アメリカはテキサスにあるUniversity of Texas at Austinでナース目指して勉強中。日々思う事をかなり適当に書き綴る。目先の目標は2010年卒業。卒業した暁には値段を気にせず美味しい物をたらふく食べたいと願う。


by ecotama
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

Easy Aって言ったのだれ?


前のセメスターの時にうちのアドバイザーが言ったこの一言


It is easy A

そして周りのこのクラスを取った生徒も同じ事を言ってた。
というこのクラスはNursing Researchと呼ばれるクラスで、こっちでBSNを取る生徒ならば必ず取るクラスであろうこのクラス。
とてつもなくつまらんクラスな上に、とてつもなく抽象的な表現が盛りだくさん。
眠くない時にこのテキストを読むと確実に夢の中へ導いてくれる事間違い無し。

でも、うちの取ってるこのeasy Aはず?のこのクラス

何故かうちのクラスだけ


hard C

なんですわ。

クラスの平均点は66

言い換えればD

更に言い換えれば


クラスの半分以上はパスしてない

そして極めつけは

Aなし

これがサイエンス系のクラスならばこの状況は理解できる(難しいからね)。
でも、でも何でGPAアップのようなこのリサーチのクラスがCなのか?
先生が悪い。
他の同じクラスの生徒で違うプロフェッサーのクラスは平均がAに近いB。
その点、自分のクラスは酷い。
自分は今の所Cでとりあえずパスしているが、このCを取る度にAを取ったぐらいの感覚。
「なんやねんこのクラス?」と思いつつ、とりあえずクラスに行く。

このNursing Researchのクラスは、要はresearch articleのevaluationの仕方を学ぶクラスで、このarticleはどれだけ信頼性があるか?Research questionにきちんと答えられているか?などという事を学ぶクラスである。
ナーシングのResearch articleを引っぱり出しては、「このリサーチのsampling methodは? What kind of study is this? How does the researcher build validity?」という事をcritiquingしていくわけである。
テキストを読んでも抽象的な表現ばっかりで、授業もそんな感じ。
うちのクラスを教えてくれてるプロフェッサーは今回が2セメスター目で、このクラスを教える事に全く慣れていない。
殆ど自分のリサーチの内容を話して終わってしまう。
なのにテストは派手に難しい、その上50問を50分で解かなきゃならん。
時間が足りん。

アメリカは同じクラスでも教えてくれる先生によって全く質が異なって来て、これがグレードにもあらわれる。
こう日本のような状態ではない。
なので先生選びは非常に大切なんですよ。

もう早く終えたいこのクラス。。。
[PR]
by ecotama | 2008-04-02 10:36 | College