アメリカはテキサスにあるUniversity of Texas at Austinでナース目指して勉強中。日々思う事をかなり適当に書き綴る。目先の目標は2010年卒業。卒業した暁には値段を気にせず美味しい物をたらふく食べたいと願う。


by ecotama
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

ゴキについて勉強しよう


暑いですねー。
今回もゴキ談とさせて頂きますので、悪しからず。
書く事が無いのか?そうではなく、ゴキに追いつめられてます。

早朝5時半、まだ半分寝ながらもマイケルのアラーム&ジンタマのご飯くれパンチで目が覚める。
とりあえずさっさとジンタマのご飯を用意して、すぐに寝床へ戻る。
この間、あまり記憶なし。
横を向いて寝ており、右手を下にブラーンと垂らしながら寝てると、何かが腕を這い上がってくる感覚がある。
未だ夢の中なので、それが現実とははっきり分からずとも体は自然に対応してるようで、左手で追い払う。

え?虫?かなり大きかったよねー?

そこで夢から一気に現実に引き戻され、恐る恐る目を開けると。

ゴキブリと直視!(それも人の顔の5センチ先をこちらへ向かって突進中でした)

一瞬意識が無くなるも、とりあえず叫びながら逃げる。
するとこっちへ向かってくる!
一緒に寝てたジンジャーは、そんな事関係ないかのように布団の中で眠り続ける。
つかえねぇー、この人と思う。

急いでマイケルの元に駆けつける。

マイケル、No.2をしてらっしゃった最中なようで。。

「もぉー、マイヶゥ、○ンコ中やから無理!」と言いやがる。
「あんたの○ンコなんてどうでもええねん、ゴキブリがベッドにおるから早く殺してよー!」
「でもマイケゥ、まだ出てるし」
「もぉー、苛つくわー、早くしてよ!」

と半ば強制的にトイレから連れ出し、ゆっくり尻を拭く時間も与えずとりあえず現場へ直行させる。

巨大ゴキブリ in the bed

とりあえずゴキをベッドから落として、スリッパで殺したようである。
今日のもでかかったー!!

そこで、今日はゴキについて調べてみました。

1.ゴキブリを決して直視してはならぬ

これは人間の瞳の反射に反応して寄ってくるらしい。

2.ゴキは1cmの隙間を好む

なので1cmより狭いか、広く隙間を取る。
それよりも排水溝などは全て(特に水回り)使わない時は封鎖しておく。

3.ゴキを殺す時は前から殺すべし

ゴキの尻の部分には気配を察知するセンサーがあるらしいので、前からの方が友好的らしい。

ゴキは強烈である!

ついでにゴキの脳は胴体部分にあるらしく、頭を切断したからと言って死ぬ訳ではなく、頭なしでも平気で一週間ぐらい生きるらしい。
ある意味すごい生命力である。

今朝、本気でゴキ対策の一環として猫を飼おうかと考えた私でした。。。
もう本気でテキサスから脱出したい。。。
[PR]
by ecotama | 2006-08-16 05:25 | Texas