アメリカはテキサスにあるUniversity of Texas at Austinでナース目指して勉強中。日々思う事をかなり適当に書き綴る。目先の目標は2010年卒業。卒業した暁には値段を気にせず美味しい物をたらふく食べたいと願う。


by ecotama
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

It's the hard knock life for me

ええ、ずばりその通りやね。

今日は人生で初めて。。。


学校のトイレで泣いたでー!

別にいじめられたとかじゃないで(絶対いじめられっこにはならへんタイプやし)
もう英語のクラス終わってから、メールチェックしたらPharmacologyの先生から「グレードをウェブにアップした」とのメールがあったので、もう見るの嫌やったけど見たら。。

もう、こんな悪い点取ったの初めて。
あと2回(ファイナル含めて)テストあるけど、どっちも100点取ってもA無理。
最後に書き換えた答えとか色々思い出したら、もう自分に腹が立って黙々とトイレに向かって、ボロボロと泣いた。

泣いた理由は明らかに自分が情けなくなったから。
「なんでもっと早い時期から復習しやへんかったんやろ?」
「なんでもっと時間を有効に使われへんかったんやろ?」
「なんで自分の専攻のクラスやのに、優先して勉強しーへんかったんやろ?」
等々、自分を責めだしたらきりがない。

確かにこのセメスター、毎週何かテストがあってもう自分の中でも一杯一杯なのはよく分かってる。
どうしてもテスト勉強に集中するが為に、他のクラスのリーディングはもちろん、このpharmacologyのクラスの復習さえしてる時間があまりなかった。
明らかに勉強の時間数が足りない結果が今回出た。
別にさぼってる訳じゃなくて、勉強してるけど勉強スタイルを変えろという事だろう。

このセメスターのGPAは確実にNursing schoolのアプリケーションにのる。
ついでにPharmacologyは絶対に見られる。
いくらhigh B (B+)で終わったとしても、結果はB、それ以外何もないし。
このクラスがAだったらサイエンスのクラスのGPAのトータルが4.0なので、エクストラポイントがもらえるはずだったし。

もう終わった事を悔やんでもしょうがないけど、悔やみきれん。
次に向けて頑張らなあかんのに、もう気持ちが沈んでしまってる。
沈んでたらずーっと沈んだままなんで、とりあえず少しでも上にあがれるように頑張るしかないなー。
ここまでテストで落ち込んだのも久しぶり。

確かにテストの点数なんて生死に関わる問題でもないし、たいした事ないはずやのに、もうこの変なプレッシャーはなんなんやろうね?
本当、プランBとか考えたくないけどこういう時に限って考えてしまうねんな。

ま、でもこうやって変なプレッシャーと戦ってるのは自分だけじゃなくて、pre-nursingの生徒は全員そうだろう。

頑張れ自分!

たまには笑い涙か嬉し涙を流してみたい。
[PR]
by ecotama | 2007-11-06 06:42 | College