何を説明してるのかよくわからない。
話があちこちにとんでいき、その内学ばなくていいような奥深い範囲まで勉強させられる。
だから、生徒は基本的に先生が何を説明してるのか分からない。
Helenはクラスに全くついていけてないと言う、でも自分もはっきり言ってついていけてない。
テストの点だってHelenの方がよかったりするし。
でも彼女は「この先生じゃ学べない」と言う。
確かにこの先生からのlectureだけでは学べない、なので自分で本を読むなりonline上のテストをやってみたり努力する事も必要である。
彼女にdropする事を考え直すように言ってみたが、どうするのかは分からない。
だって後一ヶ月もしたら、このセメスターは終わりだし、今までバイオロジーに費やしてきた時間が勿体無い。
Helenには最後まで一緒に頑張ってほしいと思う。

この前のSpring Break以来、はまってるものがある。
それはずばりテレビ!!
特に「24」にははまった。
ということで、早速DVDを借りてきて見る。
「絶対こんなことありえへ~~~ん」とか思いながら、ついつい真剣に見てしまう。
そんなこんなで、今週末の勉強の予定は全てキャンセル。
いけない!でもテレビが私を呼んでいる~。

明日は夜8時から24がある。
勉強するか24を見るか・・・・悩むところである。

後約一ヶ月、頑張るしかないな~。
とりあえず今日もバイオロジー勉強してみる。(全然はかどってないけど)
[PR]
by ecotama | 2006-03-27 08:31 | whatever