アメリカはテキサスにあるUniversity of Texas at Austinでナース目指して勉強中。日々思う事をかなり適当に書き綴る。目先の目標は2010年卒業。卒業した暁には値段を気にせず美味しい物をたらふく食べたいと願う。


by ecotama
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

カテゴリ:whatever( 48 )

人生の重み

ひっさ~しぶりに昨晩はバイオロジーの夢にうなされる事なく、爆睡できました。
さすがに疲労が溜まってたのか、起きられん・・・
10時過ぎにようやくジンタマからの犬パンチで起こされる。
ジンタマはトイレに行きたかったので起こしてくれました、ごめんよ~ジンタマ。
そして昨日は結局掃除しなかったから、今朝から掃除。
すんごい汚かった~、Dysonもすごいけど家の中の埃もすごかった!

そして掃除も終了してメールをチェック。
ジェフからメールが来てた。
彼は自分のファイナルのスコアを知らなかったので、昨日彼にメールで彼のファイナルのスコアを教えてあげたその返事だった。
そして彼からのメールを読んで行くと・・・・・

読めない!!

You areを u r と書くのは分かるんだけど、それ以外何を書いてるのかよくわからん!
要は「いつでもメールしてきてもいいし、暇なら電話してきていいよ~」という内容の物だが、その中間部分、何を書いてるのかさっぱりわからん。
前のEnglishのクラスでもエッセイを書いてるのに、普通にu rと書いてた生徒がいて驚いたのを思い出した。
今更ジェフに何と書いてたのかを聞いても、多分次に返ってくるメールの返事も読めなさそうなのでやめとく。
それよりもあの人の「Anyways」っていうのが未だに気になってしょうがない。
Sはいりません(彼は英語しか話せません)

昼ごはんを食べた後、マイケルが借りてきたDVDを見た。
ってか何でこんなヘビーな内容のもの借りてるねん!って思いつつ、見るものがなかったので見た。
そのDVDはドキュメンタリーで、インドのred district、つまりprostituteやdrugが集中してる場所で育った子供たちの生活を撮影したもの。
すんごいheavy過ぎて、何か彼らの口から出る言葉に唖然としてしまった。
彼らは8歳や10歳の男女。
母親がprostituteだったり、父親がdrug addictedだったりで住む環境も強烈である。
学校なんて当然行けず、学校側もこのred districtで育った子供たちを受け入れない。
彼らは早朝から真夜中まで働かされ、自分の親が自分の家でその行為をしてる間(つまり客を取って仕事をしてる間)は、屋根の上に移動させられる。

何が悲しかったのかって、こんな小さな子供たちが人生の重みを既に普通に笑いながら喋ってるところが悲しい。
「人生、嫌な事も受け入れなきゃ前に進めないのよ」
こんな事を普通に言える8歳、先進国にはいないよね?
「私の伯母は私を売るつもりなの。嫌だけど、私には何も出来ないのよ。受け入れるしかないのよ」

彼らの住む地域に1人の女性フォトグラファーがボランティアで写真教室を数年前から開いてる。
彼らの取った写真で個展を開いて、その売上金で彼らを学校へ行かせようというものである。
が、普通の学校もその地域の生徒を全く受け入れてはくれない。
しょうがないので、海外からのボランティアによる寄付金で建てられた学校へ入学させるも、最終的に母親が子供を連れ戻しに来たり(その学校はboarding school)、結局自分から辞めてしまったり、学校そのものに父親が通わせてくれなかったりと・・・・・
自分の成長を助けてくれるはずの親が子供の運命を狂わせる。
結局彼らはそこから抜け出せない。
ある男の子は本当にartの才能があって、彼の撮った写真がよく出来てたのでアムステルダムで開催された世界中からの子供の為の写真教室(たった1週間だけだけど)に参加した。
でもその数日前に、彼の本当のお母さんが(そのお母さんも売春婦だった)pimpと揉めたか何かで体に灯油をまかれ焼死した。
でも彼の耳には母親はキッチンで家事をしてて事故にあったという事になってる。
警察も別に捜査もせず、そんな事は日常茶飯事の状況であるかのように淡々と語られる。
彼の父親はドラッグ中毒。
彼は一言「昔は医者になりたいと思った、そして次に写真家になりたいと思った。でも今は何の希望もないよ」。

彼らは辛いことがあっても、それを笑顔で話し続ける。
8歳にして既に私が一生経験するような事のない事を経験し、生きる意味について深く理解する彼ら。
一方アメリカ、MTVをつけて見れば馬鹿な高校生が自分の誕生日パーティーで大金を使い、はしゃぎまくる姿が映しだされる。
人間、生まれながらにして皆平等なんて誰が言ったんだろう?

私にはこういった子供たちを助ける事は出来ない。
将来はナースとして、こういった子供達のいる場所でボランティアとして働きたいと思う。
それは今思い始めたわけではなく、昔から思ってた事。

世の中から、お金のために売られる子供がなくなる事を願うばかりだった。
[PR]
by ecotama | 2006-07-08 12:34 | whatever

ワカメちゃん

アメリカにいる私の悩み。
それは良い美容師が見つからない事。。。。
これは在米の人ならば必ず経験しているはず。
カリフォルニアに居る時はショウちゃんに紹介してもらった、日本人のおばさんに髪の毛を切ってもらってた。
おばさんはお喋りが過ぎてたまに短くなってしまう時もあるが、かなり上手である。
私のお気に入りでした。

そしてサンアントニオへ引っ越ししてきて、そろそろ髪の毛が貞子状態になってきた今日この頃。
学校の授業中もうざーい髪の毛を束ね、いい加減髪の毛を切りたいと思った。
が、下手な美容師にばっさり「こけしカット」をされた挙げ句、お金&チップを払うのも嫌だなーと思い、ここは思い切ってマイケルに髪の毛を切って頂いた。
ま、頼んだ自分もどうかと思うけど、当然結果的に磯野家のワカメちゃんになってしまったわけで。。。
もうここまでくれば完全に日本人には見えず、見えても昭和初期、もしくは大正時代のカット。

自分はとにかく顎のラインに沿って切ってくれと頼んだにも関わらず、髪の毛の半分を右手に握りしめジョッキジョッキ髪の毛を一気に大量に切って行くマイケル。
やっぱり。。。
「あ、短すぎたねー」って一言。

どう考えても、スカート履いて”はみパン”すればワカメちゃん。
ただワカメちゃんでも、色黒の汚いワカメちゃんになってしまってる。
どうしよう。。。。どう考えても、どっから見ても汚いワカメちゃんになってる。
かと言って、今からサロンに行くお金もないし(もったいないし)。
最終的にバリカンで髪を剃ろうとしたら、マイケルに止められるし。

あんまりにもキモイので、髪の毛を赤色にでも染めようかと考え中。

あー、日本の美容院に行きたい。。。。
月曜日学校へ行ったら、絶対一言何か言われそう。。。

丸坊主にしたい。。。。
[PR]
by ecotama | 2006-06-24 12:09 | whatever

嫌な予感

今週金曜日に、Humanitiesのファイナルがある。
そう、未だに一人学校へ黙々と行き続けている。
周りは「え?何でクラスなんてとってんの?可哀想ー」と言った同情の言葉すら投げかけてくれるぐらい、最近はやつれてるらしい。
何か本当なら楽しいはずのこの科目、先生が理由で何故か毎晩2時ぐらいまで勉強しなきゃ終わらん。おかしいでー。

最近かなり嫌な情報が飛び込んできた。
どうも近々引っ越ししそうである、それもアリゾナとかじゃなく、再びテキサスっぽい。
理由はマイケルの仕事内容が変わったから。
アメリカに来てから、人生味わった事がないぐらい引っ越しを繰り返していて、同じ場所に1年いればいい方である。
そして、今回の引っ越し候補地としてあげられているのが、かの狂牛病発祥地としても有名になったテキサスのサンアンジェロである。
ってか、それどこ?と言う感じである。
どこなのか?何があるのか?全く不明である。
1つ言えるのは、これでまた学校行けなくなる!!!
引っ越しはどうもセメスターの途中で起こりそうな予感なので、秋のセメスター、レジスターしたもののどうしようか悩む。
やめるべきか、いってしまうべきか。。。
自分の予定では、来年の夏には全てのコース(ナーシングで必要な)を取り終えるので、何とか学校へ行きたいというのが正直な気持ちである。
更に最悪なのが、このサンアンジェロという場所にいるのは多分半年ぐらいで、それからまた引っ越し。
どないやねん!と思う。

最近、ジンタマに一匹ノミがついているのを発見した。
このノミ、逃げまくって未だに確保していない。
普通はHeartwormのお薬のお陰で、ノミを見つけても見つけた時には既に死んでたりするので、ラッキーだったんだけど、テキサスに引っ越して来てからはやはり虫も強力になったのか、死なない。
そこで最近やってみてるのが、酢。
調べたところ、ノミは酸性の状態に置かれるのをとても嫌うらしい、。
そこで最近は酢、Lavender E.O, Eucalyptus E.O., Peppermint E.O.,を混ぜて、それを水で薄めた物でジンタマの体をお散歩から帰って来た時に拭くようにしている。
拭くというよりも、無理矢理濡らしてると行った方が早いだろう。
犬は嗅覚がすぐれている分、この酢の匂いは嫌なんだろう、かなり嫌がるジンタマ。
でも気づいたのが、何故かこの酢を使いだしてから、ジンタマの毛並みが本当にツヤツヤしてきたのよー。
私も石鹸シャンプーした後は酢でリンスしたりするけど、犬の毛で実感できるとは思わなかったー。
ノミはわからないけど、それ以来あんまり体を掻いたりするのが少なくなったから、効果はあるのかも?

また今から勉強。
来週からはまたバイオロジーだし(バイオロジー2よ今回は)。

とりあえず今年の夏はやつれまくってる予定です。
ちょっとは休ませてくれー!!!
[PR]
by ecotama | 2006-05-25 02:57 | whatever

Peruへ行きたい

あっつぅ~、今日の外の気温は39度です!
あっつぅ~、ほんまに暑いからジンタマのお散歩は夕方にお預け。
って言っても、夕方もまだ暑いねんけど・・・・

先週は例のごとく、thunderstormがず~っと続いてました。
先週末(土曜日)に石鹸を作りました。
その朝、起きた事件・・・
朝6時過ぎに再びthunderstormがやってきて・・・・豪雨&雹の嵐。
植物達をpatioの外に置いてた為、急いでpatioの中に入れる。
が!すでに遅かったのか鉢植えの中は洪水状態で・・・

植物が死んでる~~~!!

e0052725_32828.jpg


朝から、マイケルと2人で一生懸命に豪雨にさらされながら鉢植えたちを移動させる。
でも、そこで気付いたのが2人とも裸でした(パンツすら履いてない)。
ええ、うちの家はご存知の通り裸族ですから。
週末の朝6時、裸で鉢植えを移動させる何とも大変な週末。
まるで原始時代を思わせる風景でした。

このthunderstormのおかげで・・・

車がついにやられました。

雹のバカやろう~~!!
と~っても見えにくいんですけど、この様にやられてしまいました。

e0052725_3251435.jpg


Hail coverを保険につけてあるので修理にだせるけど、またいつhail stormが来るのかわからないのでとりあえず放ってます。

お天気に関係なく石鹸作りました。
今回はAprikot Kernel, Palm oil, Coconut oil, Mango butter, Castor oilで作ってみました。
いつもは必ずolive oilを入れるんだけど、今回はなかったのでAprikot Kernelで代用。
オプションでJojoba oil, milk powder, pink clayを入れる。
匂いは手元にあったE.O.のClary sageとRosemaryを合わせる。

最初はこんな感じ。

e0052725_3303470.jpg


オイル類を量って、ステンレスのボールに入れて湯銭。
この白く固まってるのはMango butterと一部Palm oil。
冬場はPalm oilもCoconut oilも固形になります。

で、グルグル混ぜ続ける。
今回は何故かトレースが出るのが結構遅くって、面倒だった。
下の写真はトレースが出る20分ぐらい前かな?
だんだんもったりしてきましたよ~。

e0052725_33259100.jpg


最後にオプションを入れて型にいれる。
土曜日に作ったのに、まだ型だししてません。
結構硬くって型だし時間かかりそうだったので、放ったらかしにしてます。
今晩あたり、冷凍庫に放り込んで型だしします。
このmoldを使うと可愛い石鹸が出来ていいんだけど、自分はやっぱり牛乳パックとかが一番いいな~と思う(破って型だしできるから)。

e0052725_3355712.jpg

Paws Mold (これお風呂ですごい使いやすいサイズ)









e0052725_336302.jpg
これ、クリスマスには最高(まだまだだけど)








今週月曜日からまたクラスが始まった。
今回はずばり3週間だけのコースなので、かなりハードです。
なので、軽い科目を取ったにも関わらず、先生厳しいし。
今回のクラスはHumanitiesです。
今、インカ文明辺りを勉強中。

昔は全く興味なんぞなかったインカ文明・・・でも勉強してみると凄いね~。
インカ文明は凄い!
何が凄いって、全部凄い。
確かにこれは本当に発達した文明だな~と、今の時代よりもある意味発達してるんじゃないかって思う。
こうやってインカ文明を勉強すると、ますますPeruへ行きたくなりました。
ちょっとでもこういった知識を持って遺産を見ると、見る観点が違ってきて面白いんじゃないかと思う。

こんな事書きながらも、金曜日にはテストやし。
また今から宿題・・・いつになったら学校終わるんやろ??
[PR]
by ecotama | 2006-05-11 03:44 | whatever

Fiesta

ご無沙汰してます。
ブログを書いてない間に起きた事はこちら。

1. 一家揃って変なウイルスもらいました(ジンタマ含む)
あれは何だったのか?っちゅーぐらいのウイルスでした。
下痢&嘔吐がひどく、お陰でテスト前のレビューのクラスを3つもスキップしましたよ。
そしてその間に痩せたかと思いきや、全然痩せてない事実にある意味驚愕し、これが事件と言った方がよいかも。

2.マー、再び手術?
ご無沙汰マイケル。
以前に左手首を複雑骨折して手術をしたのはご存知の通り。
今回新たに手術しそうな勢いです。
その原因になるものとは、マイケルの鼻の中に密かに生息しておりました。。。。
ポリープ!!(日本語で言うと”鼻タケ”と言うのよね)
マイケル、病院から帰ってきて一言「マイケゥの鼻の中にキノコ生えてるよー」と言ってました。
このポリープを取り除くべく、また手術をしそうで、それにより自分が被る被害も大きいかと。

こんな私はファイナル前で忙しいにも関わらず、全く勉強する気なし!
来週がファイナルだけど、今週からすでにテスト続きの毎日でイライラしてます。

サンアントニオは先週の金曜日からFiestaなる祭りが今週金曜日まで開催され、町はにぎわっております。
そんなFiestaが今日は学校でも開催されました。
でも一つ言いたい。

テストの邪魔するなー!!! 

学生ロックバンドがライブをやってたんですが、そう、今日はサイコロジーのテスト。
うるさーーい!!
それも微妙に上手いのか下手なのか、頭の中にガンガンその音楽が入ってくる。
これもサンアントニオならではという事なのか?
金曜日はFiestaで学校はお休み。

学校は秋のクラスのレジスターも済ませました。
5月の3週間だけのクラスには、Humanityを取る。
夏の前半のクラスはGeneral Biology 2を取り、後半はFreshman Composition 2を取る。
秋は、Anatomy, General Chemistry, Lifespan Development, Kick boxingの4つ。
なぜかキックボクシングです。
1単位足りなかって、ヨガ取りたかったんだけど時間が合わないのでキックボクシング。
どうせ最近運動不足なので、もう無理矢理スケジュールに組み込まれたキックボクシングで運動不足解消したいと思います。
夏も休みなくお勉強。
こんな暑いサンアントニオ、勉強する気全くなし。

さ、今からまたファイナルへ向けてのお勉強ですよ。
ってか昼寝しそう(いつものパターン)。
[PR]
by ecotama | 2006-04-27 03:28 | whatever

人生色々

今日は2つめの投稿。

1つめの投稿をした後に、マイケルからあるニュースが入ってきた。

彼(ジョン)と私達(私とマイケル)は別に深い知り合いでもない。
彼に初めて会ったのはNew Year's Eveのカラオケで、マイケルの友人が開いたパーティーでの事。
彼は奥さんとその奥さんの友人を連れてきてた。
皆で一緒にカラオケに行って、と~っても楽しい一時を過ごした。
カウンドダウンの際には、アコーディオンを持参し日本で言う、「蛍の光」を弾き、皆で抱き合って新年を祝った。
ジョンはマイケルの友人の友人で、マイケルもジョンの事はよく知らない。
でも、私達は一緒に新年を楽しく祝ったのでした。

そんなジョンが入院したという。
原因は膵臓が機能しないからだという。
薬も何も効かず、最終的に1度ジョンを薬で昏睡状態にして、膵臓の機能を一旦停止させて様子を見るという事になったらしい。
でもこれで彼が助かる確率は70%で、これが無理なら助かる見込みはないらしい。
彼の奥さんも仕事を休んでず~っと傍につきっきりらしい。
でも奥さんの働いてる会社は当然それを認めず、働きにこないと解雇というなるという事を伝えたらしい。
奥さんは仕事に行かなければならない、なぜなら高額な医療負担分を払わなければならないから。
でも、生きるか死ぬか分からない夫を病院に放っておきたくはない。

とても辛くなりました。
本当に知り合いでもないのに。
あんなに陽気にアコーディオンを弾いてた彼の姿が今でも新鮮によみがえってきて、本当に信じられません。
たった一度しか会った事のない人だけれども、彼が助かるようにと願ってやみません。
まだ若いのに、自分と2歳ぐらいしか変わらない。

とても辛くて投稿してしまいました。

ジョンが早くよくなって、またアコーディオンが弾けますように。
[PR]
by ecotama | 2006-04-04 11:34 | whatever

Couch Potato

暑いです。
サンアントニオ、暑すぎ、まだ4月やっちゅ~のに部屋の中は85度ぐらいになってるし。
これからどんどん暑くなっていくサンアントニオ、テキサス恐ろしい。
その暑さに比例してどんどん活動的になってくる、巨大ゴキブリ。
そうそう、テキサスの虫はほんまにでかい!!
巨大ゴキブリになれてしまうと、あの小さなゴキブリがちょっと可愛くみえてくるぐらいでかい。
巨大ゴキブリは大きいが為に、目の悪い自分でもかなりグロテスクな部分まで見えてしまう。
そして中々死なない・・・・
夏は蚊と巨大ゴキブリとの戦いの日々である。

最近は学校が忙しいにも関わらず、集中力に欠ける日々が続いております。
今週はPsychologyのテストだし、来週は恐怖のBiologyだし。
Biologyなんて6 chapterもbehind状態なので、今週末の追い上げが恐ろしい。
Englishもpaper書かなきゃならんし、その上Biologyのresearch paperもある。
とりあえずBiologyのresearch paperのトピック、自分なりに考えてお題を決めました。
な~んとなく、Genetically engineered foodにしてみた。
このGenetically modified foodが及ぼす環境、健康へのriskなどを考えてみると。
でも10ページも書けません、本読む時間もないし。
それをPPにまとめて、Finalの前のクラスでpresentationしろというものである。
それも30分間。
そこで先生に「So, we don't have a final if we do this presentation, right?」とある生徒が聞くと、「Yes, you have this presentation and a final」という答えが返ってきました。

ってかファイナルの勉強させろよ~!!

って思ったのは私だけではありません。
ファイナルに近づくにつれ、どんどん不機嫌になり殺気だっていく私。

うちの家、ご存知のとおり貧乏です。
アメリカに来て3年、ず~っと貧乏です。
もう貧乏生活にも慣れてきて、銀行口座に100ドル以上あるとちょっとかなりバブリーな状態に陥ってしまう自分も悲しい。
うちの家は人からの貰いものがたくさん。
Futon Couchはショウちゃんからもらったし、自分の使ってる机はマイケルの友人から貰ったし。
え~貰える物は有難くもらいます。
そしてついに!!今まで欲しかったリストに載ってた物がもらえることになった。

本物Couch!!!

そう、あのフワフワしてて足置きとかあるフカフカソファー。
これもマイケル友人から。
ある日、マイケル友人(Denis)から電話があり、新しいcouchを購入しようと思ってるんだけど、今あるcouchいる?

是非譲ってください(即答)!!

そしてそのCouchセットの一部が先週末家にやってきた。
すご~~~い、フカフカしてる~。
このCouchがやってきてからというもの、我が家は一家揃ってCouch Potato状態。
これじゃ~いかん!と思いつつも、ついついラップトップ持参でCouchに移動している自分も恐ろしい。
え~Denis&Heather、いつも色々譲ってもらって有難うございます。
でも彼らからすれば、自分達はリサイクル屋として活躍してるらしい。

あ~そして今晩もpapaer書かなきゃいけないけど、このcouchで24を見たいと思います。

それでは、今から24の準備に取り掛からせて頂きますので、これにて失礼。
[PR]
by ecotama | 2006-04-04 09:18 | whatever

クソ親父

ここ数日、サンアントニオは涼しい。
先週末(Spring Break最後の日曜日)に大きな雷&豪雨がサンアントニオを攻撃し、そのお陰でうちの学校、月曜日の朝行ってみると閉鎖になってました。
そう、雷が落ちたらしく全てのシステムが止まってしまったそう・・・・
その日は、マイケルが車を修理に出してたので、マイケルが仕事へ行く前に自分を学校にdropしていく。
そして、その時事件が。

知らないおっさんに怒鳴られる!!

つまりこうい状況だったわけです。
その日は学校が閉鎖だったのですが、とりあえず皆学校へ来て張り紙を見て「あ~ラッキ~」と言って帰るので、駐車場には一台ぐらいしか車が止まってなかった。
そんなことも知らなかったので、マイケルはとりあえず時間がなかったので、disability専用の駐車場に3秒車を停めて自分をおろしたわけ。
すると、それを見たfacultyのおやじが怒鳴ってきたと。。。
それを知らないマイケルはとりあえず去る。
そして、その怒鳴りに対して怒鳴り返す自分。
さすがにおやじもこんなチビ生徒に怒鳴り返されるとは思ってもみなかったのか、自分がおやじの目の前で怒鳴り返してる時、全く目を合わせようともしない。
自分の言い分としてはこうである。
「あんたに怒鳴られる筋合いは全くない。自分は車をそこにparkingしたわけではなく、旦那が間違ってそこに車を停めて自分を下ろしただけ。それに今日は駐車場がガラガラだし、最後まで状況を見ないであんたに怒鳴られるのは納得できない。自分を注意するなら、他にparking permitを購入せず平気でparkingしてる奴を怒鳴れ。」
おっさんの隣に居た女性もすご~く気まずい顔してるし。
何故ここで自分も怒鳴り返したのかよく分からない。
怒鳴られて納得できる事ならこちらも謝るが、おっさんに怒鳴られる筋合いは全くなし。
その日は朝から気分悪い。

このおっさんはともかく、学校は火曜日から再び始まり、また宿題やテストに追われる日々が再開しました。
うちの学校は4月7日が最後のdrop dayなのですが、それを前にBiologyのクラスの生徒は半分以上既にdropしてしまったよう。
最初は30人近くいた生徒も今では7人。
先週、同じクラスのHelenからメールがあって、彼女もdropを考えてるという。
彼女の状況も自分とよく似ていて、biologyを最後に勉強したのはもう10年以上も昔と言う事らしい。
彼女の言い分もよくわかる。
うちの先生、テキストは全く使用しなくて先生がPPで作成したlecture noteを元に授業を進めていくんだけど、先生全く何を説明してるのかよくわからない。
話があちこちにとんでいき、その内学ばなくていいような奥深い範囲まで勉強させられる。
だから、生徒は基本的に先生が何を説明してるのか分からない。
Helenはクラスに全くついていけてないと言う、でも自分もはっきり言ってついていけてない。
テストの点だってHelenの方がよかったりするし。
でも彼女は「この先生じゃ学べない」と言う。
確かにこの先生からのlectureだけでは学べない、なので自分で本を読むなりonline上のテストをやってみたり努力する事も必要である。
彼女にdropする事を考え直すように言ってみたが、どうするのかは分からない。
だって後一ヶ月もしたら、このセメスターは終わりだし、今までバイオロジーに費やしてきた時間が勿体無い。
Helenには最後まで一緒に頑張ってほしいと思う。

この前のSpring Break以来、はまってるものがある。
それはずばりテレビ!!
特に「24」にははまった。
ということで、早速DVDを借りてきて見る。
「絶対こんなことありえへ~~~ん」とか思いながら、ついつい真剣に見てしまう。
そんなこんなで、今週末の勉強の予定は全てキャンセル。
いけない!でもテレビが私を呼んでいる~。

明日は夜8時から24がある。
勉強するか24を見るか・・・・悩むところである。

後約一ヶ月、頑張るしかないな~。
とりあえず今日もバイオロジー勉強してみる。(全然はかどってないけど)
[PR]
by ecotama | 2006-03-27 08:31 | whatever

Good-bye my California

今日は一日中体に悪いものを食べ過ぎて気持ち悪い。
って書いてるのに、コッテリしたチョコレートジェラート食べてる自分も恐ろしい。
そう、生理前って食欲すごい!!
もう手当たり次第カロリーとかに関係なく全て食べ尽くしてしまう。
こんな日に買い物に行くべきではないのに、ついつい行ってしまって後悔する自分もいる。

ここ数日、サンアントニオちょっと涼しい。
お散歩も行ってて気持ちがいいぐらい、ジンタマも大喜び。
そしてこの涼しさと比例してかはどうか不明だが、極寒である財布の中身がついに氷河期へ入ってしまったようである。
金!金がねぇ!!!
同情なんていらないから、お金ください。

えー私の乗ってる車、カリフォルニアでレジスターしたから当然カリフォルニアのライセンスプレートです。
そして此の度、カリフォルニアのDMVよりstickerのリニューアルの通知の手紙がきた。
来月中に145ドル払えという事である。
高い!カリフォルニアは高い!
ということで、本当はカリフォルニアのライセンスプレートをどうしてもキープしておきておきたかったけど、とりあえず安いテキサスでレジスターし直す事にした。
今日、一通りの書類を持ってテキサスのTax officeへ行ってきた。
合計金額194ドル!! 支払いましたよ!!
うちはいつもミリタリーだからということで、どこへ移動してもすぐにレジデント扱いになるんですが、テキサスの場合、学校などを除いてはミリタリーに関係なく1年以上住まないとレジデントとして認められないらしい。
だからエキストラで90ドル払わされ、文句をブーブー言ってたわけで。。。
でも支払う物べきは支払えと。
そして結局テキサスのライセンスプレートをもらってきました。
あー唯一自分がカリフォルニアに居た事を思い出させてくれる、このカリフォルニアのライセンスプレートがなくなるのは悲しい。。。
カリフォルニアへ帰りたーい!!
車のライセンスプレートは変わったけど、免許書はまだカリフォルニアのまま。
これもいつかは書き換えしなきゃいけないんだろうな。。。

今日も英語のエッセイ書かなきゃいけないけど、煮詰まって書けない。
お題は自分の生まれた年と2006年を比べて書け。
自分の生まれた年なんぞ覚えてるか!!?
とりあえず色々調べだして書くが、先生が指定したカテゴリーについて書かなきゃいかん。
それもうざい。
今日はもうこれ以上書けんので、やめる。
書けぬものは書けぬ。
ということで明日の脳みその働きに期待する。

今日は、きゃさちゃんからメールがあってNCLEXに合格したそうで、とても良いニュースをもらいました。
こういったニュースは自分のもとに届くだけで、自分もがんばろう!っていう気持ちにさせてくれるからありがたい。
それにしても、おめでとぉーきゃさちゃん!

早くRNになりたい。。。
[PR]
by ecotama | 2006-03-16 11:11 | whatever

努力の積み重ね

ようやくSpring Breakに入り、ゆっくりしてるかと思いきや結構忙しい。
宿題もたんまりある上に、来週Spring Break明けには即効テスト。
このSprin Break中に遅れを取り戻すべく、今までまとめてなかった部分の箇所をノートにまとめてみたりする。
来週はmathのテストだけど、今回テストの範囲すごく苦手で未だに問題とけません(答えみてもわからん)。
なのでかなり不安だけど、とりあえず適当にテスト勉強をしてみる。
と、ま~こんな感じでダラダラ過ごしてます。
ってか暑い!今日は家の中だけで28度もあるし!!外は恐ろしくて気温を言うのもためらっちゃうぐらい暑い。
いやだわ~サンアントニオ。

あ、そうそうこの前書こうと思って忘れてたんだけど、先々週の金曜日に家の近くにある小さなフラメンコカフェに行ってきました。
毎週金曜日にはフラメンコのイベントがあって、スペイン料理を食べながらフラメンコが見れると。
フラメンコはテレビとかでしか見たことなかったけど、あんなに近くで見るとすごい迫力があってかなり身震いした。
女性のフラメンコダンサーとフラメンコギターを弾く男の人の2人でした。
うちのマイケゥここでもかなり天然ぶりを発揮してくれて「マイケゥさ、フラメンコ踊る姉ちゃんは皆ドレス着てると思ってるよ」と一言。
つまり最初このフラメンコを踊るお姉ちゃんは舞台を設定したりしてたので、ジーンズにT-シャツだったわけです。
それを見たマイケゥは何も考えずに普通にこういった言葉を発したわけで・・・
普通の人だとそこで「あ、後で衣装に着替えるんだな~」とかって分かるんですが、この人は分からなかったらしい。
そしてドレスに着替えた綺麗なお姉ちゃんを見て「オォ~~~~」と一言。

フラメンコもすごかったけど、それ以上に圧倒されたのはフラメンコギター。
すご~~~~い!!
指の動きもすごい早いし、もう感動しまくりでした。
でも途中で弾いてるとやっぱり指先が痛くなってくるから休憩しなきゃいけないのよね。
で、そこで思った。
この素晴らしいフラメンコギターも毎日の練習の積み重ねがなければ、こんなに綺麗に音色を奏でる事は出来ないんだろうな~って。
練習してる時に何度も指から血が出たって言ってました。
それぐらい練習してこそ、人を感動させられる音が出せるってものらしい。

私はシルヴィ・ギエムというフランス人のバレリーナがとても好きとは以前に書いたけど、このフラメンコギターを聴きながら彼女のことも思い出しました。
確かに生まれ持った素質というのもあるでしょうが、それ以上に人の倍努力してこそトップの座は維持できる。
毎日コツコツと普通の人異常に練習を重ね、それでこそあそこまで人を感動させられる踊りが出来るんだと思う。
素質は素質、でもそれをうまく伸ばせるかどうかは自分の努力次第。
Artって素晴らしいな~と思う。
絵もそうだけど、たった一枚の絵で感動できるっていうのは人間に生まれた特権だな~と。

前に1度誰かが言ってた言葉がある。
「人間皆何かしらの素質を持って生まれてくるけど、その自分の素質に気付くのはほんの僅かな人間だけだ、そして自分の素質を見つけた人間でもほんの僅かな人間だけがその素質を活かすべく努力する」と。
確かにそうだな~って思う。

自分は勉強に関しては人の倍勉強しないと人並みについていけないのをよく自覚している。
普通の生徒が10分で理解できるものが、自分にとっては1時間かかると。
小学生の頃からそうだった。
算数でもクラスの皆はすぐに理解してるのに、自分は中々理解できない。
家に帰ってからの算数ドリルがどれほど苦痛だったか・・・・
でも大きくなってある意味自分のこういった弱点が分かっていれば、克服すべく対策を練るのも簡単である。
ただ人の倍勉強しろという事。

人間、長所も短所も持ち合わせている。
でもいかに上手く短所を長所と組み合わせることによって、マイナスをプラスにするかっていうのが大切なんだと思う。
でもこれって結構やると難しかったりする。

一度きりの人生、山ばかりでは楽しくありません。
谷があってこそ、山から見える景色がどれほど素晴らしいものかを改めて実感できるわけで、成功も失敗がなけりゃ成功する有難みもわからぬと。
失敗した時こそ失敗した原因を詳しく分析できるチャンスなので、これもある意味ありがたい。

あ~今週から一週間、ゆっくりしよ~~~っと。
そうも言ってられんが・・・・
[PR]
by ecotama | 2006-03-13 06:34 | whatever