アメリカはテキサスにあるUniversity of Texas at Austinでナース目指して勉強中。日々思う事をかなり適当に書き綴る。目先の目標は2010年卒業。卒業した暁には値段を気にせず美味しい物をたらふく食べたいと願う。


by ecotama
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

カテゴリ:whatever( 48 )

Ricepaper Tray



お疲れさん、自分!

ということで先週の土曜日にようやくファイナルが終了し、もぬけの殻と化してしまってるワタクシです。
今回のファイナル、ファイナル直前は普通は頑張って勉強一杯するんですけど、もう精神的に完全にいってしまってた状態だったようで、全くもって集中力はないは、やる気はゼロとかなり自分ではかなり焦るんだけど、焦れば焦るほど全く持ってやる気がでない。
体は正直というところでしょう。
このセメスターはAなしだけど、もう自分の中では納得済みなので良い。

今日は優れものを一品紹介。

その名は


Ricepaper Tray

そうそう、ライスペーパーと言えばベトナム料理。
皆さんもご存知の生春巻きの皮ですよ。
ワタクシ、このライスペーパーが大好きで(というよりもベトナム料理が大好き)、ライスペーパーに野菜をクルクルして食べるのが好き。
ただしこのライスペーパー、めんどくさがりの自分にとっては面倒なものでもある。
というのも、態々ライスペーパーを水で濡らして。。。とかやってるのも面倒だが、不器用な自分は更にそこで破いてしまう。
面倒なので家ではあまり作らない。

この前ベトナム料理を食べに行った時に、アパタイザーで生春巻きの盛り合わせみたいなのを頼んだ。
要は自分で勝手に好きな物をライスペーパーに巻いて食えという物である。
そしてそこで登場したのが、このライスペーパートレイというものであった。
それ以来、このライスペーパートレイを必死にオンラインで探したが全く見つからず、Austinのnorthにあるチャイナタウンの中の大きなアジアンスーパーに行ってみた。
このアジアンスーパー、かなりでかい。
4年前にはこんなのなかったのになぁ。。。それにしてもアジアは本当に食の天国だわ。

で、ぐるぐる中を歩いてると白人のご老人に
「ねぇ、この前ここにあった大きな椅子みたいなの欲しいんだけど、どこへ行ったの?」と聞かれ
「私、ここの従業員じゃないんで分かりません」と答える。
どう考えても従業員には見えへんやろー、そら日本人には全く見えへんけど従業員でもないよー。

で、そのご老人のいた後ろにライスペーパートレイを発見!
こんな物体です。


e0052725_15251784.jpg


ちょっと色悪いけどね(写真の)。
3ドル99セントです。
小さいサイズもあったけど、うちは大きいサイズのライスペーパーを使うので大きいサイズ用を購入。

開けてみるとこんな感じ。


e0052725_15275460.jpg


間にライスペーパーを一枚ずつ入れていく


e0052725_1529746.jpg


で、私の場合は指先を水につけてそれをライスペーパーの上に濡らしていく。
それを交互にしていき、ラップに全体を包んで1時間ほど置いておく。
9枚ぐらいはいるかな?
簡単だし、くっつかないし。
何よりも食感が全然違う。モチモチしてて美味しい!!!

後は適当に野菜とかをお皿に盛って、ライスペーパートレイを持ってこればスプリングロールパーティーの出来上がり。
ってか手抜きなだけなんですけど。
マイケゥ、やたら大量に具を入れすぎてライスペーパー破れてるし。
安上がりな上に、楽だし(片付けも楽)ねー。

それにしても体の疲労が取れないわ。。
早く学生という身分から抜け出したいと思う今日この頃でした。
明日テキスト売りにいこーっと。

皆さん、インフルエンザにはお気をつけを。。。(私は今日フルーショットしてきました)
[PR]
by ecotama | 2007-12-19 15:37 | whatever

死の受け入れ


昨日また一つ不幸なニュースが届いた。

以前にも書いた事のあるジョンの事だった。
あの時は本当にもうダメだと言われてたのに、薬がうまく効き始めたようで何とかもちこたえた彼。

先週末から腎臓が全く機能しなくなって、肝臓はもちろん、体の殆どの部分がもう機能しなくなってしまったらしく、今回は本当に99%の確立で無理だと宣告されたという事だった。
今は家族や奥さん、親しい人だけがつきっきりで看病しているみたいだ。

マイケルと2人で「本当に辛いよね」とかなり落ち込んだ。
別に特に親しい仲間でもないけれども、1度でも顔を合わせて一緒に大晦日のカウントダウンを祝った事を思い出すだけで、心苦しくなった。

人はどういう基準で愛する人の死を受け入れる事が出来るのか?

そんな事を考えた。
小さい子供は死という意味が分からないので、理解する、理解しないというより以前に肉体が自分の目の前から無くなる、つまり見えなくて不安で寂しくなるという事になるのか?
大きくなって色々な経験をして死という意味をなんとなく漠然に理解すると、肉体が無くなるのも辛いが、自分の心の頼る場所がなくなるから辛いのか?

もしも、あなたの愛しい人が目の前で少しずつ弱りきっていく姿を直視しながら、その人の死を受け入れる事ができますか?
それは何をもって可能になるのでしょう?


例えば年配の人達が病院で亡くなったり、家で老衰で亡くなった場合、何となく皆納得できると思うんですよ。
「お婆ちゃんは90年も生きたんだよねー、寂しくなるけど老衰なら幸せだったろうね」って感じで。
その人が亡くなる年齢は、その人の死を受け入れられる大きな要因になるんじゃないか?って思うんですよ。
4歳の子供が何かしらの病気で亡くなると、「まだ4歳なのに・・・」となるけれども、90歳のお年寄りだと「90年も生きて、きっと幸せだったろうね」と死に関する見方も変わってくる。
もちろんその人の宗教観によっても、まったく死に対するコンセプトは変わってはくるんですが。

もしマイケルが病気になって死の宣告をされたら、私はどうやってそれを受け入れればいいのか?と考えた。
受け入れる事が出来るのかも分からない。
それを聞いて涙は流すだろうけど、その涙の流れる原因は多分分からないと思う。
マイケルが居なくなる事に対して不安だから泣くのか?
マイケルがもっと色々将来経験できなくて可哀相で、それを不憫に思って泣くのか?
自分が1人になって寂しくなるから泣くのか?

思い出は一生消えないけれど、逆にその2人の思い出が最初は苦しめると思う。
そしてその思い出の中に自分を置く度に、色々な後悔の念も出てくる。
本当に思い出が良い意味で威力を発揮するまでには時間がかかるだろう。

ジョンの奥さんやご両親は本当に辛いと思う。

残り少ない時間、愛する人達との濃密な時間を過ごして少しでも多くの思い出を作ってもらいたいと思う。

今日はヘビーな話題でしたな。
[PR]
by ecotama | 2007-03-24 13:02 | whatever

暇つぶし


今日のサンアントニオは珍しく朝からがシトシト降っておりました。
そんな日はゆっくりと・・・

朝寝坊してたいぃ・・

というよりも、ここ数日は毎日が朝寝坊である。
が、今日は朝から予防接種を受けなければならなかったので、頑張って起きてみるも朝10時であった。

雨がちらつくサンアントニオ、410とI-35をブンブン飛ばしてベース内の病院へ。
院内にImmunizationと書かれた場所があり、そこへ行ってチケットを取って待つだけである。
インフルエンザが流行る前なのか、flu shotを受けに来る赤ちゃんやお年寄り等で賑わっている。
そんな中、私もチケットを取り待つ。

絶対に痛いよな・・・あー、痛いに決まってる
と心の中で何度もつぶやきながら、部屋から聞こえてくる赤ん坊の悲鳴にこっちまで悲鳴をあげたくなる心境である。
本当に痛いの嫌いなので、あの針先見ただけでもうゾクっとしてしまう。

ここで余談ですが、アメリカは日本と違って「今日は○○の予防接種したので、次の○○の予防接種は3週間後にしましょうね♪」とかっていうのはなく、一気に4本とか5本とか普通にその日にうたれます。
これは親知らずの抜歯に関しても同じで、日本みたいに「今日はこの1本を抜いたから、次の親知らずは一ヵ月後抜きましょうね♪」なんて可愛いことは言ってくれず、その日に一気に4本全部抜いてしまいます。

とりあえず自分の名前が呼ばれて、Hepatitis BとTdの最後のショットが必要な旨をつげる。
そして中へ。。。
私の前にやった人達(ってか赤ちゃん)の時には締め切られていたカーテン。
お姉さんが注射を用意してる間に「このカーテン閉めないんですか?」と聞くと・・
「ええ、赤ちゃんの場合はお尻にする場合もあって~、だから絞めるだけ♪」と・・
そして派手にカーテンが開けられたまま、外でflu shotを待つ人々の視線をがっしり浴びつつ

すごい視線感じるんですけど・・・

「さ、どこがいい?腕?お尻?太もも?どこでもいいわよ~♪」
「とりあえず2本とも左腕にしてください」
「はい、じゃあ、まっすぐ前見ててね~、こっちを見ると余計に痛くなるから♪」

そしてチクっと・・・・

痛い・・・
その痛さで顔が歪んでた上に、何気にふと横を見るとflu shotを待つ人々が私をじっと見つめていて、彼らの顔までもが何故か痛そうに歪んでいたのであった。
そして何事もなかったかのように部屋を出る。

次のHepatitis Bのショット2回目は2月である。(3回うたなきゃだめなのよ)

ところで、最近なぜか寝る前にどうしてもやってしまう事がある。
これである↓

e0052725_12242790.jpg

これはクリスマスプレゼントの中に一緒に入ってたもの。
このゲームが結構むかつく程おもしろい。

要は最初に私が何かを想像。
例えば、最初に携帯電話を想像するとする。
するとこの機械が私に、それ(つまり携帯電話)について20問の質問をしてくる。
それに一問ずつ答え、最終的にこの機械が私が何を想像しているのかを当てるというゲームである。

これがかなり当たるのよ!

結構分かりにくそうな、寿司とか扇風機とかでやってみたけど、見事に当たってる!
意地になって、何度もやっていくと時間がどんどんと過ぎて行き、寝る時間が減っていくのである。
アメリカにいる人は、暇つぶしにひとつどうぞ(どこで売ってるのかは不明)
[PR]
by ecotama | 2007-01-13 12:29 | whatever

ウジウジ


今週が最期のホリデー週間ということで、何やらやる事が結構あってびっくり。
とりあえずテキストを買いに行き。。。案の定重い上に高い!
このセメスターからうちの学校は10年来計画が持ち上がってた「駐車場拡大計画」をついに実行するらしく、その間900台もの駐車場が一時的になくなるらしく。。

来年から拡大工事しろよ!(自分もうSACに行かないから)

来週からは駐車場確保の為に朝何時に家を出なければならないのか不安である。
また前回同様、車の中に毛布と枕を持ち込んで寝る生活が始まるのか。。。

今日、足りなかったテキストを学校に買いに行った際に、真っ白なスクラブを来たnursingの生徒を多々見かけた。
こちらは一足先に始まってる模様である。
いやー、来年は私もこうなっていたいな!と思いながら、横目でじーっと眺める。
気持ちだけ先走って、明日はNursingへ入る前に必要な予防接種をうちに行く予定である。
ま、保険のある間に出来る事は先にやっておこうかと。

今日は昨日読んだ面白い話(ってか気持ち悪いだけかも)
アフリカのサバンナで死んだ動物達に群がってるのって何を思い浮かべます?
ハイエナ、ハゲタカ等。
そして忘れてはならないのが、ハエ
ハエはこの死骸の中に卵を産みつけ、それがウジとなり死骸はウジの栄養分となる。
結構グロい
あの小さな白いプニプニした物体が、あなたの体の中に入っていったらどうしますか?

最近ではこのウジを使用した新しい治療法があるらしいんですわ。
このウジ、もちろん医療用に飼育されたウジなので何かしらの感染した細菌などが入ってるウジではないのでご安心を。
私も知らなかったんだけど、ウジは基本的にフレッシュな部分の肉は食べないらしい。
つまり、腐敗して細胞が死んだ部分の肉や皮膚のみを食べるらしいんです。
その性質を利用して、患者さんの中々取り除くのが難しい部分の死んだ皮膚や細胞をこのウジ君達に食べて頂こうという事みたいである。
大きく切り開かれた皮膚から見える、明らかに機能してない細胞部分。
その部分にウジ君達を数百匹程投入。
二日後にはあんなに汚かった皮膚が、なんとも汚い死んだ皮膚は全て綺麗に食べ尽くされ新鮮な生きた細胞の部分だけが残っていた。
で、肝心なこの後このウジはどうなったかっていうと。。。

知りません

また一匹ずつ取り出すのか?それとも放っておくのか?
気になる。。。
[PR]
by ecotama | 2007-01-12 03:59 | whatever
おとつい、かなりへこむ事が起きた。
それはジンタマとマイケゥと3人で散歩から帰る途中の事であった。
何気に近所のおばさんが話しかけて来た時、そのおばさんは一言こう言った・・

A FAT Littlepuppy!!

ジンタマを貰ってきてからというもの、1度もこのFATという言葉を耳にした事がなかった私は相当ショックを受け・・
何故かジンタマ以上に1人ショックを受けたわけで・・・
確かにマイケル実家に預けている間、運動は全くしなかったのに食事の量は同じ(若しくはそれ以上)だったのがいけなかったのは分かってる。。。
たった一週間で2lbs以上太ってたので、そりゃーまずいわと思ってたところにグサっと一気にきた・・
ということで、ジンタマも元旦よりダイエット中です(飼い主と同じく)

今回の里帰りでのメインイベントは家族旅行。
父親が滋賀県の長浜という場所に単身赴任してるので、父親に会いがてら1泊2日で長浜へ行って来た。
長浜までは大阪からJRの新快速で約2時間弱、新幹線だと米原まで行ってから乗り換える(たぶん1時間かからなかったはず)。
長浜といえば長浜ラーメンしか思い浮かばず、過去に一度なぜか長浜駅前の平和堂というダイエーのような場所でバイトした事があっただけ。

長浜駅を降りて歩く事5分、黒壁と呼ばれる昔ながらの町並みを残した場所にやってきた。

e0052725_23445550.jpg

一番最初に目にしたお漬物屋さん。
お漬物をつけてある大きな樽を洗う店員さん達。
漬物樽ってこんなに大きいんだーと1人関心しました、普段だとこんなに大きな漬物樽見ないもんね。

e0052725_23471838.jpg

この大きな建物の中には、お祭りの際につかう神輿?が収納されてるようです。

e0052725_23491134.jpg

朝から自分達の畑でとれたばかりの野菜を、リアカーで引っ張ってきて売ってるおじさん。

e0052725_23521383.jpg

こんな感じのお店がたくさん

e0052725_23534960.jpg

日本じゃ絶対に運転できないよなーと思わせてくれる、狭い道路

e0052725_23551459.jpg

不気味なマネキン発見!(マイケゥでした)

e0052725_2357723.jpg

ガラス細工のお店の中。
店員さんが一生懸命に朝からガラスについた埃をとっている。
レトロな建物の中で売られるガラス細工は本当に可愛い!!

e0052725_23582431.jpg

カエルが可愛い!!
昼寝してるカエル、デートしてるカエル等、色々なカエルがありました

e0052725_0035.jpg

カエルの他にも、クリスマスツリーがあったり、サンタがあったり、本当に色々ありました。

e0052725_013445.jpg

なんか異次元空間にいるような感じ

e0052725_033323.jpg

商店街の中にひっそりとあるお花屋さん

e0052725_05745.jpg

この茂美志やさんの「のっぺいうどん」と「焼き鯖寿司」は絶品!!
のっぺいうどんは、うどんの汁があんかけになっていて、とーっても体が温まります。
なにより私の手のひらより大きかった椎茸にはびっくり!(写真なくてごめん)
焼き鯖寿司も、鯖の生臭さが苦手な人でも大丈夫なぐらい、生臭さが一切なくて美味!!
有名人も多数訪れてるようで、有名人のサインを見ながら昼ごはんを食べる。
武田鉄矢、やっぱりまじで顔でかかった。

e0052725_011478.jpg

いい味だしてる金物屋の看板

e0052725_012119.jpg

アメリカ国旗とお寺

e0052725_013475.jpg

滋賀県長浜市の黒壁に、何故か沖縄物産店な物も存在しており・・・

e0052725_015428.jpg

その上、北斗の健(漢字あってたっけ?)のケンシロウにまで遭遇するとは思ってもおらず・・

e0052725_017435.jpg

お寺に行くと、やっぱり鳩に餌をやるおじいちゃんは全国共通なようで・・

e0052725_0184131.jpg

こんな何気ない家々の間にある風景がとても大好き。

e0052725_0201219.jpg

来た事もないのに、何故か懐かしいと思う風景

e0052725_0211791.jpg

風情ある古い旅館

その日、お世話になった旅館は尾上温泉の紅鮎さん
この紅鮎さん最高です!
各お部屋に露天風呂がついており、ゆっくりと琵琶湖を眺めながら入る温泉は格別。
客室数も少ないので、本当に旅館自体が静かで落ち着く事のできる場所です。
サービスも本当によろしく、料理も最高です。
紅鮎さんは料理旅館です。

e0052725_0272962.jpg

旅館に入ると、何ともお香の良いにおいがします。

e0052725_0284152.jpg

お部屋についてる露天風呂。
私達の部屋の露天風呂は檜風呂でした。
檜の香りと、お風呂から見える琵琶湖の美しい景色。
鴨などの野鳥が水辺で遊ぶ姿を見ながら入る温泉は、普段の嫌な事を忘れさせてくれます。

e0052725_0315887.jpg

沈み行く太陽を見ながら、のんびりと・・・

e0052725_0331510.jpg

マイケゥ、極楽

e0052725_0342191.jpg

外が寒いから、ずーっとお風呂に浸かってられるなー。

e0052725_036187.jpg

沈んでいく
今日も1日、お疲れさま
さてと、夕食は?

e0052725_0374672.jpg

前菜、盛り合わせ

e0052725_0383137.jpg

近江牛の豆乳でのしゃぶしゃぶ

e0052725_0395922.jpg

ブリと牡蠣

e0052725_0405826.jpg

フグのから揚げと蟹のサラダ

e0052725_0415378.jpg

デザートは小豆のムース

あまりにも食べる事に夢中になり、全てのお料理を写真には写してませんが、その他お刺身等色々ありました。

たった1泊2日だったけど、本当に楽しい家族旅行でした。
久しぶりに家族と一緒に過ごせる時間は本当に楽しく、時間が過ぎるのはあっという間でした。
琵琶湖も奥琵琶湖の方までくれば、また景色も変わりかなり驚きました。
また次回、里帰りする時にもここへ来ようねーと母親と話してました。

やっぱり日本最高
[PR]
by ecotama | 2007-01-08 00:46 | whatever

京都はええとこどすぇ~

里帰りして3日目に、高校時代の同級生の友人と一緒に京都へ行ってきた。
高校に入学して一番最初に話したのは彼女だったけど、その後3年間同じクラスにも関わらずあまり話す機会もなかった。
高校卒業後10年経って、初めてお互い打ち解けて話せたのが面白かった。
高校のときに抱いていた彼女のイメージとは違って、かなり面白い人であった。
2人して朝から晩まで笑いが止まらなかった。
そんな今回の京都でのメインイベントは・・・・

精進料理を食べる

彼女が案内してくれた精進料理を食べれる所はここ

京都の大徳寺

皆さんこの京都の大徳寺って行かれた事あります?
この大徳寺は茶道との関わりが深いお寺だそうです。
私はこの大徳寺、結構好きで過去に数度訪れた事はあったんですけど、ここで精進料理が頂けるとは知らず・・・
この大徳寺は、他のお寺と違って何故か心が本当に落ち着くんですよね。
以前、京都の北山の方に住んでた事があったので、久しぶりに行くと懐かしかった。

e0052725_233939.jpg

入口はこんな感じで、周りを木々に少し覆われていて、なんとも良い緑の匂いがします。

e0052725_2353335.jpg

中に入って行くと、最初はこんな感じで松の木々に両側を覆われており、落ち着きます。
観光客も少なく、お勧めです。

e0052725_237389.jpg

寺で飼われてる猫のよう。
この日はそれほど寒くなく、猫も日向ぼっこを楽しんでたよう。
京都の冬は半端なく寒い・・・そして夏は半端なく暑い・・・

e0052725_2311553.jpg

山門

e0052725_23143825.jpg

ちょっとした所にも、きっちりした心配りがなされてる。
今回はスキップしたけど、この大徳寺には本当に美しい石庭があり拝観料を払えば見れます。
こういうお寺に行くと、もっと仏教について又はそれに関わった人達の歴史についてもうちょっと勉強しておけばよかったーって思う。

e0052725_23204662.jpg

拝観できない場所もあるが、たまに数年に1度一般公開される時もあるようです。

e0052725_23222565.jpg

京都ってやっぱりいいなー♪

e0052725_23234924.jpg

隅々まできちんと手入れされてるのが、とてもよく分かる。

e0052725_23252033.jpg

いよいよ精進料理を頂ける場所へ・・・
こんな場所があるなんて知らんかった・・・

e0052725_23265390.jpg

どんどん奥へと進んで行く。

e0052725_23284374.jpg

まだ少し紅葉も残ってたみたい。
本当に日本は四季があって、色がとても綺麗な国だなー。

e0052725_2330291.jpg

秋などは、紅葉を見ながら食べられるようである・・
秋などはきっと観光客でごった返すのであろう事が予想される。

さて、いよいよ精進料理

e0052725_23324825.jpg

まず最初は、抹茶と茶菓子から。
抹茶の苦さと茶菓子のほんのりとした甘さがたまらん。

e0052725_23341794.jpg

お料理はこんな感じで、どんどん運ばれる。
ゴマ豆腐など絶品!
精進料理なので、お肉は一切使っておりません。
京都ならではのダシのきいた薄味のお料理は、全て本当に美味しく、季節感も感じられる素晴らしいお料理でした。
量は少しずつなのに、結構お腹が一杯になった。

e0052725_23371282.jpg

食べ終わると、こうやって使用していたお椀を全てまとめる事ができるようになっている。
これは食後片付ける時に、持ち運びしやすいように工夫されたものなんだろうか?
それにしても、本当に全て収まるのがすごい。

e0052725_23391243.jpg

その後、地下鉄で三条まで出てブラブラする。
三条大橋からの鴨川。
橋の上にいる時に、鳥にウ○コを落とされた、それも鳥は100メートル近く上空を飛んでるにも関わらず自分のコートに命中。
絶対わざとやったよなって思う。

e0052725_23415246.jpg

夜の八坂神社へ。
提灯がところ狭しと並ぶ。
スナックの名前が書いてあったり、パチンコ店の名前が書いてあったり、不思議である。

e0052725_23434892.jpg

夜に来る八坂神社は、昼間とはまた違った雰囲気である。
しかしさすが京都、夜になる急激に冷える。

そしてこの後、釜飯を食べに行った。
この釜飯もかなり絶品!
京都は観光客が多くてたまに嫌だけど、やっぱりいいなー。

以下の写真はマイケゥが1人で京都へ行って写して来たものである。

e0052725_23471758.jpg

祇園のようである。
自分が思うに、マイケルは何気に祇園の町を写真に取りつつ、実はメインで撮ってるのはブーツを履いて歩いてるお姉ちゃんではないかと思う。

e0052725_23484455.jpg

京都のどこか有名な店で食べた、大海老天丼らしい。
本人かなり自慢気に話してきた。
隣で食べてた日本人の人が「まぁ外国人の人が1人で大海老天丼食べてはるわー」と言ってたらしく、日本語が分からないと思って話してたみたいだが、マイケルは全て理解してたようである。

e0052725_23504922.jpg

なぜか京都のラブホテルの写真が結構あった・・
一体あの人、何してたんやろ?

e0052725_23523336.jpg

このお地蔵さん!
「してもらった事は忘れない、してやった事は忘れよう」
かなり良い言葉ですな。

では、次は滋賀県長浜での家族旅行をレポート。
[PR]
by ecotama | 2007-01-05 23:55 | whatever

新年あけました


2007年、明けましておめでとうございます

ついに明けてしまいました。
今年は新年を2回迎えました、一度目は大阪で、そして二度目は飛行機の中で。
かなり長い元旦を迎えさせて頂きました。

ということで、今日から少し大阪にいた時のお話でもしようかと思います。
今回の里帰りの感想を一言で述べろと言われると・・・

極楽

初日は梅田近辺をブラブラと散策しとりました。
Loftの辺り(茶屋町辺り)が、結構オシャレになっててびっくり!
そしてその茶屋町近辺である、中崎町も何だか変わってた。
ということで、あまり良い写真は全く撮れてないんですけど、とりあえずこんな感じ。

e0052725_6321659.jpg

こんな感じで、古~い酒屋も存在してます。
自動販売機の横に貼ってあるカレンダーが、阪神タイガースなのが大阪ですな。

e0052725_6344786.jpg

これまた、普通に歩いてたら気付かへんやろ?ってぐらい、申し訳なさそうに開いているお食事どころ。
それにしても、味噌汁って書いたらええのに、「おつゆ」って・・・
ついでに豚肉も、何故か「とん肉」になってるし・・・

e0052725_6383087.jpg

これもよく見りゃ、喫茶店らしい(その日は閉まってたけど)

e0052725_6415852.jpg

古い家々が、窮屈そうに立ち並ぶ。
こんだけ隣同士が近かったら、夫婦喧嘩とかしたら近所にまる聞こえやなーって思う。

e0052725_6451992.jpg

誰が書いたんやろ、この「フスマ」?
「安くハリ替へ」って、どう見ても漢字おかしいんとちゃう?
とか言うてる、自分の漢字が間違ってそうで恐ろしい。
この手書きな看板がたまらん。

こんな古い町並みを残しつつ・・・

e0052725_6494649.jpg

古い家を改造して、こんな風にお洒落なアトリエなどが立てられてたりする。
それも古い家同士の間にちょこんとあったりする。

ってか、全然写真撮れてないやん!

茶屋町付近は、全くと言っていいほど写真なんぞ撮ってません。
何か久しぶりに可愛い雑貨とか服とかを目にして、そっちにばっかり気を取られて・・
町の中を歩いてても、自分は大してチビだと思わなくていいし、服のサイズはぴったりやし、靴のサイズもピッタリやし、お店の人は優しいし・・・
ご飯を食べていて、お茶のおかわりが欲しくて店員さんを呼ぶと、走ってお茶を持ってきてくれるし。
サービス悪いのに、無理矢理チップとか半ば強制的に置かされるアメリカと違って日本は良い!

ま、愚痴はこれぐらいにして、次回は京都。

ということで

皆さん、今年も宜しくお願いします
[PR]
by ecotama | 2007-01-05 06:57 | whatever

Happy Holidays (^^)/


楽しいです!

日本滞在、思いっきりエンジョイしてます。
こんなに肩で風を切って歩かなくてよいのは久しぶりだなーと。
サービスは良いし、食べ物美味しいし、車運転しなくてもいいし、可愛いものだらけだし、可愛いお姉ちゃんだらけだし。

もう書きたいことだらけだけど、今日はとりあえずいつもお世話になってる皆さんへ

Happy Holidays!!

で、多分この調子じゃ、ついでにこれも。

A Happy New Year

今年新しく出会った方々、昔からずーっとお世話になってる人達。
私が過ごした2006年の思い出の中には、皆さんが私にかけてくれた些細な言葉の数々が大きな励みや学びとなり、2006年もとても楽しく成長できました。
たくさんの人達に支えられて、勉強で苦しかった時も精神的に辛い時も何とか踏ん張れました。
私は今までどちらかと言えば、人との関わり合いを面倒だと思い常に避けてきた人間だったので、自分がこの年齢になるまで自分を支えてくれる人達がこんなにもたくさん自分の周りに居た事すら気付かず、その有り難味も正直あまり実感できませんでした。
でも今は、周りの皆さんからのサポートで私は成長し、そしてそれによって人の有り難味や愛情を日々実感し感謝できるようになりました。
私自身、頂いてばかりで正直自分は周りにも私がもらった分と同じ分だけ、又はそれ以上に何か返せたのかは分りませんが、皆さんの2006年の思い出の中に私も入っていれば幸いです。

ということで、皆さん素敵なクリスマスをお過ごしください。
そして今年も色々と本当にお世話になりました。
来年、2007年も皆さんと一緒に成長できればと思います。
素晴らしいhoidayをお過ごしください。


あ、大阪滞在日記は後でまとめて写真つきで報告する予定です。(予定は未定)
お楽しみに(→あまり期待しない方がいいと思う→なら‘お楽しみに’とか書くなよって思った)
[PR]
by ecotama | 2006-12-24 00:36 | whatever

里帰り


ついに昨日大阪に帰ってきますた

ってか、テキサス出るときは結構暑くてキャミだったのに、関西国際空港に降りたら・・

極寒

でもやっぱりいいわー日本!


結局一睡もせずまま朝3時から用意をはじめ、サンアントニオの空港についたのは朝4時。
今回も前回と同じく私の大嫌いな○nited航空を使用。
ってかこれしかなかったのよね。
他の航空会社のチケットカウンターにはすでに従業員がテキパキと仕事をしてるなか。

○nitedのカウンターには誰もいません。

飛行機出発の最低2時間前には必ずチェックインを済ませて下さいって言ってたの誰?

すでに○nitedのチケットカウンターには人が並びだしており。。
早くしろよと心の中で思いつつ、4名ほどの○nitedのお姉さん達がいらっしゃった。
コーヒー片手に和気藹々と、その時朝4時20分。
私の飛行機の出発は6時30分。

そのままお姉さん達仕事に早速とりかかるのかと思いきや・・・

カウンターの後ろにある事務所に座り込み、コーヒー飲みつつ談話

かれこれ結局30分後、つまり4時50分からお仕事を始められました。

○nited、本当に最初から最後まで客なめまくり

Chicagoから関空までの飛行機も1時間遅れで離陸し。。
そこで思った、アメリカの航空会社と日本の航空会社の違い。

アメリカの航空会社の場合。

1. お客様は神様ではなく、ただの客であるが故、文句を言われても言い返してよし!

2.文句を言わて面倒なときは、「とりあえずこの電話場号に連絡してクレーム出して」と電話番号を書いた紙を渡し、面倒な仕事は一切引き受けない。

3.体格の大きなアメリカ人の足が長すぎて少しでも通路側に足がはみ出てると、蹴飛ばして行く。

4.最初のお客様機内へお迎えの際、なぜかポケットに手をつっこんだまま立ってたり、何故かしらビジネスクラスの客席に座り編み物をしてるフライトアテンダントもいた。

その他にも色々あり、思ったのが悪い意味でも良い意味でもフライトアテンダントは自己主張しまくり?という感じである。


それは置いておいて、大阪やっぱりいいわー。
昨日は機内での食事を我慢して、おかんと一緒に空港でうどんを食べた。
最高やねー、うどん。
おかんはすでに片手に大量の荷物の袋を抱え込んでおり、「ほら、みたらし団子も買うといたし、めんたいも買うといたでー」と。

かあちゃん、ありがとう

なんで、「帰ったら絶対にそっこう明太子食べよう」って思ってたん分ったんやろ?
親にとって子供は何歳になっても子供やねんなーって思った。
すでに帰ってきてから、ひたすら口の中に何かしら食べ物が常に入ってるのが恐ろしい。

今日はとりあえず休憩して、明日からちょくちょく色々なところへ行ってみたいと思う。
ただ気候に体が慣れなくて辛い。

またちょこっと何かあればアップしてみたいと思います。
皆さん、体調管理には気をつけてくださいなー・
[PR]
by ecotama | 2006-12-18 11:10 | whatever

ドナドナ


昨日の1日のマイケルを歌にしてみた。
曲は

♪ドナドナ

♪あ~る~晴れた昼下がり、ベトナムPho食べるぅ~
 カードを出すも、declineされて決心した我が夫

 可愛いSI(マイケルの車ねHonda Civic SI 2006新車)、売られてゆくよ~
 傷だらけのボディで売られていくよ

 ドナドナドーナドーナ、売られてゆくよ~
 ドナドナドーナドーナ、赤字は増える~


と、こうなる予定であったはずだが・・・

君、車売ってきてないじゃない!

要は昨日の昼ご飯にベトナムレストランへPhoを食べに行った際に、クレジットカードがdeclineされ、それを気にマイケゥは「マイケゥ、今からこの車売りに行く!」と言って1人で家を出たのは2時過ぎ。
中古車に乗って帰ってくるのかと思いきや、あなたやっぱり売れなかったのね・・・というよりも、売りたくなかったのね?

と、それはさておき、明日は面倒でやる気のない

Thanksgiving!!

毎年マイケル姉の家にお邪魔して食べるだけの私、何故か今年はマイケル姉達が皆それぞれ旅行に行ったりするということで、マーティー&ボブ(マイケル両親)が我が家へ来る事になった。

ということは、誰がターキーを焼くのか????

今年はマイケゥがターキー焼くぉ!

おぅ!そうか、それじゃ任せた。
これまた不安だが(外は焼けてて、中は半生っぽく出来そうで怖い)
このターキーの写真は明日上手に焼ければアップしよう。

そして自分はside dishとpieを作る。
本来ならばこんな事をしてる時間すら惜しい~!!
というのも、週末明けにはA&Pのテストがあり、その次の次の週はファイナルである。

とりあえず今日はPieを2種類作った。
定番Pumpkin Pieと何故か季節に合わずLemon Pieである。
テキサスは結構Pecan Pieとかが必ずデザートメニューに入るんだけど、Pecan Pieはあまり好きじゃないというのと、他のアップルパイなどは作るのが面倒ということで却下。
明日また上手に料理が出来れば写真を載せてみます。(出来なかったらなし)

ジンタマはここ数日元気にやってます。
心配して頂いて有難うございます!
最近はpH stickなる物を購入して、朝晩ジンタマの尿のpHを測ってます。
一時はphが8.5あったのが、最近では落ち着いて6~7.5ぐらいの間をウロウロしてます。
やっぱり手作り食が一番だな~と思いましたね、はい。

それでは今から再び買い物へ行ってきます(買い忘れあり)

ではでは

Happy Thanksgiving!
[PR]
by ecotama | 2006-11-23 07:30 | whatever