アメリカはテキサスにあるUniversity of Texas at Austinでナース目指して勉強中。日々思う事をかなり適当に書き綴る。目先の目標は2010年卒業。卒業した暁には値段を気にせず美味しい物をたらふく食べたいと願う。


by ecotama
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

ようやく


ようやく締め切り日が明日と迫ったので


アプリケーション提出しますた

ギリギリまで書き続けたエッセイ。だるかったぁ。
結果はスプリングブレイクの後、郵送にて結果が知らされる。
あえて勝手にバレンタインの日を選んでアプリケーションを提出した。
別に意味はなし。

ようやく今から勉強に本腰をいれなければならん。
すでに2科目テストがあったんだけど、Nursing Researchなんて散々でCだった。
「あーやばいなー」と思っていたので、今日プロフェッサーに会いに行った。
今回のテスト、Aはいないらしく、クラスの平均は66、つまりDである。
という事はクラスの半分はパスしてないらしい。
プロフェッサーも「多くの生徒からカーブを使わないのか?っていう質問がきてて、メールを開けるとそればっかりよ」と苦笑いである。
自分の解答用紙と答えがかかれた紙をもらい、自分の回答と比べて未だ理解してない部分を聞き直した。
このクラス、とてつもなく内容自体がabstractな上、テキストもそんな状態なのできっちり理解するのは難しい。
ある程度コツをつかめばそんな事はないのだろうが、慣れるまでは大変である。
でも今日このプロフェッサーのオフィスに行って色々教えてもらったのは、とても勉強になった。
というのも、自分がどの部分を理解出来てなかったかというのが分かったから。

そして今週末は頑張ってethicsのクラスのペーパーを仕上げなければならない。
全く何もしていない。
とりあえず一枚目のペーパーは自分の好きな事について書けるので、トピックを決めなければならない。
多くの生徒が中絶、尊厳死などの部分を選んでいたが、これは後ほど書かなければならないので同じトピックはさけたいと思い私は別のトピックを選んだ。
私の場合はfemale circumcisionをethicalな視点から見たものを書く事にした。
この手のリサーチはあまり多くなされてはないみたいだが、いくつかのリサーチを見つけたのでそれを使って書いてみようと思う。
それにしても面倒だ。

スペイン語のクラスは相変わらず地獄である。
全く進歩が見られない。
このクラスが一番苦痛なクラスである。

今日はバレンタインである。
うちは当然チョコレートなんぞ私がもらう訳なんてない(アメリカは逆なのよね)。
そして来週はワタクシの三十路の誕生日である。
明日は私の隣に座ってるクリスティンの誕生日、彼女曰く
「もう20歳になるのよねー、なんかすごく年取った気分、もうティーンじゃないのよねー(溜息)」


私三十路ですが何か?
[PR]
by ecotama | 2008-02-15 08:51 | College