アメリカはテキサスにあるUniversity of Texas at Austinでナース目指して勉強中。日々思う事をかなり適当に書き綴る。目先の目標は2010年卒業。卒業した暁には値段を気にせず美味しい物をたらふく食べたいと願う。


by ecotama
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

嫁&姑

結婚した以上、嫁&姑問題はどこの国も共通。
うちの場合?
日本の「昼は思いっきり○○テレビ」に電話をかけて相談するような醜い嫁&姑問題はありません。
自分も鬼嫁と言われれば、確かに鬼嫁であり、姑も鬼姑と言われればある意味そうかも?

うちの場合、何が良いかってお互い意見いいまくりだからである。
例えば、お母さん(マーティー)は買い物が好きである。
「ねぇ、今日買い物に一緒に行かない?」と誘われてチョクチョクついて行く自分である。
そしてモールの中での会話はこれである。
マーティー(以下マ)「見て~、このドレスとっても可愛いわよ」
エコタマ(以下エ)「え?そう?そんなの全然可愛いと思わないけど?」
マ「そう?ほらここのフリ、と~ってもキュートじゃない?」
エ「そう?多分生きた年代が違うからそう思うのかもね~(これってひどいよね)」
マ「確かにそうかも。。。でも、ほら、あなたにぴったりよ~、今度のパーティーはこれでどう?」
エ「絶対に嫌」
マ「あたしはいいと思うんだけど」
エ「自分の服は自分で決めるから大丈夫よ~、ほらほら○○探してるんでしょ?」
マ「あ、そうそう忘れるところだったわ~」

そう、マーティーを単語で表せと言われれば、これにつきる。

正当化!!
心配性

彼女はとにかく心配しすぎ症候群である。(これは家族皆が同意)
そして何かしら間違ってる事も正当化したがる癖がある(これも家族皆同意)
特に、政治、教会などの話題になればそれはすさまじい。
なので自分の中でマーティーと政治と同性愛問題はタブーの話題なのである。

彼女は親切からなのか、色々な物をくれる。
が、その殆どはなぜか自分が全く必要としない、いらない物である。
そしてそれらは彼女にとってもいらない物である。
要は私はたまに

ゴミ処理担当係!?

ある日のことである。
マ「ねぇ、このwhipped creamの缶も一緒に持って帰ったら?(その日いらないと言ったパン  プキンパイを無理矢理袋に詰めされられ持って帰らされる)」
エ「え?そんな体に悪い物いらない」
マ「でもパンプキンパイと一緒に食べるとおいしいのよ~」
エ「ええ、でもこのパイだけで十分です。絶対にいらないから」
マ「あ、そうそう、ちょっとゴミを捨てに行ってくるわ~」
そこで消えた事10秒。
そこは何事もなかったかのように終わり、自分は車に乗ってAustinの自宅へ帰った。
そこで、何と。自分の車の後部座席に無造作に転がった缶を発見!何これ?
もしかして。。。。

あのWhipped Creamの缶じゃ~~ん!!

やられた~、あの10秒の間に自分は隙を見せてしまったのか!
負けた。。。そう思いながら、とりあえずそのパイと缶を持って家に帰る。

次の週、また実家に来る用事があったので、ここぞとばかりにこの缶を持ってきた。
エ「あ、これ何かこの間のwhipped creamの缶。車の中に何でか知らないんだけど入って   たから持ってきた(意地)」
マ「あら?何のことかしらね?」
エ「これ、あげるって言われたけどいらないって断ったやつだよ。やっぱりいらないし、自分は   缶の処理の仕方よくわからないから帰しにきたよ」
マ「ハァ~・・・・(ため息)」

勝った!

こんなマーティーと一緒に暮らしてる自分。(現在居候中)
最近は何故かマーティーに勝つ事が快感となってきている今日この頃。
彼女も最近はスカートをまくりあげて座っている。
エ「もうお母さん、パンツ見えてるよ。えぐいからスカートおろしなよ」
マ「でも暑いんだも~ん」
エ「え、じゃあとりあえず着替えてきなよ。だってここゴルフしてる人からパンツ丸見えだよ」
マ「フゥ~(ため息)、誰もオールドウーマンのパンツなんて見たくないはずよ」
エ「え、だから言ってるんだよ。自分もオールドウーマンのパンツ見たくないからさ。ま、若けり   ゃ別だけど」
マ「それもそうね~、じゃ着替えてくるわ~」

やっぱり思った。。。

マーティーには一生勝てない!!!
[PR]
by ecotama | 2005-09-16 09:18 | Texas