アメリカはテキサスにあるUniversity of Texas at Austinでナース目指して勉強中。日々思う事をかなり適当に書き綴る。目先の目標は2010年卒業。卒業した暁には値段を気にせず美味しい物をたらふく食べたいと願う。


by ecotama
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

カテゴリ:College( 66 )

何ですと!!!

今日は曇りのち雨、サンアントニオはどんよりした天気です。
普通、冬の雨と聞くと寒くて身にしみるような冷たさの雨を指すのでしょうが、ここサンアントニオ、エコタマは今日も半袖T−シャツにジーンズです。
暑いのか?暑すぎないけど寒くないです。

ここ最近、パンプキンはトイレの場所を覚えてくれたのか、自分でトイレに行きたくなるとパティオへ出て行き、こっそりトイレをします。
えらくなったなーパンプキン。
そして家の中での粗そうは殆ど無くなり、ジンジャーと家の中を走り回る日々が続いております。
犬は犬同士仲良く遊んで頂きたい。
パンプキン、遊びたくなると1人でゴムまりの様に跳ね出す。
そして吠えるのか?吠えたいのか?
口を閉じたまま、ウォォォーーンと雄叫びをあげる。
ジンジャーも暇なのでとりあえず遊んでみるらしい。
パンプキンの病状も抗生物質を飲んでいるからか、血らしき物は見なくなった。

今日はこんなやんちゃ娘2人を家に残し、学校へ行く。
次のセメスターからは新しい学校、そしてこの学校、自分と相性があってないのかやたらにタイミングが合わぬ。
まず学費を払おうと思いコンピューターでログインすると、サーバーがダウン。
このサーバーダウン、この学校本当によくあるみたいで、もうレジストレーションの日なんて最悪でした。
その時点でかなりむかついた、わたくし。

サーバーがダウンしてるので、しょうがなく学校へ行って直接払おうと思い学校へ出向く。
ついでにパーキングパミットも購入しなければならなかったので、ちょうどよい。
そして窓口へ行き「学費の払い込みと駐車許可書」と言うと、「今日はコンピューターが使えないから、3日後ぐらいに来てちょうだい」と一言。
エコタマは「え?でも学校は17日から来年1月2日まで休みですよね?」と聞く。
「ええ、そうですよ」
はぁーーーーーー。。。。。

ええそうですよじゃないだろう!!
自分は1月2日からバケーションでいないので、学校へは自分のクラスが始まるまで行けません。
教科書は?駐車許可書は?
自分のクラスの始まる早朝からそんな手続きしたくないし、本屋で並びたくもないぞ。
この学校、本当に要領の悪い学校。
以前のカリフォルニアの学校ならこんな事は一切なかった。

そしてファイナンシャルエイドのオフィスへ向かう。
なぜなら、充てにしてた奨学金がおりなかったからである。
カリフォルニアでの学校は学費自体が安かった上に、これがもらえたからタダで学校へ行かせて頂いてたようなものである。
そして、サンアントニオ。
オフィスのおばさんにおりなかった理由を聞くと「収入がありすぎるのよー」
「は?それはどのような意味でしょうか?」
そう、サンアントニオはカリフォルニアと違って一般住人の収入のレベルが低い。
ので、自分たちのこの収入、カリフォルニアへいた際は低所得者層に属してたのが、ここへ引っ越してきてからそのレベルに属さなくなったらしい。
その上、この学校の学費もカリフォルニアの学校に比べると高い。
更に、バイオロジーを取ったが為に実験費なる物がはいってきており、やたらに高い。
あーどうしようかしらねー????

今日はせっかく学校へ行ったのに、全く行った意味なし。
カリフォルニアのDVCへ帰りたいなーとつくづく思う。
先生達も皆素晴らしい先生達だったし。(リベラルという意味では素晴らしい)

あ、ところでバケーションですが、アリゾナのサンタフェへ行きます。
そこにある温泉へ行く。
楽しみー、もちろん犬も一緒でございます。
なんか日本を意識した旅館っぽい場所に宿泊予定。
お金もないけど、バケーションぐらいお金を気にせずにパァー!っとやりたい。
とか言いながらも、絶対に後で「あぁー!!!」とか言ってそう。
[PR]
by ecotama | 2005-12-15 06:30 | College

Mr.Lord + Ecotama = NERD

自分を単語で表せと言われれば、真っ先に思いつくのがこの単語。
nerd
そう、わたしはnerdです。
そして最近は、なぜかnerdである自分をたまに誇らしげに思ってしまうほどnerdです。
自分がnerdであるからか、nerdっぽい人も大好きです。

そして何故か学校の先生もnerd系の先生が好きです。
自分が取ったmathの先生で、Lordという先生がいたのですが、彼もまたかなりのnerdでした。
こっちには生徒が先生を評価してコメントするサイトなどがあるんですが、そこでも彼はnerdとして有名でした。
確かに・・・普通の先生とは違いました。
この先生のクラス、一番最初に行った時には50人の生徒プラスaddしたい生徒達で満席でした。
が!次のクラス時には35人に減り、そして何と最終的にこのクラスに残ったのはたったの15人。
皆、このクラスが嫌だった理由は先生がnerdだからという簡単な理由と、90分の授業なんだけど休憩が1度もないということだったみたい。

この先生、喋る声がとてつもなく小さいのでマイク持参でやってくるのですが、何故かそのマイクもいつも不調で「ズゥゥゥゥゥ~~~~」とか「キィィィィ~~~~ン」とかいうあのマイクの雑音独特の音をクラス中に奏でてくれるわけです。
で、毎回その雑音がクラス中に響き渡る度に先生は色々と動き回ってマイクの雑音が落ち着く位置に立とうとするのですが、それも無駄。
で、最終的に何故かマイクを振るとその雑音が収まると・・・・
先生、マイクを左手で握り、右手はマイクと顔に添えるようにして喋ります。
そして毎2分おきに、右手でべたついた髪の毛を整えます。
服装に関しては、何故か毎回同じ服&同じ靴。
たまには違うポロシャツとか着てくるかな~?と思ったりしたんですが、やはり同じ物。
そして、少し寒くなって来た時には、新たにその同じシャツの上からグレーのパーカーを羽織ると。
先生、授業をするので当然喉が渇くと・・・そこで水持参なんですが、何故かもう既に50回は繰り返し使ってる物と思われる水のペットボトルに水を入れてくるんだけど、最初から水はそのペットボトルの5分の1しか入ってないし。
途中で水が切れて、かわいそうになりました。

当然、この先生18歳やそこらの生徒からはおちょくられまくり。
「Lord!今日の授業はもうやめようぜ~」
「Lord!テストは今度にしようぜ~」
「Lord!今日のマイクの調子は最悪だぜ~」
先生、呼び捨て。
おまけに、先生が他の生徒に個人的に説明している際にマイクで遊ぶ生徒・・・・
でも、そんな先生も負けていないのがおもしろい。

この先生、本当にボーナスポイントをたくさんくれる先生で、お陰で自分はAを取れました。
っていうか、先生テスト中に質問受け付けてくれるんだけど、何故か最終的に答えになってるし。
先生、自分の好きな数学の分野の話になると止まらない上に、すごい熱くなり、最終的にはなぜか教室を走ってしまう事もあり・・・・
その際には生徒一同唖然としてました。

自分も来月にはSpring Semesterのレジストレーション開始です。
あ~またこんな先生にあたりたいな~と思う今日この頃。
アメリカの学校で、先生選びって本当に大切だな~って思いません?
ちなみに次のセメスター、自分が取ろうとする科目は:
Freshman Composition
General Biology
General Psycology
College Alegbra(←これは取る必要なかったけど、一応取っておくことにした)
の計13unitです。
朝が一番苦手なくせに、朝8時からのクラスを取る予定で、月~金まで学校。

あ~楽しみ~~~。
勉強ばんざ~~~い!!

それにしてもNursingへ行くまで、本当に長いわね・・・・(ため息)
いつになったらNursingへ入れるのか????
[PR]
by ecotama | 2005-10-21 03:15 | College

交渉人、エコタマ

アメリカ、この国にはルールはあってないようなものである。
要は交渉次第で何とでもなるのがこの国のいい所であって、悪いところでもある。
そして今日、わたくし、エコタマはこの国で交渉人として成功したのである。
そう、その交渉内容とは、噂の学校である。そう・・・

単位が認められる事になりました(吉報)!!!

むかつく~と叫んだあの日から2日目にして、交渉の成果あり。
自分としてはどぅ~しても時間の無駄をしたくなかったので、交渉人エコタマとなる決意をしたのでありました。
そこでしょぼ~い交渉内容をご披露。

1.カウンセラーにメールで以下の物を添付で送る。
  *自分が過去に書いたエッセイ数種類
  *カリフォルニアの学校でのクラスの説明文(要はこのクラスは○○をします~みたいな詳   細を書いた物)
  *そして自分には引越しが多すぎ、今回のようなケースが出てくると困る事を伝えたうえ     で、Nursingへ行きたいので時間がないと説明。(もうここまでくりゃ必死)
  *そして自分がいままで取ったクラスを担当していた先生のメールアドレスを教えておく。
    (メールでコンタクトして自分の取ったクラスについて質問があれば~という意味で)
2.カウンセラーに何とかAdmission Officeにこれを単位と認めてもらえるように協力願う。

たったこの2つです。
そしてカウンセラーからの返答は。。。

単位が認められましたので、テストもいりません!!

素晴らしいぃ~~~、この国はこんな適当な交渉次第で不可が可になるのか!!!

そう、自分は何だかんだ言いながらもちゃっかり店では値引きをしてもらったりしている。
エ「このコーヒーポット、ちょっと傷がいってますよね?」
店員「ええ~そうですね~」
エ「他に在庫はありませんか?」
店員「今のところ、在庫がないんですよ~」
エ「しょうがないですね~、それじゃあこれを50%引きで売ってもらえませんか?」
店員「50%オフですか。。。そうですね、しょうがないですね。いいですよ」
そして自分はこのコーヒーポットを半額オフから、さらに20%引かせた70%オフで購入。

しかし自分は交渉人としては不向きである、なぜなら

短気だから。

特に電話でのクレームに関しては、顔が見えない分余計に短気になりがちである。
あの電話のたらいまわしだけはたまらない(アメリカに在住の皆さんなら経験ありますよね?)
そして毎回同じ内容を一から話さなければならないあの面倒くささ。。。
かわいそうに、一番最後に自分の電話をとるはめになった人にはとりあえず最初に一言断って「ごめんね、あなたのせいじゃなくて、あなたに対して言うんじゃなくて、あなたの働いてる会社に対してだから」と前置きをし、それから文句全開である。
が、文句を言ったところで、彼ら彼女達の仕事はクレーム対応。なれたものである。

そういや、自分が営業してた時はお客さんからのクレームの電話をとりつつ、お菓子をぱくついてたり、絵を書いてみてたりしてた記憶がよみがえってくる。
こうやって人は人のクレームを適当に聞き流すのであろう。。(自分を含め)

さ、皆さん、アメリカで生きていく以上、クレームはしっかりしましょう。
そしてこの国は交渉次第で何とでもなるという事をお忘れなく。。。(いい意味でも悪い意味でも)
[PR]
by ecotama | 2005-09-17 06:15 | College
むかつくぅ~~~~~~!!!


今日の1日を言葉に表せと言われれば、この一言に尽きない。
そう、今日は最悪だった。

早朝より(自分にとって早朝なだけ?)San Antonioの自分の希望しているCommunity Collegeへ出向く。
理由は2つ。
1.Residency statusを確認すること
2.Counselingを受ける事。

今住んでる場所からこの学校までは車で1時間30分もかかった上に、駐車場は全くなし。
で、とりあえず近くの公園に車止めて、administration officeへ行きました。
「Residency statusの確認なんですが~」
「はいはい」
「え~テキサスへは最近引っ越してきて、それも旦那の仕事がミリタリーなので(ミリタリーの場合、1年以上住んでなくてもresidency扱いとされる)、自分のtuitionは当然residency扱いになるんですよね?」
「え~それには、旦那さんにこのフォームを書いてもらって、ついでに旦那さんの所属する部の部長さんからこの紙にサインしてもらってきて、それを提出して下さい」
「は?military orderのコピーじゃダメなんですか?」
「え~うちはmilitary orderのコピーはいらないんですが、その用紙が必要なんです」
「はぁ~。じゃ、とりあえずこの紙もらってかえりますね」

ってか旦那と連絡取れるの11月初旬まで無理じゃ~~~ん!!!!
Residency扱いじゃなかったらお金払えない~~~~~!!


ここでまず意味も無く自分の旦那を恨んだのである。

それからCounseling Officeへ出向く。
以下は今日なされたCounselerとエコタマの会話である。

「今日はどのような事でカウンセリングを?」
「とりあえずこの学校へは初めてなので、カウンセリングを受けないとregisterできないと聞いたので」
「あ、そうですか。(そしてエコタマのstatusをチェック)前行ってらっしゃった学校からのtranscriptは今日こちらに届いてるようですね~」
「ええ、そうみたいです」
「ですが、まだコンピューターに入力されてないので、ご自身でtranscript持ってらっしゃれば見せていただけますか?」
「ええ持ってますから。これです(transcriptをカウンセラーに渡す)」
「あ~。。。。。(ため息)」
「え?何か?」
「学校はカリフォルニアだったんですね?う~~~ぅん。。。」
(心の中で、何か言いたいんなら早く言え!!と思いながら待つ)
「言いにくいんですけどね、多分このカリフォルニアの学校で取られたクラス、こっちの学校で通用するかっていうと、そうではないんですよ~」
「は?(ここで突如怒りの表情になる自分が分かる)」
「ま、まだテキサス州内の学校ならよかったのかもしれませんが、out of stateとなると、最初にtestを受けてもらって(English, Math)、それでクラスを決めるしかないですよ」
「今まで取ってきた自分のクラスは全て意味がないと???」
「う~ん、それに近い状態ですね」
(え~自分はこの地点で意識不明の重体に近い精神状態となった)
「仮に、エコタマさんが当校のテストでこのレベルと認められた場合、そのクラスを既に取ってらっしゃってももう一度取っていただくことになります」

それじゃあ言わせてもらおう。。。。

同じ国の中で、違う教育レベルを設けるな!!!

そして。。。

自分の費やした時間とお金を返してくれぇ~~~~(特にFischerのクラス←ショウちゃんならわかるよね???)

このGPAを保つために、どんだけ苦労したと思ってるんだい?
英語が苦手な自分にとってはそれはとても大変なことなんだよ。。。
特にNursing希望の自分としてはGPA命だから、影ながら人知れず努力してるんだよ。。
風邪をひいた日も、熱のあった日も、学校へは休まずへ行ったんだよ。。。

む か つ く ぅ ~~~~~~~!!!!

あ~、こんなSan Antonio Community Collegeなんて

大嫌いだ~~~~~~!!!

10月から予定してたオンラインコースもすでに満席で取れず、ついでにアセスメントテストを受けろ?

え~怒り津々です。

こんな不利な事が世の中にあっていいのでしょうか?
それも同じアメリカなのに。。。
皆さん、どう思われます???

ってか、「お前がテスト受ければ全てすむことじゃん」とお思いでしょ?
が!テストの点が悪けりゃ、以前にとった同じクラスの取り直し。(それもそれはAを取ってるから、なおさらとりたくない←Bになるのが怖いから)

今日のテキサス。まさにアルファベットで書くと。

TEX-ASS
[PR]
by ecotama | 2005-09-14 06:28 | College

Nursing

自分は何故今学校に通ってるかというと、nurseになりたいから。
この職業と自分は不思議な縁があるのか?とたまに思ったりする。
三十路前にして、今更なぜ勉強もハードなnurseなのか?と自分でもたまに思う。

nurseになりたいと思った一番最初の時期は高校生の時。
が、高校は普通科ではなく国際科にいた自分は高校では英語の授業しか受けていないと言っても過言ではないぐらい、その国際科のカリキュラムの中には化学もなけりゃ物理や生物学、数学もなかった。(かと言って英語ができたかと言えば、それは違った中途半端な状態である)
高校1年の1月から高校2年の12月末まで留学し、帰って来たら早速受験勉強である。
その際自分は環境や動物学を勉強したかったが、先生の一言で終わった。
「あんた理系でもないのにどうして理系を受けられるの?」
確かにそうだわー。。理系とかって言うよりも数学も生物学も何もやってないじゃないかー。
そこで自分は普通科で生物を教えてる学年主任の田中先生に「放課後、生物を教えて欲しいねんけど?」と言いに行った。
先生は「他にも受験する子ら何人かおるから、まとめて教えたるわー」と言ってくれた。
そして本も買いわくわくで行くと。。。ついて行けなーい。。
基本中の基本が分かってないので、大変だった。
田中先生曰く「やっぱり英語一本にしぼって受験した方がええんとちゃうか?」でした。
しばらく妥協できず、マイペースながらも生物系を勉強し続けた。
というよりも本を眺め続けただけだろう。

そしてある日学校の掲示板に自分が産まれた病院の付属の看護学校への推薦入学の応募要項を目にした。
自分は「これだ」と思い、早速その担当の先生に会いに行くと即却下された。
というのは必須科目が足りないからだったらしい。。。数学、生物、化学。。どれもやってない。
そしてその推薦枠は自分の知り合いの普通科の子がさらっていった。。。彼女とはその後何故かその病院でちょくちょく会う事になった。これも縁である。
そうして、自分のnurseの夢は一旦ここで終わった。

数年経過して、自分が結婚を機に渡米し英語を勉強しに軽い気持ちで学校でも行くかーと思った時に「え?アメリカは最初から勉強できるの?」と驚いたのである。
確かにnursingに入る前は必須科目が色々あるが、それを自分が今取れるのか!と思うとちょっと嬉しくなってきた。
あの高校時代、自分が国際科に属していた事を後々どれだけ後悔したか。。。
あー、でもまた勉強できるー!!
そして再び学校へ戻り自分の本来の夢を実現すべくがんばるのである。

でも自分が決定的にnurseになろうと思った理由は悔しかったから。
自分の祖父は院内感染で亡くなった。
それも感染するまでは「明日退院ですねー」なんて言われるぐらい元気だったのに。
祖父と同じ病棟にいた人も院内感染したようで、その方も元気だったのに急に個室に移動していった。
祖父の院内感染を病院側は必死で隠した。
そしてカルテの提示を求めてもカルテを提示しようとは一切しなかった。
が、ある時看護婦の若い女の子が何かをとりにナースステーションに戻った際に、こっそり祖父のカルテを見た。
すると院内感染に+と記載されてあった。やっぱりそうだったんだ。
最終的に医者をとことん突き止めるとそれを白状した。それも祖父が死ぬ数日前の事である。
自分はとてもその病院の体制もゆるせなかったが、それ以上に悔しかった。
祖父の肺のレントゲンを見せてもらっても、確かに影が肺の全体を覆っているのは分かるけどそれ以上の事はわからない。
医療用語を出されれば、よくわからないがうなずいてしまう。
自分は病んだ人を助けるための施設が、人を殺してしまうのはおかしいと思う。
院内感染がわかって祖父が感染してると最初から言ってくれれば、自分はそこまで怒らなかったんだと思う。
人間、誰しも間違いをおこすし、予想外の事で対応できない事もたくさんある。
でもその事実を隠され続けて死んで行った祖父は可愛そうだ。

Nurseの仕事は本当に精神的にも大変だろうけれども、それだけに自分に戻ってくる心の充実感も大きいのではないかと思う。
将来的にはどこか発展途上国でボランティアとして働きたい。
いつRNになれるのかは分からないけど諦めないでがんばろうと思う。
[PR]
by ecotama | 2005-08-25 03:43 | College

Where are you from?

自分の行ってるCommunity Collegeはとてもinternationalである。
一番最初に取ったESLのクラスの授業中、当然最初は自己紹介である。
そこにはアメリカに来た経緯や、どこの国から来たのか?そして何の為に学校に通ってるのか?などを説明するものである。
大抵の国の名前をあげられても分かる自分だが、たまに I'm from ○○。。。その○○ってどこにあるねん?と頭の中で思いながらも、その子にはそこが地球上どこに存在してるのか聞けない。。。
何故かそれを聞いてしまうと失礼か?と思ってしまう訳のわからない自分がいたりして、家に帰って地図で調べようとしても、その国名すらでてこない。

この学校がこれだけinternationalなのは、自分の住んでいる場所柄でもあるのだろう。
サンフランシスコ付近はとてもinternationalで、自分がminorityだと感じた事はない。
ここは移民が移民として堂々と生きていける場所ではないだろうか?

ESLの最後の授業の時にクラス全体でPot-luck Partyを開いた。
まーなんとこれまたinternationalなことか。。。
一番喜んでいたのは先生で、その日はパーティー半分、テスト半分という予定だった。
生徒としては頭の中で勉強してきた事が忘れないうちにテストをしてしまって後でパーティーを。。と考えていたのだが、先生としては目の前のinternational foodを無視してテストは出来なかったようで、「料理がさめる前に食べましょう」の先生の一言で全てが終わった。
これが好きでESLの先生を辞めれないという先生結構いるようでおもしろい。
それまでアフガニスタン料理なんて食べた事もなかったし、パナマ料理とかなんて聞いた事もなかった。
皆、自分の国に誇りを持ってて、自分の国の料理を持ってくる。
自分はその日、肉みその入ったコロッケを持っていった。
が、よく考えるとイスラム教は豚は食べれないんだった!!ちょっとしくったーって思ったけど、まー食べれる人だけ食べてねって事で、結構皆おいしいと言って食べてくれた。

ESLの先生が「これがESLのクラスを教える事のメリットなのよー」と言った時、自分もその意味がわかった。
ESLは自分が取ったクラスの中で一番楽しいクラスだったし、おいしいクラスでもあった。
[PR]
by ecotama | 2005-08-24 03:41 | College