アメリカはテキサスにあるUniversity of Texas at Austinでナース目指して勉強中。日々思う事をかなり適当に書き綴る。目先の目標は2010年卒業。卒業した暁には値段を気にせず美味しい物をたらふく食べたいと願う。


by ecotama
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

Personal Essay



書けん!!

来週に迫ったナーシングスクールへのアプリケーションと一緒に提出するPersonal essayが書けなくて困っている。
というよりも煮詰まっているという表現の方が正しい。
自分の納得のいくものが書けない。
このPersonal essayがかなりの割合で合否を決めると言っても過言ではない、というのもGPAは皆似たりよったりなので、どこで差をつけるかというとこのエッセイになる。

先週は、んでるさんや彩依ちゃん、しょうちゃんにエッセイを見てもらった。
やはり他人の目から見たコメントはとても為になる。
エッセイを書く時、特にこんな場合などはaudienceに集中して書く必要がある。
でも書いてる途中で完全に「私の世界」に戻ってしまうわけである。

昨日はUndergraduate Writing Centerにエッセイを持っていって意見を頂戴してきた。
「なんで今までこのサービスを利用せーへんかったんやろ!??」と思うほどだった。
これからはこのライティングセンターが私の親友になる事間違いなしである。
かなり的確な指摘を頂いた。
私のエッセイは経験を書いてるけれども、その経験を具体的に「どうしてナースになりたいのか?」という部分とくっつけてなかったし、同じ事を繰り返し別の例を使って書いてるだけだった。
余分な表現が多すぎ。
他の生徒と自分の違いをしっかりと書けてなかったのもある。
家に帰ってから夜中の3時まで書き直した。
1パラグラフ全部を削除して新たに別の要素を付け加える事にして、ネゲティブな要素も省いた。

そして今日はナーシングスクールへのパーソナルエッセイならばこの人に持って行け!と言われる人に持って行った。
まず「どうして自分が選ばれるべきなのか?」という内容が含まれてない。
そして「special circumstance」を呼ばれる自分の生きて来た人生の中で乗り越えて来たスペシャルな事などが書かれてないと。
確かに「どうして私を選ぶ必要があるのか」という部分は肝心な部分なのに、全くその部分について書く事すら頭になかった。

もう一度、一から書き直す必要があると思った。
最初から全て書き直すのはこれで6回目になる。
どんだけ書き直したら良いものが出来るのか?自分の納得するエッセイが書けるのか?
たった2ページで自分という人間をどう表現するのかを書くのは半端なく難しい。
どれだけ読み手に自分の印象を残すのか?これが一番難しい。

来週には提出なのに、ギリギリになってまたやり直し。
でも納得する物を出したい、というより出さなければならない。

文章を書くのは難しい。
[PR]
by ecotama | 2008-02-01 09:11 | College