アメリカはテキサスにあるUniversity of Texas at Austinでナース目指して勉強中。日々思う事をかなり適当に書き綴る。目先の目標は2010年卒業。卒業した暁には値段を気にせず美味しい物をたらふく食べたいと願う。


by ecotama
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

Certified Nursing Assistant


ということで、8月から始めたこのCNAのクラス。
ついに今日テストがあり、長い長い期間を得て終了。
それにしても長かったなぁ。。。

というわけで、今日晴れてめでたく

Certified Nursing Assistantになりました

あー、めでたい。
というよりも、このテストがある事を実は完全に忘れており、昨日家に帰ってメールをチェックするとポールからの質問メールがありそれで思い出した次第だった。
完全に全てのスキルを忘れていたので、とりあえず急いでマイケゥをベッドに寝かせ(患者役にさせるということである)、mouth care, range of motion, occupied bedなどとりあえず出来そうな事を本を見ながら復習してみた。
もう少し勉強すればよかったんだろうが、昨日は何故かとてつもなく疲れていたのでベッドでテキストを読んでる間に就寝。

朝、テスト先のナーシングホームに行くと懐かしい顔ぶれである。
が、皆笑いつつも顔が引きつっており緊張してるのがよくわかる。
私はこの時点では全く緊張していなかったが、後ほど緊張が倍になってやってくるのは言うまでもなく。

このテストは2つのパートに分かれていて、最初のパートは実技で次のパートは筆記試験である。
実技のテストは一人ずつ行われ、試験官から5つのスキルを言い渡される。
最初の2つのスキルは手洗いとコミュニケーションで、これは誰でも難なくこなせる。
手洗いは15秒間しっかり洗って、ペーパータオルで手を拭き、別のペーパータオルで蛇口を閉める。
コミュニケーションも色々あって、目の見えない人とのコミュニケーション、耳の聞こえない人とのコミュニケーション、ちょっと痴呆の入ってる人とのコミュニケーション等ととりあえず指定される。

誰が一番最初にテストを受けるかという事を試験官から聞かれた際に、何故かあまり積極的でない私の相方のポールが思いっきり手を上げた。
ということで、ポールからである。
私はポールの苦手なスキルを知ってる、そしてそれをやるようにと言い渡された事を知ったのは言うまでもなくポールが汗だくで部屋から出てきた時である。
今日のポールは必死だったようで、彼は既にTexas TechのRNのプログラムに次のセメスターから入る事が決まっており、このCNAの試験にパスしないと入学許可は取り消されるので必死だったらしい。

そして生徒が一人、また一人とテストを受けていく。
私とサムが最後に残り、「どうする?先にやる?」と聞かれたので「先にやらせてもらっていいなら、先にテストさせてもらってもいい?」と聞くと、「私、まだ心の準備が出来てないからいいよー」との事だったので、私が先に受ける事になった。

自分がどのスキルのテストをやらされるのかは全く分からない。
個人的に、unoccupied bed, denture care, mouth care, range of motionがあたればいいのになーと思っていた。
で、とりあえず言い渡されたスキルはラッキーな事にどれも簡単なものだった。
Unoccupied bed, mouth care, range of motion。
本当にラッキーだった。
ということで、実技は問題なくパス。

私の次だったサムは結構大変だった。
自分の苦手な実技ばかりだったんで、「あー、先にやってよかった」と勝手に心の中で思ったのは言うまでもなく。

とりあえずこの資格をゲットしたので、ナーシングスクールのアプリケーションに記入してポイントをもらう事が出来る。

学校もあともう少し、来週からは地獄である。
この地獄を抜け出せば、天国とは言わないがましな状況が待ってる事を期待したい。
[PR]
by ecotama | 2007-12-01 08:59 | College