アメリカはテキサスにあるUniversity of Texas at Austinでナース目指して勉強中。日々思う事をかなり適当に書き綴る。目先の目標は2010年卒業。卒業した暁には値段を気にせず美味しい物をたらふく食べたいと願う。


by ecotama
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

38/50


テスト終わりましたわよ!

ここ数年1度もやった事のない事を久しぶりにやってみました。。。

一夜漬け(一睡もしてませんよ)

ということで、今のワタクシの状態は

心も体もテストもボロボロ

さて、このタイトルの38/50というのは何でしょうか?
これはワタクシの

American Governmentのテストの点数です

Chemistry以来、Cとか久しぶりに見ましたよぉ!

もう焦りを通り越して、何故か感謝になってしまってる自分が恐ろしい。

返されたこのショボイ自分のエッセイテストを見直す。
一発目のTAからのコメント

短すぎ

確かに短かったのは分かってたけど、ほんまにそのまま書かれてる。
ついでに

文章構成めちゃめちゃ

ええ、これも分かってたのよ。
エッセイを書くときって皆そうだと思うんだけど、最初にOutlineを立てるでしょ?
この部分ですでに軽く10分近く費やしてしまってた自分は、結局outlineを途中放棄して文章を書き始めてしまったので、内容が全くこんがらがってしまってたわけです。

悲しいのを通り越して情けない。。。

Pharmacologyも勉強してりゃ確実にAを取れる内容だったにも関わらず、アホみたいに一夜漬けで終わらせてしまったんで、今回はAではないやろう。
でもPharmacologyに関しては、他の科目に比べて簡単だなーと思ったのが正直な感想。
テストの内容も殆ど暗記だし、基本的なphysiologyの部分を理解しながら勉強してれば分かる問題が多かった。
Pharmacologyに関しては次回は絶対にAを取る。

今回の一番の問題点は明らかに自分のTime managementのミス。
明らかにreadingの量の多さで時間が取られてて、そのreadingに関してもただ読んでるだけなのがいけなかったと思う。
テキストを読むのと理解するのでは、全く意味が違う。
ただ読むだけならば簡単だが、内容を理解して文章の相互の意味合いなどを考えないとテストの問題が解けない。
なーんで、明日からのreadingに関しては多少時間をかけても自分でのideaをまとめつつ読もうと思う。

本当この歳で学生、それもundergraduateって結構辛いなーと肉体的に実感した。
というのも、体が一夜漬けについていかん。
そこで一句作ってみた

引力に
勝てぬ私の
脳低下


あ、どうでもいいけど来週の月曜日、ワタクシなんと。。

Al Goreの演説会に行って参ります!!!!

すんげ~楽しみ(この時点ですごいnerdだよね)
[PR]
by ecotama | 2007-09-28 12:31 | College