アメリカはテキサスにあるUniversity of Texas at Austinでナース目指して勉強中。日々思う事をかなり適当に書き綴る。目先の目標は2010年卒業。卒業した暁には値段を気にせず美味しい物をたらふく食べたいと願う。


by ecotama
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

泳ぐあの人・・?

またゴキねたで恐縮です。
それぐらいゴキ発生率が高い今日この頃、サンアントニオは今日も暑い。

今日は早朝3時半に腹痛、それも激痛で目覚めしょうがないので胃腸薬を飲んだにも関わらず激痛が治まらず学校はお休み。
あの怠け者先生の「今週は金曜日だけ授業に出ればいいから♪」を信用して、今日はお休み。
今は少し落ち着いたけど、歩くのは大変である。
何を食べたのか・・・
昨日はマイケル友の誕生日パーティーへレストランへ行ったので、そこで食べた夕食、もしくはあの毒々しい色を放ったケーキである。
お腹いてぇ~~~~!!

前回ゴキの物語を書いた次の日に、またゴキに遭遇しました。
そこでゴキへの疑問が沸々とわいてきたわけで・・・・
前回のあの人との遭遇は本当に驚きのあまり、思いっきり逃げる途中で小指を戸にぶつけ泣きそうでした。
その時、マッパだったし(これまた情けない姿だったし)。

シャワーに入ろうとシャワードアを開けた瞬間、排水溝の所を見ると・・・

あの方が排水溝の中から、リングの貞子が井戸から這い上がるように這い上がっていらっしゃった!!(今回は前回よりでかく自分の人差し指分あった)

それも、存在を気付かれないかのごとく、そぉ~~~~っと・・・・

そこで一瞬考えた。

あの方達は水の中、若しくは下水道の中を泳げるのか?

どう考えたってパイプに水は残ってるわけで、泳がない限り無理なのではないか?と思ったりしたんですが・・・
もしかしてパイプの中を飛んで上がってくるんでしょうか?
たまに噂でテキサスのゴキはトイレに流しても、トイレの底から水の中を這い上がってくるほどの逞しい生命力を持ってるというのを聞いた事がありますが、これは事実だと思ったりした。

そのゴキはまたマイケルによって処理された。
うちのコンドは2週間に1度、毎水曜日に害虫駆除の為スプレーをどこかで撒いてるらしく、その後に大量にゴキの死体が家の中で見つかる。
それもよく考えりゃ、風呂場が多い!!
ということは、やはりパイプの中を通ってうちへやってきているのか?
あ~考えただけで気持ち悪い。
表から見ても気持ち悪いけど、裏返ったゴキは更に気持ち悪い。

来週は早くもファイナルである。
このLiteratureのクラス、どんなファイナルになるのか不安である。
とりあえず今週末はペーパー2枚の最終チェックをして、ファイナルに向けて勉強してみる(予定)。

最近ではゴキの存在が気になり、意味もなくあちこに家の中をうろつきまわりゴキの存在がないかを確認するのが日課となる今日この頃である。
[PR]
by ecotama | 2006-08-10 06:15 | Texas