アメリカはテキサスにあるUniversity of Texas at Austinでナース目指して勉強中。日々思う事をかなり適当に書き綴る。目先の目標は2010年卒業。卒業した暁には値段を気にせず美味しい物をたらふく食べたいと願う。


by ecotama
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

カテゴリ:College( 66 )

先週末はひっさーしぶりに近所の友人の家へ行き、ずーっと喋ってた。
最近はバイオロジーとは全く無関係な生活を送る毎日、かなりあのクラスが恋しいと思う。
忙しかったけど、その分充実感みたいなのはすごくあって、終わった後の充実感もこれまた表現出来ない程の物であった。

そして今週からまた学校が始まりました。
自分としてはとりあえず心機一転、気合いを入れて学校に行ったんですけど。。。

すんげぇーつまらん!

今回はFreshman Comp 2で、要はliteratureを勉強するクラスのはずです。
前回のFreshman Comp 1も「ギャクかよ?」と思わせるクラスで、自分的には嫌なクラスでした。
そして今回も再びこんな感じ。今回は更にグレードアップされてるかも。

とりあえずテキスト、ショートストーリを毎日1つずつ読む。
writingはなさそう(書かせてくれー!)
とりあえず家で本を読みクラスへ行く。
生徒の大半は30分とか普通に遅刻してくる、そして挙げ句の言い訳が「今日は私にとっては早い方だと思うんだけど?」
クラスは8時40分から、あなたが来たのは9時20分。

クラスの生徒もだらけてるが、先生もずーっと喋ってる。
とりあえずテキストの内容については20分ぐらい話、その他は人生相談のクラスである。
先生の幼い時代の恋の話、他の生徒の自分の生活についての話。
私、そんな人の人生相談を聞くために350ドルも払いたくありません。
もう払ってるし、今ドロップするとお金が半分しか返金されないからもうドロップしないけど、すんごい嫌気がさしてます。

確かに楽な先生は楽だけど、後で苦労するのは自分だし。
別に人の人生相談を聞くために夏のクラスを取ってるわけでもないし、とりあえず勉強させてくれー!と思う。
特に英語が母国語でない自分にとっては、英語のクラスは一番うざいクラスだけど一番大切なクラスなわけで。。

もうこの学校、まじでジョークな先生多すぎ。
本当にUTSAへチェンジしたい。
確かにGPAすごく気になって大切だけど、それ以上に全く持って何も学べないのも困る。
秋のセメスターもレジスターしちゃったし、春なんて多分引っ越しするだろうし。
この学校には結構幻滅させられる場面が結構ある。

コミュニティーカレッジ、確かに安いけど、自分やったら高いお金を払ってもそれで良い先生にあたって学べるならば、そっちへ行きたいと思う。
どうせローン組むのは同じやし(金額が違うだけで)。

このクラスが8月中旬まで続くと思うとぞっとする。
毎日、学校へ人の人生相談聞きに行ってる自分も悲しい。。。

あー350ドル返してくれ!!
[PR]
by ecotama | 2006-07-13 01:32 | College

Summer I final 終了!

終わった~~~~!!

正直、今何が一番したいかと言われれば昼寝だろう。
5月の終わりから今日まで、睡眠時間1日平均4時間。
先週末から今週なんてゾンビのように生活してました。
先週金曜日から今週月曜日、そして今日と大きなテスト続きで不眠になるわ、ストレス最高潮だわ髪の毛は伸びないわでかな~り疲れました。

このバイオロジーのクラス、本当に楽しかったし今までこんなに勉強したことない!っちゅ~ぐらい毎日勉強してました。
とりあえず頑張ったのでAでした。
先生も良い先生にあたり(厳しかったけど)、ジェフや他のクラスメートとも仲良くなったし。
ジェフは今日から別のクラスがあるので、一足先に昨日ファイナルを受けて自分の学校(彼は別の学校へ行ってる)へ戻って行きました。
最初は大人しかったあの人も、最後には本性をさらけ出し、人に輪ゴムを飛ばしてくるわ、口の中の口内炎を見せて、そのよだれのついた指を人のジーンズに擦り付けたり、落書きはエスカレートするし、ひたすら人のノートにロブスターと書きまくる(ロブスター一緒に食べに行こうという意味らしい)。
ちゃんと好きな女の子の写真も見せてくれてる。
そんなジェフ、今まで見たこともないぐらい純粋無垢という言葉がぴったり似合う少年でした。
「本当に良い子なのよ~」という言葉がぴったりはまる人でした。
とりあえず、彼と一緒に勉強できて楽しかったし、あのクラス自体が楽しかったのでこの夏は苦しくも楽しい夏となりました。
ってか、来週からまた新しいクラスなんだけど・・・・

そうそうこのバイオロジーで体の部分を勉強してた時に、自分がやった方法。
それは、とりあえず先にEnglish dictionaryでその単語を入力。
するとEtymologyが出てくるのね、それをとりあえずチョコチョコっと書く。
例えば、Vastus lateralis(太ももの外側の筋肉)だとする。
Vastusはimmenslyという意味があって、lateralisはsideという意味がある。
こういうのを覚えておくと、後は結構筋肉の場所によってVastus medialisになったりとかする。
バイオロジーやメディカル関係の英語はLatinから来るものが多いので、latinの意味を知ってると少しやりやすい事がある。
自分は今回単語を覚えるにあたっては、日本語は一切使用してない、というのも日本語で覚えるよりも英語で覚えた方が簡単だったから。
なので、その筋肉の名前日本語で何というかは知りません(調べろって?)


こっちで学校へ行き始めてから、今までにないぐらいちゃんと真剣に勉強してる自分にびっくり。
日本で馬鹿学生だった頃は、学校へ行かずバイトばっかりして、あげくお金をドブに捨てたような物だし。
今になって思えば「あのお金が今欲しい!」と後悔するばかり。。。。
ま、後悔ばっかりしても仕方がないのでとりあえず今は目標もしっかりあるので、それに向かって進むのみ。
次の秋のセメスターと春のセメスターは奨学金がもらえることになって、ラッキーって思ったりする。

自分が勉強してる間に色々ありましたね~。
ええ、北朝鮮のミサイル発射。
そんなんに使う金があるんやったら、己の国の民を食わせてやれよ!と思うのは私だけではないはず。
あの国、もう何がしたいのか全くわからへん。
人間、一歩間違って育てられるとああなるんやろうな~と思う。

そして中田選手の引退。
お疲れ様でした~の一言ですね。
これからの人生、彼なりに頑張って行ってほしいです(←すごい偉そうな事書いてる)。
別に中田選手、なんとも思いませんが彼の文章見てちょっと泣きそうになりました。
色々思うところがあったんだな~と。
ある意味、男の美学みたいなのを感じ取ったのは私だけでしょうかね?

私のワカメちゃんは、相変わらずワカメちゃんです。
この色黒さもプラスされてか、最近学校で「ベトナム人?」と聞かれるのは気のせいでしょうか。
決して日本人には見えない。
そして「いや、日本人」と言うと、相手の返事が何故か申し訳なさそうにいつも「Oh, it's OK」と。
何がOKなんかさっぱりわからん。
家の近くにあるメキシカン店のウェイターのお姉ちゃんは「あら~髪切ったの?いいんじゃない?」とわざわざそれを言いにテーブルに来てくれたけど、それが本音なのかはかなり微妙。
当分、ワカメで頑張ります。

今日は家の掃除しやな~、めちゃ汚い。
外は珍しく雨が降ってるし、ジンタマ寝てるしお掃除でもするか~(嫌やけど)

来週月曜日までのつかの間のbreak、掃除で潰れそうです(涙)
[PR]
by ecotama | 2006-07-07 01:16 | College

血を分けたクラスメート

ここ数日はめっきり忙しくて、なかなかブログもアップ出来てない。
来週月曜日はlab examで、火曜日はlecture examなので今週末はもう勉強のみで終わるだろう・・・・
今回はanimal tissue, respiratory system, digestive system, immune systemをやっていて、これは次のAnatomy&Physiologyにも使えそうなのできっちり勉強する。
単語もだんだん本格的に書けなくなってきた挙句、発音できないので先生にわざわざ発音してもらう為だけにオフィスに行ったりする毎日。
こんな私にも、血を分けてくれるクラスメートが出来ました。
その名もジェフ。
そう、隣に座ってる若造。

おとついのLabはBlood typeとRh、そして血圧を測ってみようというものでした。
当然Blood typeというだけあって、自分の血液を搾り出して実験するわけですが・・・
私、痛いのとっても苦手で、特にあの指先に針をプチっとさして血を出すのだけは勘弁してくれ~!状態だったので、ジェフに無理矢理「あんたの血、絞り出してよ」とお願いしたわけで・・・
ジェフは当然「エコタマの血を使うんだろう」と思ってたらしく、お互い譲らず、結局最終的にジェフは自分の血液型を知らないというのが理由と、自分の「男になれよ!」の一言でちょっとプチ切れてくれたのか、渋々承諾してくれました。
それでもどうしても嫌だったのか、なぜかカバンの中からジェフはフロスを取り出し、いきなりフロスをし始める。
そして一言「ほら、ここ。血出てるだろ?これじゃ無理かな?」と・・・

ジェフ君、君は何て不清潔オバカなんだい??

当然無理です。
そしてそのフロスを人のノートの上に置くジェフ。
きたねぇ~~~。(ちょっと血ついたし)

その前にスナック菓子を食べていたせいか、ジェフの指はオレンジ色。
その指先についたスナック菓子のカスを人のジーンズにべっとりつけ、指先をアルコールパッドで消毒するジェフ。
「早くし~や~」とせかす私。
そして渋々、針を指先に持っていき・・・・プチっとやるのかと思いきや他の生徒に「それ痛い?やっぱり痛い?」と聞きまくるジェフ。
そしてようやく決心したのか、プチっと・・・・

血が出ねぇ~~~!!

実験するには全く足りない量。
しょうがないので、もう一度トライしていただくことに。
2回目、ブチッ!

あんたの指には血が流れてないんかいな?

そしてヘルプを呼ぶことに。
うちのクラスには1人、前にarmyに所属しててERで働いていた男子生徒がいて、彼は手馴れた物である。
その彼を呼び「あの、ちょっとジェフの血、絞りだして」とお願いする私。
彼は手袋をはめてやる気満々でやってきて、ジェフの指先をマッサージしつつ血流を指先で停めて・・・・
3回目のブチッ!!

あ、ようやく出た~。
でも血の出具合はあまりよろしくなく、その彼曰く「君、手先よく冷たくならへん?」って聞かれてました。
で、結局ジェフの血液型はO型だと分かり、それはそれで終了した。
彼の血のお陰で、私は自分の血を流す事なくlabが出来たのでした。

そして血圧測定。
当然、その1名の男子生徒を除いては皆血圧の測り方なんぞ全く知らないわけで・・・・
先生は「とりあえず160まで上げてから~・・・」と言って、始まった。
これは別に痛くないので、平気で腕をジェフに差し出す。
すると本人、かなり嬉しそうに人の血圧を測りだす。
すると・・・

めちゃ痛い!

「ちょっとあんた痛いねんけど~」と言うと、「you are such a baby」と一言。
そして圧力を緩めて聴診器で動脈の音を聞いてるが、どうもジェフ、聞こえてないようで動脈の位置を探してる。
そして最終的に見つかった時にはもう40とかだったので、聞こえてないやろ~と・・
すると「あ、もう1回」
この2回目も痛かった~、ってか圧力かけすぎやねん!!

次に自分がジェフの血圧を測る。
自分も動脈の位置がどこなのかよく分かってなく、動脈を探す。
その探してる様子をみて、ジェフは薄ら笑いを浮かべながら「え?RNになりたいんだろ?」と。
「だから学校へ行くねん」とボソっと言い返す。
結局、お互いに最高血圧をか最低血圧がどれか分からずまま終了。

RNの皆さん、どうやって最高血圧と最低血圧を見分けるのか教えてください。
(最初のドクンという音が最高血圧で、音が聞こえなくなった数値が最低血圧ということですか)

その日、家に帰るとやけに血圧測定で使用された右腕が痛い。
よく見てみると・・・

内出血してるし!!

血圧測定も結構恐ろしいな~と再確認する私。

この日のlabだけは、本当にパートナーがいてよかったと思ったlabでした。
最近では心を開いてくれてるのか、お喋り人のテキストのページナンバーの部分に落書きし続けるジェフ。
そんなジェフに一言言いたい。

君、歯医者になりたいんならもっと勉強しろよ!

あ、でもジェフ君、君の血、有難く頂戴しておくよ。
ノートの上に(怒)←フロスでつけられた歯茎から出た血
[PR]
by ecotama | 2006-06-17 02:56 | College

暗記方法

ここ数日、毎晩3時とかに寝てるので、何故かもう疲労と寝不足を通りこして体調がすこぶる悪い。
顔にも吹き出物がブツブツ、目の下はクマで覆われ・・・・
年齢って隠せない!!(特に疲れてるときは)

今週はかなりハードでLab ExamとLecture Examがあった。
自分はVisual learnerなので、Lab examは1問間違えただけで後は全てOKだった。
が、問題はLecture exam。
前のセメスターにこの先生のクラスを取った生徒がいて、彼女曰く「80点とれりゃ良いほうよ~」ということらしい。
先生もテストの前に「僕がテストをする理由は2つ、1つは理解してるかどうかを知るためで、もう1つはテストから何か新しい情報を学んで欲しいということから」と言ってただけあり、そういったcritical thinkingを使用しなければ解けない問題も結構あった。

Lecture examの前日、隣の生徒(顕微鏡を未だに仲良く見続けてる)が「一緒に勉強する?」と言ってきたので、「いいよー」と。
彼はその前のLab examの時にも「一緒に勉強する?」って聞いてきて、「何時ごろに図書館に来るの?」と聞き返すと「夜7時ぐらい~」というお返事だったので、余裕で断りました。
断ると、ちょっと悲しそうな顔をして帰られたた挙句、「昨日図書館で勉強したん?」と聞くと「ううん、結局家に帰ってもうた~」という返答。
そして結局その結果、彼のLab examはかなり悪い結果となり、見ててちょっと可哀相になったので、一緒に勉強することにしました。

人はそれぞれ勉強のスタイルがあると思うのですが、私の場合フラッシュカードを作成して、それから暗記&理解に入ります。
この作成の際、自分は出来るだけその単語や文章に関連した絵や写真を一緒に入れます。
そしてフラッシュカードを何度もシャッフルして、順番どおりだと覚えてしまってる可能性があるのでカードを全部バラバラにして暗記の確認をしていきます。
これは何度も見てるうちに、何気に覚えてくるんですが、基本的に暗記してる最初のうちはノートに5回程その暗記してる内容を文章丸ごと書き写します。
書き写してる最中、声に出しながら文章を読みつつ書く。
これが自分のスタイルです。
そして一緒に勉強してたジェフ(彼の名前)は、ノートを開け黙々と暗記。
どうやって勉強してるのかと聞くと、「1回ノートを見て、それから7回頭の中でその部分を見ずに繰り返す」らしいです。
互いに黙々と勉強する事、数時間・・・「お腹すいたから帰ろうか?」
で、帰りました。

そしてLecture examの日は朝7時半から学校へ来ると彼は言うので、自分は「うちは別に朝苦手やからええわ~」と断ってたにも関わらず、その日の朝きっちり電話がかかってきて「今どこ?」と・・・
実は自分は先生にどうしてもテスト前に聞きたい質問があったので、先生のオフィスに行ってました。
で、もう図書館まで歩いて行きたくなかったので「今先生のオフィスにおるから~」と伝えると、「うん、じゃあ終わったら図書館に来るって約束してねー」と一方的に言い放ち、電話を切られました。
これまたしょうがないので、図書館へいくはめに・・・

そして今日がLecture examの日だったんだけど、結果、かなり勉強したにも関わらずBだったし!!
ただLab examが良かったのと、毎日のクイズで点数を稼いでいるので今のところトータルではAらしい。
が、次にBを取ると、かなりの確立でAの可能性はなくなる。
ということで、次のテストへ一層気合が入るけど、体がついてゆかん・・・・
次のテストはAnimal anatomyで細胞組織の勉強とかで、これまた単語がわからん。
日本語で調べてみると、漢字が読めず漢和辞典を開いてその漢字を探す事1時間・・・
結局見つからず、あほらしくなって止めた。

先週見たX-men3です。
X-men3、かなり面白かったんだけど・・・
エンディングの最後まできちんと見た人いる?
実はエンディングの最後にspecial featureがあって、10秒ぐらいだけやねんけど・・・
「どないやねん!?」っていう終わり方をしてくれたので、今後X-menは続くのがどうかとても気になる。

ということで、おやすみなさ~い!
(夢の中は今は動物の細胞でいっぱい)
[PR]
by ecotama | 2006-06-09 14:10 | College

弱気な私

今週の火曜日からまた学校が始まり(General Biolgoy 2)、何故か毎日テストがあるという過酷な状況が続いていて、寝れてません!!
寝させてくれー!!
毎日2チャプターをカバーするので、1日で暗記&理解する量が莫大で先生も最低限必要な部分だけをピックアップしてくれるんだけど、それでも莫大で。。。
ひたすらフラッシュカードを作りまくり、それを作成後は暗記に入ると。
今やってるのは植物、つまりPlant Anatomyの部分をやっており、単語がややこしく、書いても書いてもスペルが間違ってたり、単語自体が出てこなかったりかなり手こずってる。
こういったBiologyで使用される言語は基本的にLatinなので、Latin自体を知ってれば結構覚えられやすかったりするらしいが、私は知らないのでひたすら書いて覚える。
1チャプターにつきフラッシュカードを最低25枚は作成してるので、毎日これを繰り返して寝る頃になると2時とかになってる。
夢の中までもが植物だらけで、全く寝た気がしない。

今回のクラスは生徒の数が9人と少人数なクラスで、先生も良い先生にあたった。
とうぜん生徒の数が圧倒的に少ないので、友達同士とかでない限りぴったりと隣同士に座る事などない。
私は前列の真ん中の方にちょこんと座ってた。
すると、男子生徒が遅れてやってきて、自分のぴったり隣に座った。
心の中で「他に空いてる席いっぱいあるやーん」と思いつつ、まぁそれはそれでよしとした。
その子はどうもまだLab のtextbookを購入してなかったらしく、見せてあげた。

そしてlabの時間になり、顕微鏡で色々な植物の細胞が入ったスライドを見る事に。
当然、生徒数が少ないので1人に1台、顕微鏡とスライドが用意されてある。
先生が、個人でやってもいいしグループでやってもよいよーと言った。
個人的に、「当然これは皆個人でやるやろー」と思って自分も顕微鏡を取りに行こうと立った時、「じゃ、僕、顕微鏡取りに行ってくるよー」と彼は言った。
「え?」と思ったが、嫌とは言えず「あ、じゃあ自分はスライド取りに行ってくるわー」と何事も無いように振る舞ったが、心の中で「個人的に顕微鏡見させてくれー!!」と叫んだ。
彼はご機嫌で顕微鏡片手にテーブルへ戻ってきて、早速顕微鏡をセットしてくれた。
彼が顕微鏡をセットしてくれてる間に、周りを見渡すと、当然他の生徒は個人的に顕微鏡を覗いてる。
誰もグループでやってないし、何故かうちのところだけグループ(それも2人だけ)。
しょうがないので一緒に楽しく顕微鏡を眺める。
「ほら、この部分が最高!覗いてみなよー」みたいな会話が続く。
それ以来、何故かうちの所だけがグループ扱いになってしまい、先生がユリの花を実験用に持って来た時は、自分たちはセットだから2人で1つの花を差し出された。
他の生徒は1人につき1つの花。
未だに1人でやりたいなーと思いつつ(もう諦めろよって思ったりする)、今更「じゃ私一人でやりたいからー」と言えない弱気な私。
最近では彼と色々と会話しながら楽しくlabやってます、はい。

今日、金曜日の夜だけは勉強しない日と決めてるので、今晩はX-men 3を見に行く予定。
これはどうしても映画館で見やなあかんやろーと思い、見に行く事にした。
個人的に、最初このX-men全く興味なかったんだけど、HBOでやってるのを見てから、がっつりはまった。

今から昼寝します。
あーようやく昼寝できるー、ありがたい。
今週末もまた勉強。
プールとかでのんびりしたいのになー。

では皆さん、よい週末を。。
[PR]
by ecotama | 2006-06-03 03:39 | College

Maymaster終了!

今日でやっと3週間と超ハードスケジュールで取った事を後悔してたクラス(Humanities)が終了!
ハァーこれでやっと寝れる(少なくとも今週末は)。
ファイナルはPresentationとテスト。
テストは仏教とヒンズー教を比較して書けというもので、20分以内で全ての内容をおおまかに比較して書かされた。
仏教についてもヒンズー教についても基本的に何も知らなかったので、色々な発見があっておもしろかった。
私は個人的に無宗教だけど、仏教についてはこれからもっと仏教についての本を読んでみたいと思う程興味を持った。
仏教にも色々な仏教があるんだろうけどねー。

Presentationは先生が与えた選択から自分がチョイスしてそれをリサーチして、それをクラスで発表。
自分は縄文土器を選択。
縄文土器も中学校の時とかに勉強したのをうっすら覚えてるけど、その時なんて勉強する気全くなかったし、自分の国の文化に対して興味なんて全く持ってなかったから何も学ばなかった。
でも今、アメリカに来て自分の国の文化を違った角度から見直してみると、すごいなーって思う事がたくさんあったりする。
それは他の国の古代文化に対しても同じで、一番興味をそそられたのはインカ文明かなー。
クラスの課題で3日前、皆でミュージアムに行ったんだけど、それもすごく楽しめた。
文化の背景を知ってミュージアムへ行くのと、何もしらずただ単に行くのとでは楽しめる内容も変わってくるんだろう。
San Antonio Museumは1点を除いて、後全て展示されてる物は全て本物らしい。
South Americaが近いので、pre-columbianあたりの発掘物がたくさんあっておもしろいので、San Antonioに遊びに来た際には行ってみる事をおすすめする。

おとつい書いた引っ越しだけど、どうも朗報としてなくなりそうである。
あーよかったー!!
もうテキサスから脱出したいのに、同じテキサス内に引っ越しとかもうやめてほしい。
ということで、まだアリゾナの可能性は0になったわけではないので、引き続き希望としてUniversity of Arizona のNursing schoolへ入れるよう頑張る。

今週末は皆さんどこかへお出かけですか?
うちは多分週末はゴロゴロしてそう、最初は近くのGuadalupe Riverへ行きたかったんだけど、なんせ予想される人の数が5千人と聞いて諦めた。
友人カップルとビーチへ行こうか?とも話してたが、これまたわからん。
来週からまた学校なので、ゆっくりしたいと思ったりもするが、ここでゆっくりすると次いつ遊びに行けるかもわからんので、遊びに行きたいとも思う。

それでは皆さん、よい週末をー!!
[PR]
by ecotama | 2006-05-27 01:36 | College

ありえねぇ~

今日は昨日に引き続き、Biologyのクラスのお話。

今日はBiologyの日でした。
皆より一足先にクラスについた私が一番最初に出会った人物、それはBiolgoy DepartmentのChair。
そして彼女は「I need to talk to you guys before the class starts.」と。
あ、やっぱり・・・・今日は絶対に何か起こる!と確信したのでした。

それから10分ほどしてから、PearlとHelenがpaperを持ってクラスにやってきた。
とりあえず3人でももう一度単語のミススペルなどがないかをチェック。
そしてそれにサインする。
そしてそのpaperを3人でとりあえず確認を兼ねてChairの所へ持っていくと・・・
そこには、ChairとDr.Rodriguezが・・・・
「Oooops!!」と言いながらとりあえずクラスに戻った。

別の生徒とも合流し、皆一言。
「I feel so bad for him. I know he is a nice guy, but he is not a good teacher at all.」
そうなんです、その通り。
そして10分後、Chairのみがクラスにやってきた。

そしてやってきて一発目の一言。
You have four options.
え?Rodriguezはどこへ???
もう彼はこのクラスを教える事はないそうです。
そう、即解雇!!
一応、人情深い八方美人の私はこのRodriguezを可哀相に思ったのでした。

私はChairが提案してきた4つのオプションの中から、クラスに残る事にしました。
新しい先生は自分が取りたかったPurcellという先生ということが分かったし。
ということで、来週予定されてたThird Examもキャンセルとなり、例のPresentationもキャンセル!!
そして来週からlabが出来る事に!!
今日はとりあえずlab reportの書き方を勉強。
ってか全く書き方を知らない自分達、とりあえず書いてみるが目茶目茶。
でも先生はそれも理解してたので、とりあえずトライした事に対して今回は10ポイントくれるという。
ま、次からはそれも通用しないだろうけど。

クラスの何人かは最初dropすると言ってたけど、今日このDr.Purcellのクラスを受講した後に「やっぱり続けようかな?」って言ってた。
先生によってクラスって本当に変わる。
自分もすごく楽しみになってきました。
宿題の量は以前に比べて半端じゃないぐらい増えたけど、それでも学べるなら全然OK!

あ~楽しみだ~。
やっとlab出来ます。

それにしてもRodriguez、どうしたんだろう・・・すんごい気になる。
[PR]
by ecotama | 2006-04-07 12:49 | College

Time is money

あ~~~悔しいぃ!!
今の心境を聞かれれば、きっとこう答えるのは間違いなし。
昔の人はすごい格言をたくさん残してくれましたね~。
今一番思うのは「時間は金なり」
その通り!!

昨晩はBiologyのクラスだったんだけど、体調が思わしくなく(すごいアレルギーでした)薬を飲んでもあまり効かない状態だったので、お休みしました。
そしたらPearlから電話があって、「Hey, I have a good news for you!!」というのです。
実はPearlも以前に書いたHelen同様、dropを考えてたらしい。
とりあえずこのまま何もせずにdropするのは悔しいからと、Biology DepartmentのChairに授業内容や講師の事を洗いざらい話したらしい。
とりあえず私達のBiologyのクラスでの問題点はこれ。
1.このクラスはBiology for science majorなのに全くLabをしない 
  →ということはLab reportの書き方など全く学べない。
2.先生がテキストに沿って授業をしない。
3.何故か全ての内容がGeneticに関連付けられてしまい、Genetic courseでもないのにそれに関するresearch paperなど必要以上の事をやらなければならない。

これに対してchairはかなり憤慨したようで、早速手続きを始めるという。
どうして憤慨したのかと言うのは説明する必要もないが、一番彼女を怒らせたのはscience majorなのにlabを1度もやってないこと。
そう、私達生徒はいつも先生に対して「Why can't we have a lab?」と聞いてたわけで。
そしてchairがPearlに担当のprofessorは誰かと聞き、PearlがDr.Rodriguezというと、一瞬無言だったらしい。
するとchairが一言ボソッと。。。

He has already been on probation!!

ってか既にprobationになってる先生をクラスに立たせるな~!!と言いたいのは私だけではないが。

とりあえずPearlの話では、クラス全員の意見が一致してるということで、彼女がpaperを作成し、それに生徒全員がサインをして、そのpaperをchairに提出すると。
そしてそのpaperをchairがDeanへ提出して、とりあえずdropしても全額返金されるということになるらしい。
普通だと今dropするとお金返ってこないんだけど、この場合は full refundになるらしい。
で、PearlもHelenもdropして次のセメスターにもう一度同じコースを取る事にしたという。
私も時間があればそうしたいけれども、今更drop出来ない。
次のセメスターはAnatomyを取る予定だし、もうbiologyは結構です。
何か今まで一生懸命テキストを読んで勉強してた自分がバカみたい~って思っちゃいました。
他の自分達と同じbiologyだけど別の先生のクラスを取ってる生徒達は毎回labがあって、色々と学んでるのに、自分達はテキストからしか学べない。

あ~~~~むかつくぅ!!!

Finalまであと一ヶ月未満。
もうここに来て一気にBiologyやる気なくしました~。
ま、でもとりあえず最後まで頑張りま~す。
ってか最後に1回ぐらいlabやらせろよ!って思ってるのは私だけかも。

Lab! Lab! Labがやりてぇ~~~~!!!

Rodriguezのバカやろぉ~~~!!
[PR]
by ecotama | 2006-04-06 03:33 | College

Where is she???

ここ最近は全く勉強がはかどってないエコタマです。
先週末なんて、普通にサッカー(日本対アメリカ)とか見ちゃいながら、次の日は別の事で忙しかったりとか、体調が悪かったりとか。
もうサンアントニオ、朝は寒いんですが、日中は暑いです。
何故か最近は再び日焼けしてしまいました(ジンジャーの散歩から)。
雪焼けではなく、普通に町中散歩してて日焼け。
まだ2月なのに。

今朝は本当に苦しかったー。
というのも、明け方の3時に突然、そう本当に突然、花粉症のきついバージョンがやってきたんですよ!!
本当に寝てるのに突然何の音沙汰もなしにやってくる花粉症。
それからすごいきついアレルギー症状がでて、寝るに眠れぬ。
今からBenedryl飲むと、確実に朝起きれないから飲めないし。
ということで、朝3時から一睡もせぬまま学校へ行く。
すんごい眠たすぎて運転危ないし。

クラスは8時からFreshman Compositionのクラス。
何故か今日は生徒の数が半分以下、皆体調が悪いのか起きれないだけなのか不明である。
そして先生を待つ事8時10分。
先生教室に現れる様子もない。
その間、皆「早く帰りたいー」とか言いながら、和気あいあいとした雰囲気。
そしてついに8時30分。
もう眠すぎた私は「じゃ、先生のオフィス、見に行ってみるよー」と言って、クラスを出た。
オフィスは真っ暗。先生の気配なし。
誰もいないので、下の階のEnglish Departmentへ行く。
事情を説明すると「あら?連絡なんてきてないわよー。私にもわからないわー」と言われ、結局roll sheetだけもらい、クラスへ帰る。
そして生徒たちに名前を書くように言い、皆帰っていく。

休みならせめて連絡してくれよー!と捨て台詞を吐きながら。

わかる!
だってこの授業なかったら、多分朝9時ぐらいまで寝れたし、ほかの生徒は授業がこれだけの生徒もいるわけだからねー。
それにしても誰も先生の欠席を知らないって、先生に何かあったのか?とちょっと心配です。
(先生お年寄りだから)

今日はmathのテストが返却される。
がんばったので104点!!
104点とかって日本じゃ絶対にありえないでしょ?
普通は100点なんだけど、ここはextra pointをくれる先生が結構いるからそれで104点。
前のmathの先生、グラフ(もち手書き)が左右対称でないと、ちょっと点数とか何気にひいてたけど、今回の先生はグラフが汚くてもポイントさえ書いてれば点数をくれる。
唯一、mathだけが今のところAである。

Biologyなんて、テキストの1チャプター読むのにこの前時間計ってみると、なんと2日かかりました!!(遅すぎ)
それも費やした時間の合計は15時間、それでたったの1チャプターのみ。
(15時間あったら、日本へ行ける)
ありえない!!!
自分はテキストを読みつつ、自分でノートをまとめてるので(先生説明してくれないから)、それで時間がかかるというのもあるが、理解して先に進むまでも所要時間が長過ぎる。
というのも、バイオロジーのテキストは前回のチャプターを知ってないとお話が分からないパターンが多いから。
毎週末バイオロジーに集中してるけど、全く先生のペースについていけません。
(一回で3チャプター、1週間2回のチャプターで4−5チャプター進む)。
ついでに言うと、labなんて全然しないし最近。
理由は「We don't have enough materials to cover this experiment」だそうで、ではlab feeを返せ!と言いたいところである。

あー時間が足りない。。。。そして花粉症でつらい。

ということで、今日も今から再び学校です。
家に帰ってくるのは夜10時過ぎ。

はぁ。。。。眠い。眠すぎる。
皆さん、花粉症には注意ですぞ。
(北の方に住む方々は、雪に注意)
[PR]
by ecotama | 2006-02-15 06:19 | College

motivation


まだテストウィークです。
が、既にバイオロジーとサイコロジーのテストが返却される。
バイオロジーに関しては、extra pointとlab pointでかなり助けられて何とかB。
サイコロジーに関しては、最初からなめてかかったので(ってかかなり手抜きで勉強した)B。
おもしろいのが、何故かどっちのテストも88点だったんだよね~、あと2点!!みたいな。
この結果を受けて、かなり自分の中でmotivationあがりました。
次は必ずAを取るぞ!と。

今日はNursingへ入りたい人用のカウンセリングに行ってきました。
明日テストだから、こんな事せずに勉強しろ~って思いつつ行きました。
いや~行ってよかった。
カウンセラーが色々と説明してくれたお陰で、これまた再びmotivationあがりました。

うちの学校、今現在のセメスターからNursingへ入った人は120人。
応募数は850人だそうです。
倍率でいうと、だいたい7倍から8倍だそうです。
その内の、20%はLVN用の枠なので、genericは残りの80%ということ。
人選する際にPoint systemというのを取り入れてるらしく、GPAがいいからと言って入れるわけではなさそう。
確かにGPAは大きな割合を占め大切だけど、その他のポイントも結構ある。
Maximum pointは7.5。
例えば、Nursingにapplyする際に全てのgeneral courseを終了していればその時点で2pointゲット。
Nursingのgeneral courseはEnglishが2コース、Psychologyが2コース、Microbiology&Pathology, Chemistry, Anatomy&Physiologyが2コース、Ethicである。
現在自分が取ってるクラスはこの内の2コース、Freshman compositionとGeneral Psychology。
で、Maysemester(3週間だけの超ハードコース)にChemistryを取る予定。
夏にAnatomyと取る予定。
で、その後にアプライ出来るか?って思ってると・・・
Nursingにapplyする際に、Microbiologyを取ってるとextra0.5 pointゲット、そしてAnatomy&Physiology2を取ってるとさらに0.5pointゲット。
ということで、こういったポイントを考えると自分は不利である。
どう考えてもacceptされそうにない、が、とりあえず夏にanatomyが終われば1度だめもとでapplyしてみようかと考える。

あ~今日はかなりmotivationがあがったので、テスト勉強かなりはかどりそう。
って明日はmathのテスト。
あ~計算ミスだけはしないように気をつけなきゃ~(すんごい計算ミス多いし)。

目指せGPA 4.0です。
皆さん、がんばりましょう。
[PR]
by ecotama | 2006-02-09 06:43 | College