アメリカはテキサスにあるUniversity of Texas at Austinでナース目指して勉強中。日々思う事をかなり適当に書き綴る。目先の目標は2010年卒業。卒業した暁には値段を気にせず美味しい物をたらふく食べたいと願う。


by ecotama
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

San Antonio Zooへ行って来た

今日はSan Antonio Zooへ行って来た。
朝9時の開園と同時に行く予定であったが、マイケル友人カップル&子供と一緒に行く事になったので昼11時に変更。
その結果、11時から昼ごはんを食べ動物園に着いた頃には12時過ぎ。

暑過ぎ!

暑い、暑すぎる。。。
汗だく。。。
汗をかいてない人など1人もいないぐらい皆汗をかきながら、子供の手を引っ張り動物園を歩き回る。

とりあえず動物園の入口でメイソン(カップルの子供)がポーズ!

e0052725_6193993.jpg


そして動物園の中を歩き出すと、クマを発見。
が、しかし暑さのせいで、動物達までもがこんな状態。

e0052725_6184950.jpg

クマ、温泉に入るかのごとく水の中から出てこない!

e0052725_6205838.jpg

何故か暑さのせいで、リスまでもが木陰でダウン!!

確かに暑すぎるわね、ええ、暑いわ(私も汗だく)。
その上、メイソンをたまに抱っこしながら歩いたから更に汗だく。

そしてとりあえず自分の見たかったClouded Leopardを発見!!

e0052725_6224778.jpg


感激!!













e0052725_6234015.jpg









Amazing!








ラッキーだったのは、ず~っと端っこで違う方向を向いたままだったのに、自分とメイソンが近づいた時に、むっくり起き出してこっちへ向かって歩いてきてそのままポーズまでとってくれた事。
あ~、生Clouded Leopardが見れた~。
思ってたよりも大きくて、尻尾がとても長い。
2匹居たけど、別々の部屋で飼育されてたみたいです。
パートナーでないと、一緒に飼育するのはよくないみたいです。

ただ残念だったのは、Clouded Leopardにしてもそうだけど、他の絶滅の危機にある動物(オカピーとか)がただ単に展示物としてしか扱われてなかった事。
同じ展示するならば、彼らが置かれてる状況、世界に生存する数、どういったことが彼らの生息地を脅かしているのかなど、具体的に説明するべきだと思う。
そうじゃないと、動物園が担ってる役割がはっきりしない。
動物園の役割は、ある意味来る人々を教育する場所でもあると自分は思う。
小さい子供でも分かりやすいように、説明するのが動物園の仕事ではないのかな?

環境に関しても残念な事だけれども、全く理想的とは言えない状況でした。
確かにお金のある動物園だと、そういったことにとても敏感になるし、自然に近い状態へもっていくべく建設するんだろう。
確かにお金がかかる。
でもそうやって逆にお金もある程度かけないで、適当な環境に放置しておくのも、繁殖プログラムを行ってると公言する上ではどうかとも思う。
どうしても動物が大きなストレスを抱えてしまうから。
例えばdonationを期待するのであれば、絶滅の危機に瀕してる動物を見る機会を生かすべく、来援した家族連れにもっと具体的に彼らの状況をアピールする事も一つの手ではないかと思う。
でも、この動物園はそれがなかった、動物はただの展示物で、別に興味をそそられる具体的な動物の説明は一切なし。

これは珍しいワニ。

e0052725_6354960.jpg


そう、白いワニ。
特殊なんだよね、何故白なのかというと遺伝子のせい。
Albinoなんだよね、つまり100% recessive。
とても珍しい。

それにしても、暑かった~。
来週、時間があれば動物園に手紙を書こうと思ってる。
やっぱり今日思ったことは書いておこうと。

そして最後に、今日一番自分の中で笑いが止まらなかったこの猿の写真をどうぞ。

e0052725_6384848.jpg

口は開いてるは、目は半目やし、全然起きない!

動物園、15年ぶりに行きました。
感想、暑過ぎ。。。。
[PR]
by ecotama | 2006-07-23 06:43 | Texas