アメリカはテキサスにあるUniversity of Texas at Austinでナース目指して勉強中。日々思う事をかなり適当に書き綴る。目先の目標は2010年卒業。卒業した暁には値段を気にせず美味しい物をたらふく食べたいと願う。


by ecotama
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

カテゴリ:ecotama world( 15 )

僕のかばん


あーつぅーいぃーーー
今ストアーでアイスクリームとか買って家に持って帰ってくるの絶対に無理
それぐらい暑い
さすがのジンタマも暑いらしく、お外に出たがらない

昨晩、北京にいるマイケゥからテキストメッセージがはいった。

「マイケゥの荷物、香港で行方不明」

一番最悪な状況だ。
というのも、機内に預けてたスーツケースの中にマイケゥが生きて行く上で必要(これ大袈裟じゃなくてまじで)な薬が全て入ってたから。
今は北京にいるが、大気汚染がすごいらしく目を開けてるのも結構大変らしい。
そんな中で喘息もちのマイケゥが薬無しで到底過ごせるとは思えない。
薬だけじゃなくて、その他の生活用品全て手元にないわけである。
マイケゥと同じ日についたスザーンという生徒の荷物も行方不明らしい。
どないやねん中国!?と思う
下着とか服とかやったら買ったらすむけど、薬だけは絶対にいる。
喘息の発作が出た時の事を見てる分、薬がないとどんな状況になるのかも想像がつく。
早く荷物が手元に届くといいんやけど。

今日でようやくPCT Boot camp終了!!
来週からはいよいよ自分の働くフロアで研修が始まる。
今日は数年ぶりにpay checkをもらってきた。数年ぶりなのが恐ろしい。
このお金も手元にあると思いきや、右から左へと流れていくのである。
が、しかし、久しぶりに見るpay checkはやはりよいもんだ。

1人になるとこうあんまりご飯とか食べなくなる。
食べなくなるというか、米だけでいいやー!となるわけ。
基本的に米があれば生きていける人なんで、別におかずがなくてもいいわけよ。
昨日はオクラ、納豆、ネギ、韓国のり、ごま油、醤油を混ぜて丼にしてみた。
これがかなり美味しかった(あるもので作っただけやけど)
こう韓国海苔がなんとも良い味を出してて美味かった。
本当に1人になると買い出しに行くのも面倒だから、ギリギリ冷蔵庫がカラに近くなるまで行かない。
全てが面倒だと思ってしまう(そして面倒なので何もしない)
こういう時、お手伝いさんとかいてくれたら
「○○さん、今日のお夕飯は○○にしてくださる?ついでに明日のお弁当用にも多めに作って下さる?」とか言えるのになー。
そんな生活、永遠にこーへんっちゅーねん。

あー、やる気ゼロ。
週末はゆっくり休もうっと(暑いし)。
[PR]
by ecotama | 2008-05-24 05:02 | ecotama world

春日和


今日は春日和


e0052725_9581949.jpg


なんていう名前かは知らんけど、こんな花が近所の至る場所に咲き誇ってるうちの近所。
今日はお天気もいいんで、カメラ片手にジンタマのお散歩へ。
ミクシィの方に動画を載せておきますた(ちょっとおかしいねんけど)。



e0052725_1015993.jpg


うちから徒歩数分の場所にある公園。
昼間は人が結構おるけど、夜はホームレスのおじさんの寝床でもある。


e0052725_104672.jpg


ここは小さな小川みたいなのが流れていて、ジンタマのお気に入りの場所。
ただしこの小川がゴミが散乱してて、別に綺麗なもんじゃない。


e0052725_1072918.jpg


走るジンさん。
赤いボールは既に原型をとどめておらず、ガタガタで岩のようである。


e0052725_1093413.jpg


水の中に入るのは大好き。
でも、足下までの水位のみ、体が全部つかるのは嫌らしい。
でも顔を水の中につけるのは別に平気らしい。

と、こんな感じで毎日遊んどるわけだ。
夜は8時ぐらいから寝始め、朝は4時に起きるこの人。





という言葉の他にジンタマを表す言葉がみつからん。

そしてスプリングブレイク中のワタクシは、昨日いそいそとMichael'sへ毛糸を買いに行き、セコセコとまた編み始める。
ってか、おかんからあんだけ送られて来たのにまだ増やす気かよ!?と個人的に思いつつも、編みたいんでこればっかりはしょうがない。


e0052725_10155826.jpg


本を見て編んだけど、見てわかる通りに自分の性格でまくり。




本通りじゃない

と、途中でおかしくなってきたけどほどくんもめんどうやからとりあえず最後まで編んでみた。


e0052725_10182439.jpg


後ろは綺麗に編めてるねん。
でも実はちょっとおかしいねんけど。

昨日の夜、裸像でずーっとベッドの上で4時間ぐらい格闘しとったわけだ。
これを編みつつ、何気にお腹の辺りをみると。
運動不足のワタクシのお腹が。。


タレパンダみたいになっとる
[PR]
by ecotama | 2008-03-09 10:20 | ecotama world

声が出ない


先々週のあのショックなテストから引き続いて体調も最悪。
先週の月曜日の真夜中に普通は起きないのに、まず喉のひどい痛みで目が覚める。
そして火曜日の朝には喉はパンパンに腫れてる。
とりあえず学校へ行くも、最初のGovernmentのクラスからもうゾクゾクと背筋がし始め、挙げ句関節も痛い、明らかに高熱の出る前の現象。
帰ろうかなー?と思いつつ(ってか本当に帰りたかった)、次のpharmacologyのクラスへ行った。
自分以上に悲惨な顔をしてる生徒が結構な数いた上に、半数は授業へもこなくなってしまったようだ。
このクラスを終えて家に帰るともう顔は真っ赤で、熱もあった。
本当はその週も英語のテストが1つと、Governmentのペーパーの締め切りがあったので本来ならば多忙な週であったにもかかわらず、火曜日の夜から水曜日の夜まで寝込みました。

で、なぜか金曜日からは本当に声が全く出なくなってしまった。
今日現在も全く声が出ない。
そんな時に限って、何かしら電話しなきゃならない事とかが出てくる。
アホなんで、とりあえず声が出ないにも関わらず電話する。
電話越しで「Hello」と聞こえる、自分も懸命にHiと返すものの全く持って聞こえてないというか空気音だけなので、相手にしてみれば嫌がらせ電話のように思われるのも当然で。。。


Hey, you pervert

と言われて電話を切られる。
声が出ないと本当に不便である。
毎日どれだけ自分の声に頼って生活をおくっているのかを思い知らされた。
自分の気持ちや要求を声にして伝える、今はこれが出来ないわけで結構イライラする。
そこで前に実習でいった老人ホームを思い出した。

そこには結構話せない人、目の不自由な人もいて、コミュニケーションを取るのが本当に大変だった。
別にpicture boardがおいてある訳でもなかったので、そこのご老人たちは一生懸命に主張してくれるのだが、私は全く理解できなかった。
声の出ない人もいたけど、strokeできっちり発音できなくなった人も数人いた。
こうい言った場合、思いつく事を自分から口にしてみる。
基本的な人間の要求、例えば「トイレに行きたいの?」「喉が乾いたの?」「お腹が空いたの?」「ベッドに横になりたいの?」などである。

私の頭の中では「話せないなか、彼らが何か話してる時は何か要求があるからだろう」と勝手に決めつけていたんだけど、彼ら、ただ単にお話したかっただけである場合も結構あったのでびっくりした。
言葉がでない=人とのコミュニケーションは取りたくない
という図が勝手に頭の中で出来上がってたわけだけど、これは全く人によって違うという事が分かった。
おしゃべり好きの人がある日突然声を失ったとしても、その人は人とコミュニケーションを取る事をやめたりはしないだろう。

人とコミュニケーションを取る方法は声に出すだけでなく、手紙、写真、絵、手話、表情など色々あるわけだが、世の中どれだけ多くの人が声に頼ってるのかを今回初めて知った。

それにしても私の声はいつ戻ってくるのか?
一番不便なのは、マイケゥを怒鳴れない事である。
マイケゥはこれを良い事に、やりたい放題である。
[PR]
by ecotama | 2007-11-11 14:17 | ecotama world

ピットブル

今日はThanksgivingも終わり、アメリカではThanksgivingの後はショッピング!というのが決まりごとのようで、どこの店も人で溢れ返っております。
そう、もうクリスマスショッピングの季節です。
お金がな~~~い~~~~。
つくづく、貧乏を思い知らされるこの時期。
キャンプを予定してたも、体調がすぐれないのでキャンセル。

今日は朝からジンジャーのプープーバッグ(ウンコ袋)を買いにPetsmartへ行く予定が、何故か店が移転してたため、結局家に帰る。
家からショッピングエリアまで歩いていけるため、散歩がてら歩いて行く。
家に帰る途中、プロテスト集団を発見。
だいたい何に対してプロテストしてるのか予想はついてた。
そう、ある一角にある店の名はFurs&Clothes。
Fur!!ということで、毛皮反対グループの人達でした。
自分も毛皮には反対です。
売るほうもいけないけれど、買うほうはもっといけない。
最近ではJ.Crewが本物の毛皮を使った服を売ってるらしく、激しい非難を受けてます。
なので、J.Crewが毛皮を売るのを止めるまで自分はここでは買い物しません。
何故毛皮が必要なのか?
エスキモーなら話はわかる。
彼らの住む場所は野菜なんて到底育つ環境でもなく、アザラシを食べる時についてくる毛皮をコートとして着る。
これに対して「毛皮反対」と叫ぶのは間違ってると思う。
彼らはアザラシ全てを感謝し、大切に頂くわけで、毛皮を取るためだけに殺すのではないから。
中には、商業用に捕まえて殺す人もいるのだろうけど。
それは別。

今日は昼からアニマルシェルターに犬を見に行く。
ここはいつ行っても帰り辛い場所である。
犬達の訴えかけるような目。
何とも言えない。
ストレスで吠えまくる犬達。
もう人生諦めたかのようにひたすら眠り続ける犬達。

1匹1匹の檻の前のインフォメーションを読んでいく。
殆どのインフォメーションの欄に" I'm here because my previous owner didn't want me."と書かれてある。
いらないから捨てる、だから私達はここにいるのよ。
ため息しか出てこない。
そして大型犬のその多くがピットブルである。
それも雑種ではなく、何故か純血種が多い。
中には明らかに闘犬ように訓練されてたんだろうと思わせる犬もいる。
両耳が食いちぎられたピットブル、首に多くの噛まれた後のあるピットブル。
こういった犬達が貰われていく可能性って少ない。
ピットブルというだけで、人は毛嫌いしてその犬を貰わない。
ピットブルは確かに闘犬として作られただけあって、性格も攻撃的なのは確か。
なので、余計にオーナーがきっちり躾をしなくてはいけない犬種。
確かにピットブルが子供を噛み殺した事件など、ピットブルに関する事件は後をたたない。
これはピットブルが悪いのではなく、オーナーが悪いのである。
きちんと躾も出来ず、犬の性格も知らないのに「かっこいいから」という理由だけでピットブルを購入し、そして手に負えなくなると捨てる。
ピットブルを身勝手に繁殖させて売る人達、そんな人達にシェルターでのピットブルの現状を見て欲しいと思う。
彼らは捨てられる為に生まれてくるのではなく、犬、生き物として幸せな生活を送るために生まれてくるんではないでしょうか?

本当に多いピットブル&ピットブルの雑種。
もういかにも貰い手がなさそうなぐらい牙を向いて、人間達に吠え掛かるピットブル。
本当の彼らはこんなはずじゃないのにと思う。
悲しいというより、人間の勝手さに怒りがこみあげてくる。

これからのホリデーシーズン、たくさんの犬達が貰われていき、そしてホリデーが終わればたくさんの犬達がシェルターへ舞い戻る。

1匹でも多くの犬や猫達が幸せになれますように。
今年の自分宛のクリスマスプレゼントはシェルターへのdonationにしてもらう事にしました。
これで彼らにおもちゃでも買ってあげられればと思います。
[PR]
by ecotama | 2005-11-26 06:17 | ecotama world

産み分け技術

昨日テレビのニュースを見てると、これからは医学的に男女の産み分けが可能になるそうです。
科学はそこまで発達したんですね。
でもこれは倫理的に自分としてはおかしいと思います。

数十年前までは、妊娠してもその赤ちゃんの性別すら知ることの出来なかった時代。
最近になって超音波が導入され、ようやく赤ちゃんの性別が分かるようになったぐらいです。
皆さんはもし妊娠したら子供の性別を生まれる前に知りたいと思いますか?
以前、これに関して自分はエッセイを書きました。
自分の意見としては、基本的に生まれる前に赤ちゃんの性別を知る必要はないのでは?です。
これは賛否両論だと思います。

例えばベイビーシャワーが普通にあるアメリカでは、赤ちゃんが生まれる前にお祝いとしてプレゼンとを用意します。
なので、その際に赤ちゃんの性別が事前に分かっていればプレゼントに困ることなく、女の子にはピンク、男の子にはブルーといった感じです。
だから結構多くの妊婦さんは赤ちゃんの性別を事前に聞きます。
でも、この前会った妊婦さんは「私は赤ちゃんが産まれるまで性別は気にしないでおくの。産まれてくれるだけで十分だもの。部屋の模様や飾りつけはそれからでもいい。」と言ってました。

ただ昔の中国のように一家一児制、つまり一家に子供は1人という規制の中ではこの産み分け技術がいかされたのかもしれません。
一家に子供が1人となると、その家族としては家業を継いでくれる男の子が欲しいわけです。
ですが、当然最初に男の子が生まれる可能性は50%、女の子が産まれる可能性は50%。
女の子が生まれた場合、当然家族としてはいらないわけですから里子なりにと捨ててしまいます。
一時これが問題になりましたね。
そこで中国には多くの里子(女の子)がいるわけです。
つい最近も自分のバイト先に中国から女の子を養子にもらったお母さんがきてました。
そういう意味では、捨てられる女の子の赤ちゃんの命を救えるなら、男女の産み分け技術を導入してもいいのかも?と少し思いました。

ですが、これは倫理的におかしいと思います。
これだとクローン人間と同じ基準になってしまうのでは?と思ったりしました。
確かに、特に赤ちゃんの性別に拘ってる夫婦にとってはいいニュースでしょうが。
どうして性別にこだわる必要があるのでしょうか?
赤ちゃんが健康に産まれてくるだけでいいのではないでしょうか?
でも、人それぞれ何かしら理由はあるもの。

最近では遺伝子治療など様々な医療分野において科学の進歩が著しいです。
ですが、科学はそこまで発達する必要はなかったのでは?と思ったりします。
どうして人は遺伝子治療をしてまで長生きしたいのでしょう?
どうして自分の死を素直に受け入れる事ができないのでしょうか?

これから科学はどこまで進歩しつづけるのでしょうか?
少し不安です。
[PR]
by ecotama | 2005-10-28 06:02 | ecotama world

道端の動物

昨日ジンジャーの散歩をしながらボーっと歩いてると、いきなりジンジャーにグイっと引っ張られた。
その必死に近づこうとしてる先を見ると、ま、何とも大きな過去に見たこともないような動物が車に跳ねられて死んでいた。
よく見ると、それは針ネズミのような・・・・ヤマアラシのような(ってかヤマアラシって書いておきながら、ヤマアラシって何?とふと疑問に思う)

この自分の住んでる付近、野生動物がたくさん生息しています。
よく道端で車に引かれて死んでいるのは、リス、鹿、スカンク、アライグマ、アルマジロ、蛇、大きな蛙、猫などです。
でもヤマアラシみたいな動物を見たのは昨日が初めて。

自分も近くによってその死んでるヤマアラシを見てみました。
体に大きな損傷はないんですが、どうやらお腹をひかれたのか口から血を出して死んでいました。
自分は「あ~可哀相に」と思い、とりあえずヤマアラシを道の端っこへよけてやろうと思いました。
が!ヤマアラシ=ハリネズミ(同じ物かは知らぬ)
針というだけあって、体中針みたいな物に覆われているんです。
触れない・・・・針ささりそうで。
で、そこで次に考えたのはゴム手袋。
が、たかがゴム手袋・・どう考えても針は刺さるよね。(サボテン状態)
そして、たまたまハリネズミの死んでる前の家が木の処理を最近したようで、何本か太い枝が落ちていた。
それでつついて、道路の端っこまで移動させる?
色々と考えながらも、自分の隣を走り去る車の中から人々が一様に「アニマルコントロールに電話すればいいよ~、来て処理してくれるから」と言う。(多分、この子何も知らないんだろうな~という同情の目で彼らは説明してくれる)
でもゴミ箱行きは可哀相だな~と思う。
そうこうしてる内に20分ぐらいを、ハリネズミと過ごす。
そして、何気に空をボーット眺めると・・・・・
そこには大量のハゲタカなどの大きな鳥が・・・

そう、ここではこういった道路で車に引かれて死んだ動物達はみな自然に戻るんです。
自分は「あ、自分が考えなくても彼らが処理するんだな」と思いました。
この前も近くでリスが死んでいたんですが、それも彼らがきちんと処理してました。
今日、朝同じコースを散歩に行くと、きちんと処理されており、そこにはまだ数匹のハゲタカがウロウロしてました。

そこで思い出したのがチベットでのお葬式。
標高が高いので、人が死んだ際には火葬はできないそうです。
昔テレビで1度見たことがあるのは、亡くなった人をいくつかのパーツに切り裂き、それを自然に返すということです。
つまり、その切り裂いた体のパーツを自然に捨て、それをワシや鷹などが攫って行き、食べると・・・
そうやって自然に人間が返ると・・・
このテレビ番組、大昔に見たことがあるんですが、未だに覚えていたのは自分この番組を見た時に「こうやって土に返れるっていいな~」って思ったからです。

そして、このヤマアラシも土に返ったのでした。
ヤマアラシと書いてますが、ヤマアラシかハリネズミか未だに何かは不明です。
が、針はあったのでハリネズミでしょうかね~???

自分も死んだ時には土に返りたいです。(お墓ではなく)
でも遺言状には何と書けばいいのやら???
[PR]
by ecotama | 2005-10-25 05:54 | ecotama world

水は誰のもの?

今日面白い記事を読みました。
これはテキサスのオースティンでの水に関する定義です。
雨が降ると、その雨水は川に流れていきますよね?
この川に流れる雨水はテキサスのもの。
もし自分の家の庭にバケツを置いてて、それに雨水が溜まったのならそれはその人のもの。
ただし、そのバケツの雨水を川に流すとそれはテキサスのもの。
そして、この雨水の所有権をめぐり激しいバトルが繰り返されております。

ここ数ヶ月、自分が住んでる辺りでは本当に雨が降らなくて干ばつ続きです。
川は干上がり、魚は死に、植物は枯れはて・・・・
本当に深刻な問題になってます。
こんな深刻な水不足にも関わらず人々の生活はなんら変わりません。
自分の庭のスプリンクラーは毎日欠かさず作動させるし、洗車も車がまだ綺麗なのに洗ったり、庭の水の出しっぱなしもすごいです。
cityとしては、色々な事情から水道代を先月から少し値上げしたみたいですが、それに対しての苦情も凄まじい。
家の前にはゴルフ場があるんですが、これもまた水を使うと・・・・

例えば家に植える植物とかなんですが、自分はその土地にあった植物を植えればいいと思う。
そうすると、水を毎日必要とはしないし、その気候に馴染んでるので多少の干ばつでも生き延びる。
でも人は水を多く必要とする植物を無理矢理植え、当然それを維持しようとすれば毎日朝晩2回水をやらなければならない。
自分がもし家を持ったなら、その土地に生息するnative plantsを植えると思う。
そうすれば、植物も幸せだろうし、こっちも余分な手入れや水を与えなくてすむ。
洗車も、車が汚れていればすればいいけれども、もしそれほど汚れていないのならば洗車をスキップするべきだと思う。
もしくは絞った雑巾で車を拭くだけでも結構綺麗になる。

うちの家の前のゴルフ場に関しては、水がなかった際には下水道に流れる汚水を使用していた。
当然、かなり臭かった。
どうせ使わない汚水をただ海に流すよりも、ゴルフ場の草に使用する方がよっぽどよい。
ゴルフ場がだいたい1年間に使用する水の量は、700世帯の水の使用量だと言われてるらしい。

オースティンは最近さらに人口が増え続けてるようで、家も多く建てられている。
そこで人口増加もふくめて、小さなダムのような物を作ろうという計画があるらしいんだけど、そこでホームビルダーとstateが水の所有権で争っているという。
でも、水の所有権というけれども、水を必要としているのは人間だけではないよね?
当然川に住む魚や鳥などの生態系にも大きく影響するわけです。
川の水が少なくなると、バクテリアが繁殖しやすくなるし、そうなると病気になる魚も多く出たり、魚を食べていた鳥達にも影響がでたりする。

水の所有権を話あうのもいいけれども、こういった生態系の事も考慮して話し合ってくれているんだろうか?と少し不安になる。
だいたい水に所有権があったということすら驚きである。(その定義もまた更に驚きであるが)
水の所有権を話し合う前に、自分達の生活での水の扱いを見直すのも大切だと思う。
[PR]
by ecotama | 2005-10-23 10:12 | ecotama world

ごめんね、みみずちゃん

みみず・・・・そう、あの雨の日に出てくるニョロニョロとしたみみず。
雨の日が終わり、次の晴れた日には道路で死んでるみみず。
絶対に自分の中では視野に入れたくなかった、みみずちゃん・・・
きっと皆さんもみみずちゃんの事、お嫌いでしょう?
あまり「うわ~みみずってすんごい可愛い!」って言う人、見たことありません。
そう、みみずちゃんは嫌われ者でした(過去形)。

そして!今現在、自分の中でのみみずちゃんの位置は向上しました。
もう、みみず尊敬します。
もう「えぐ~~」とか「きもぉ~~」とか言ってた自分が情けないぐらい、みみずちゃん、ごめんね。
みみずちゃんは素晴らしい生き物である事を、エコタマ知りました。

今、一番作りたい物、それは何かと言うと。。。

ミミズ箱

ミミズ箱とは何ぞや?というあなた。
簡単に説明しましょう。
ミミズ箱とは要はミミズを利用したコンポストの事です。
コンポスト、皆さんご存知ですか?
これは、枯葉、草、台所から出る生ゴミ(肉食製品や味のついた物は除く)、土、馬の糞などを入れて、発酵させ堆肥を作ると。
日本では、ナショナルなどの家電製品メーカーからも数種類出てますが高い。
ミミズ箱とは、これにミミズを加えたものです。

ミミズがたくさんいる土は栄養分のたくさんある土というぐらいに、ミミズを見ればその土の状態がわかるらしいです。
確かに以前、何かのテレビ番組で「ここはたくさんミミズがいて、いい土の場所ですね~」と誰かが言ってたのを思い出した。
では、このミミズ箱の中でミミズさん達はどう働くのでしょうか?

ミミズって何を食べて育っているのかすら、自分は知りませんでした。
何を食べてると思います?
ミミズは落ち葉や、枯れ草、野菜の屑を食べているんです。
だから、よく秋になって落ち葉の下を見てみると、ミミズが結構いた~っていう場合があったんでしょうね。
なのでミミズ箱は基本的にミミズさん達が生活できる環境を作る事をするだけなんです。
野菜の屑などを食べミミズは生活し、そのミミズの排泄物が堆肥の分解を促すらしいんです。
そして、最終的に液肥となってでてくるのは、野菜屑などから出た水分とミミズさんの排泄物の混合だそうです。
この液は窒素やカリウムを多く含んでおり、元気のない花や家庭菜園の野菜達に与えるとすぐに元気になるそうです。

え~いかがですか?
ミミズさん達はとても働き者だったというわけです。
ちょっとミミズさんへの見方が変わったでしょ?

秋はこのミミズ箱を作るのに適した季節らしいです。
自分は引っ越した後、このコンポストに挑戦したいと思ってます。
結構、高いコンポスト容器を買わなくても自分でダンボール等を使って作れるようです。
ただ、アメリカではコンポストの容器には蓋がついてないといけない等と言った、自治体によっての規制もあるらしいので、そこは1度聞いてみないといけません。

ということで、何か新しい事をやりたいあなた。。。
秋から「みみず箱」はいかがですか?

ミミズばんざ~~~い!!
[PR]
by ecotama | 2005-10-20 05:07 | ecotama world

寒っ!!

昨日からすんごい寒いテキサス。
先週なんか100度とかだったのに、昨日から急に50度。
さ・む・いぃ~~~~!!
短パン&Tシャツから一気にジーパン&セーター&コート。
ついでに今日は寒すぎてジンジャーもセーター着てました。(寒いとブルブル震えるジンジャー)

自分は現在居候の身で、「どうせテキサス秋なんてないし、年がら年中暑いような物だからセーターあんまりいらないや~」と思い、その殆どを引越しやのお兄ちゃんに預けてしまった私・・
今後悔してます・・・どうか返して下さい、私のセーター達。
でもしっかりババシャツは持ってきたので、今のところこれで何とかがんばってます。

そ・こ・で~、今日は冬に出来る健康法(自己流)をご紹介!
特に冬は運動不足になりがちだからね~。

「ん~、ちょっとぐらい運動やってみてもいいかな?(時間&お金にちょっと余裕のある人用)」
ずばりYOGAです!
冬、寒くなって硬直しがちな筋肉をほぐすという意味でもお勧めです。
特に寒い冬、汗をかかず新陳代謝が悪くなりがちなのでBikram Yogaをお勧め。
日本ではホットヨガと呼ばれているらしいですが・・・
これはサウナの中に入ってヨガをやるような感じで、排毒効果もばつぐんです。
約一時間半、26のヨガのポーズをやる。
呼吸から始まって、呼吸で終わる。
やってる間は汗が「ここまで人間汗をかけるのか!」ってぐらい出るんだけど、終わったら爽快です。
体質改善にも効果あり。
年間パスなどを買うと、好きなときに行けて、値段も結構回数を多くいけばお得です。

次「ちょっとぐらい運動してもいいけど、時間とお金がない」
ずばり運動系のDVDを購入しましょう。
これだと時間も場所も気にせずできます。(自分はYogaのDVDにお世話になってます)
Pilates等は、かなりハードです。
ってか最後までついていけるあなたはすごい!!
自分的には結構バランスボール(あの大きなボール)が好きなんです。
え~普段使わない筋肉を鍛えてくれます。

次「え~運動したくないんだけど~(でも犬飼ってる人用)」
言うまでもなく、犬の散歩の時に運動する。
犬にじゃんじゃん引っ張って行ってもらって下さい。
そしてそれに着いていく様に早歩きで、テンポよく。
これを1時間こなしましょう。(犬にもそれぐらい運動させてあげてください)

次「もう運動なんて絶対にいや!」
半身浴しましょう。
お風呂に入って、たっぷり汗をかいて新陳代謝を高めましょう。
その際にはぬるめのお湯に、自分の入浴剤などを入れてゆっくりたっぷり汗をかきましょう。
これだけでも結構カロリーの消費にはなります。

自分は朝、走ってます。
走ってると言っても、ジンジャーは歩いてるぐらい遅いペースで走っております。
昔ある雑誌で読んだ事あるんですが、ジョギングやウォーキングを2日に1度こなしてる人は生理前のPMS等の症状が軽減される研究結果があるそうです。
この時期、ウォーキングはお勧めです。
紅葉でも見ながら、でも早足で!!

最近は色々なダイエット法もありますが、ここ最近アスリートに注目されているのがDNA Diet.
名前の通り、自分の遺伝子情報を基に自分の体にとって何が一番必要なのかを知るダイエット。
最近では数社がこういったサービスを提供しており、だいたい平均500ドルぐらいです。
会社からあるkitが送ってこられ、それで自分の口の中などをこすり、その棒をlabに送る。
そしてその後、専門の栄養士から電話がかかってき30分のカウンセリングと。
そこで「あなたの遺伝子情報によると、あなたの体はB2をproduceできないみたいなので、丸○といった野菜を多く取るようにして、○○のサプリメントは取らないでください」と言った自分にあったダイエット法を教えてくれる。
が、これに関しては19の遺伝子を総合的に見るだけなのでどこまでそれが当たっているのかはまだ不明である。
人間、数億個の遺伝子によってなりたってるんだもん、たった19だけじゃ当然分からないよね~。

でも遺伝子の研究により、それがダイエットにまでいかされる今日この頃。
テクノロジーってすご~いって思う反面、そんなダイエットもいいけど運動しろよ!と思う自分である。

今日のご飯、完食いたしました。
今日も美味しくご飯をいただけて、エコタマは幸せです。
感謝。

写真は1歳時のジンジャー。
セーターを着るとこんな感じ。(セータ2枚、ジャケット2枚所有)
e0052725_1029214.jpg

[PR]
by ecotama | 2005-10-08 10:30 | ecotama world

命の重み

アメリカではよくある週末イベント、フリーマーケット。
自分もチョクチョク足を運んでしまいがち。
そこには手作り石鹸や手作りキャンドル、手作りジャムなど様々な物が店頭に並べられている。
結構手作りが多いのも特徴で、かわいいアクセサリーとかいい値段で発見できたりする。
そこで~、今日はマイケルの姉の旦那さん(ケビン)から聞いた怖い話。

ケビン「今度、うちに遊びに来るときが週末なら、近くでやってるフリーマーケットに行くといいよ」
エコタマ「へ~普通のフリーマーケットとちがうの?」
ケ「いや、普通のフリーマーケット(笑)。でも犬やネコも売ってるから」
エ「は?それは売り物なの?それともanimal shelterとかがadoption dayとかっていうのをやってるっていうこと?」
ケ「いや、勝手に自分達の犬を繁殖させた人達が、パピーを連れて売りに来るんだよ~」
エ「でも売れなかったパピーはどうなるわけ?」
ケ「それがね、ひどい話なんだけど、帰り際になって売れないと分かると飼い主達は密かに地面に穴を掘り出すんだよ、そして誰もいなくなった後にその穴の中にパピーを埋めて殺すんだ」
エ「それって・・生殺し?」
ケ「そういうことなんだろうね~、最近じゃ警察も取り締まろうとしてるみたいだけど、中々誰がやったかっていうのを見つけるのは難しいらしいんだよ」

生まれたパピー、生殺し。
それも勝手に繁殖させたのは飼い主で、そんな「可愛いパピーが見たいわ~」という勝手な犬の飼い主のエゴにより生まれたパピー。
「あ、でも6匹も生まれちゃったのね~、うちじゃ飼えないわ~、誰かもらってくれないかしら?ついでに売っちゃう?」
そして売れなかったパピー、そして殺されるパピー。
人間ってなんて残酷なんだろうか・・・
ま、人間全てが残酷というわけではないけれども、一部のこう言った心無い人間は生きてる資格なんてありません。
お前達が生殺しになってしまえ!と言いたい。

日本でもそうだけど、アメリカでもこういう人達とても多いんです。(特に田舎)
繁殖で金を儲けようとしてるペットの飼い主ほど残酷です。
本当に自分の飼ってる犬のブリードが好きで、繁殖させてる人達は決してお金なんて考えてません。
どちらかというと、ここまで来るともう個人の趣味になり、「いかにスタンダードに近づけるか!」みたいな繁殖になってきます。
自分は基本的にこう言った素人の「パピーがみたいから」繁殖には反対です。
現在、生まれてくる子犬も多いですが、その反目アニマルシェルターで処分される犬の数もすごいです。
なぜ処分される犬をもらわないのか?

ある人の感覚では「処分される犬=悪い犬」と思ってる人も多いんだろうけど、それは全く間違った考えです。
ジンジャーもシェルターから引き取ってきたけど、もう家に来た時には既にトイレの躾もきっちりされており、吠えることもなく穏やかないい子でした。
自分は犬を飼おうと決めてからは、毎日近くのアニマルシェルターを覗きに行きました。
毎日行くと、さすがに「あれ?昨日ここにいた犬は?」という事が出てきます。
当然、シェルターも収容できる犬の数が決まってるので、adoptされない犬をずーっと置いておくわけには行かないのです。
そういう事実を目の前にすると、「あー自分があの子を貰ってやればよかったのかな?」と自己嫌悪に陥ったりします。

ペットを捨てる人は、理由がどうであれ許されません。
その理由も全くもって言い訳としか思えません。
これからのクリスマス時期、親が子供にとパピーをプレゼントする家は多いです。
そしてクリスマスが終わった次の月、アニマルシェルターには普段以上の犬達が収容されます。
それは子供達にプレゼントしたはずのパピー達がやってくるから。
アニマルシェルターで働く人達は、いつもクリスマス後にはブルーな気分になると言ってました。

動物の扱い方を知らない人間、動物を普通に捨ててしまう人間、動物を虐待する人間が親になるって怖いですね。
命の重さをどうやって子供に伝えるのでしょうか?
動物と人間は違うから?
命の重さに動物と人間の違いなんてありません。

これから犬や猫を家族の一員として迎えようとしてる方、是非アニマルシェルターへ足を運んで下さい。
そして、飼った以上共に暮らす十数年、ペットの医療費、食費、散歩など全てを考慮した上で責任を持って飼って下さい。
彼らはヌイグルミではなく、心ある生き物です。
愛情を注げば注いだ分、それ以上の愛情を返してくれます。
そして一生の友となります。

自分はジンジャーに出会えて本当にラッキーだと思います。
今は、彼女なしの人生は考えられません。
彼女にあって、本当に多くのことを学びました。
それは学校の授業から学べるものではなく、心ある生き物同士でしか学べない事。

ジンジャーには感謝してもしきれません。
いつも本当に有難う、そしてこれからもずっと健康でいてね。

写真はジンジャー3歳の誕生日。
この日のご飯は手作り!おにぎりの中にはカボチャと人参を煮込んだ物が入ってて、お肉は既に全部食べてしまった後です。
来年の4歳の誕生日には、何を作ろうか・・・??
e0052725_1403985.jpg

[PR]
by ecotama | 2005-10-07 01:42 | ecotama world