アメリカはテキサスにあるUniversity of Texas at Austinでナース目指して勉強中。日々思う事をかなり適当に書き綴る。目先の目標は2010年卒業。卒業した暁には値段を気にせず美味しい物をたらふく食べたいと願う。


by ecotama
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

米三合


昨日久しぶりに自炊をしたわけや。
何となく「五目寿司が食べたい」と思ったから。
材料も家にあるし、何よりも米が食べたかったんで結局このメニューになったんやと思う。
で、大量に作っておけば暫く食べ続けられるという事で米を3合炊いた。
当初の予定では2日半かけて食べ尽くす予定であった。
気がついてみると、この3合の米から作られた五目寿司を1人で丸1日で完食してしもうた。
1日で自分1人で米3合。。。
どんだけ炭水化物好きやねん!?
でも米は大好き、アトキンズダイエットとか死んでもでけへん(ってか絶対にやらへんけど)

最近ダイエットとか言うてるわりに、一向に痩せへんのは絶対に食べ過ぎやからやと思う。
こう女の人ってそうやろうけど、生理前って絶対に痩せへんよな。
何か体が無性に食べ物をほしがって、抑制が全くきかん。
で、昨日はこの五目寿司だけじゃなくて夜勤中にはチャージナースの作ってくれたカロリーの猛烈に高いナチョスを食べてた。
そりゃでぶるわ。

仕事は今の所至って順調で、来週が最後のオリエンテーションの週になる(予定)。
なんで、来週は患者数もmax.になるわけらしく、16人持ちになる。
夜勤の16人はそれほどでもないけど、日勤の16人はきつい。
朝からVS、食事の補助、シャワーの補助、リネンチェンジ、血糖値の確認、I&O、等々あり、これに退院、入院、リハビリ等が加わってくる。
この場合、全員の患者がindependentな場合はすごく楽になるけど、ここにisolationの患者がいたり、max. assistantの患者がいたりすると更に仕事が増える。
Max. assistantの患者は基本的に100%誰かの補助がいるという事なので、シャワーに関してはbed bathになり、数時間置きに体位のチェンジ、perineal careなどがある。
なので1人にかける時間が別の患者よりも長くなる。
昨日夜勤で自分が受け持った中に、max. assistantが4人、isolationが1人だったんで、受け持ちの人数が少なかった割に何かしら忙しかった。

うちのフロアはナースがよく手伝ってくれる。
患者の体位を変えるのも手伝ってくれるし(というか1人じゃ出来ないレベルの肥満さんが多いのもある)、bed bathなんかも自分1人で出来るところまでやっておいて、背中の部分になるとナースが手伝いにやってきてくれる。
この時にナース自身が体の状態、つまり寝たきりの人だと見えにくい背中の皮膚の状態などをチェック出来るという事もあるから、ナースにとってもよいらしい。
ある時、フロートでリハビリからナースが1人やってきた。
私は知らなかったんだけど、このナース全く手伝わなかったらしい。
「そういう仕事はナースの仕事じゃなくて、あなたの仕事でしょ?」とまで言い放ったという事。
当然周りはブチ切れ、特に一緒に働いてたPCTのMは怒りまくり。
私はそういう患者の基本的なケア、つまりトイレのケアとかもナースの仕事の1つだと思ってる。
確かにナースのメインの仕事ではないかもしれないけれど、「これはアシスタントの仕事」と切り離してしまうのはよくないと。
Mは今後そのナースをこのフロアにフロートでまわさないように、チャージナースにお願いしてたのは言うまでもなく。

さぁ今からうちのお姫様のお散歩に行ってきますわ。
この人の目力、凄い。。
「早くぅー連れていけー」

はいはい。
[PR]
by ecotama | 2008-06-22 06:33 | Job