アメリカはテキサスにあるUniversity of Texas at Austinでナース目指して勉強中。日々思う事をかなり適当に書き綴る。目先の目標は2010年卒業。卒業した暁には値段を気にせず美味しい物をたらふく食べたいと願う。


by ecotama
カレンダー

<   2005年 09月 ( 23 )   > この月の画像一覧

鳥インフルエンザ

え~今日もNational Geographic第2段!!
くどいって?くどいよね~・・・でも書いちゃいます。
今日のお題はずばり「冬に備えろ!」です。

え~今月号の特集はずばり「Killer Flue」、言い換えれば「鳥インフルエンザ」です。
きっと一度は耳にしたこの「鳥インフルエンザ」。
若い人達にとっては「たかが、インフルエンザじゃ~ん」と思うでしょうが、これは違います。
あまり過去にないタイプのfluです。
詳しくはNational Geographicを読んで下さい。(詳細は省く)

これを読んで思ったのは、とりあえず・・・
これもきっと自分達が今まで動物達にやってきた事が間違ってる!!って証明してるんだわ~です。

皆さんが口にしてる牛肉、豚肉、鶏肉等の殆どには飼育過程でホルモン剤、着色料、抗生物質などが普通に使用されています。
そしてこう言った肉となる家畜は基本的にあまり運動させられず、病気にならぬように薬漬け状態にされちゃいます。
怖いですね~。
特に需要の多い鶏肉に関しては、鳥自身インフルエンザにかかると死んでしまうので、抗生物質などが鳥達の餌に混ぜられます。

人間もそうでしょうが、毎日必要もなく抗生物質を飲んでいたらどうなるでしょう?
当然、人間が本来持っている自然治癒力というもの(つまり免疫力の低下ですね)が低下し、逆に病気にかかりやすくなりますよね?
自分はこの原理は鳥にも当てはまると思います。

鳥インフルエンザは本来、鳥にだけ発症するものであって人間には感染しないと考えられていました。
それと同じく人間のかかるインフルエンザには鳥はかからないと。
面白いのは豚に関しては、鳥からも人間からもインフルエンザをもらうということです。
記憶に新しいと思いますが、中国やベトナムで大量の食用に飼育されていた鳥が処分されましたよね?
何故なら政府はこのインフルエンザのウイルスが鳥から感染した物だと突き止めたからです。
生き殺しとなる鳥も悲惨ですが、それ以上に家畜で家族を養ってる人達には大きすぎるダメージです。

本来、家畜に抗生物質やホルモン剤なんて与える必要は全くなかったのに、生産性をあげるため、見た目を綺麗にする為にやたらに余分な添加物を餌に混ぜ、それを家畜に与えた結果がこれだと自分は思うわけで・・・
それにストレスによって免疫力が低下するのも大きな原因でしょう。

そこで、エコタマは以前より密かに計画していた事を実行します。

え~動物肉は今後一切食べません!!!(昨日から実行中)

元々お肉を食べると体の調子が次の日悪かったりしてたので、「なんでだろう?」と考えたりしてたんですがね~。
なので旦那のいない時は、肉はず~っと食べてなかったりしてて、そういう週はとても体の調子が良かったりするんですよ。
卵や乳製品に関しては、卵はorganicでcage freeの物を、乳製品に関しても同じです。
基本的に乳製品はあまり取らないのですが。

食用肉として生きるだけの家畜なら、それまでに精一杯幸せに育ててやれよ!と思うのですが、そういうわけにもいかないようで、家畜達は一生小さな小屋で運動する事もなく生きます。
そしてこう言った家畜達はストレスを溜めたまま肉にされ、自分としてはそのnegativeな彼らの気が肉を通して自分の体にも入ってくると思うんです。(もうここは凄いエコタマワールドになっちゃってるわ)
思いません?
マッサージでもそう。
マッサージしてくれる人がPositive energyに満ちた人なら、自分の体も元気になるけど、逆にその人がNegative energyが多い人なら、自分の体にもその人のnegative energyが入ってくるわけですよ。(これは自分で体験済み)
多分、敏感な人なら分かるでしょうが・・・・

そこで提案。
お肉を食べるなら、なるべくOrganicでRange freeにしましょう。
そしてホルモン剤や抗生物質の与えられていない、Happy家畜を選びましょう。

あと、インフルエンザに備えては、ユーカリオイルを一本持ってるといいですよ。
殺菌力の強いユーカリオイルはアレルギーにもいいし、インフルエンザの予防にもいいです。
冬に備えて1本ご購入をお勧めします。
[PR]
by ecotama | 2005-09-30 07:43 | ecotama world

象のハナコ(in Thailand)

象のハナコは虐待されていたのか!?
象のハナコとはエコタマがタイへ行った際に乗った象である。
タイへ行った事がある人なら理解できるだろうが、タイ=象というぐらいにタイに行くと必ず象に乗ってツアーとかがたくさんある。
自分はチェンマイに行った際に、3日間Golden Triangleをトレッキングし、2日目は僅かな距離だけ象さんに乗って移動でした。
その際の象の名前が何故かハナコで、象使いのおやじは何故か「♪ぞうぅ~~さん、ぞうぅ~~さん」と歌うのであった。
象さんたちはとても可愛かった。
自分がこの象さんに乗ったのは自分が21歳の時でした。(その時代はバックパッカーで放浪してた)

そして今日最新版National Geographicが届いた。
そして何気に読んでいると。。。タイの象について書かれた記事を発見!!
そう、タイでは象が国の象徴となっている反面、象を虐待したり過酷な労働環境で無理矢理働かせたりと明るみにでない暗い話題が多い。
今回の記事もそんな象の生活について書かれたものだった。
自分はその記事を読んだ瞬間「あ~、なんて事を。。。」と自己嫌悪に陥りました。

タイでは年々象さん達の数が激減してきています。
タイにいる約半分の象さん達は観光業に就いてます。
これは主に、プーケットやサムイ、チェンマイ等と言ったメインツーリストタウンで観光客が象の背中に乗ってツアーできたり、または象が芸をするのを見たりという事です。
そして残りの半分はタイでは違法とされている森林伐採の際に重たい木々を運搬する用に働かせれております。
この場合、象さん達はとても過酷な労働条件の中で働かされ、象さんが妊娠中でも構わず働かされます。

そしてある象さんの物語。
その象(メス)は森林伐採の木材現場で働かされていました。
過酷な労働条件の中、食べ物もろくに与えてもらえず、脚は鎖で繋がされ、言う事を聞かないと鞭で思い切りたたかれていたのです。
その象は妊娠しました。妊娠していたにも関わらず、働き続けされました。
そこで象は反抗期に入ります、それはお腹の子供を守るためです。
象は一歩足りとも動きませんでした、それに腹を立てた象使いがその象の片目を枝でつついて失明させました。
しょうがなく象は再び働き始めました、案の定その象は子供を流産してしまいました。
その象はその怒りを象使いへ向け、大きな象の鼻先でその象使いを投げ飛ばしました。
象使いは腕の骨をおりました。
怒り狂ったその象使いは次にライフルを持ち出し、その象のもう片方の目を打ち抜いたのです。
そして彼女は完全に両目とも失明しました。
幸いにも彼女は心あるタイ女性(彼女はボランティアで虐待されている象や他の動物を助けている)に救われ、今はチェンマイ北部の像の保護区で静かに暮らしています。

観光業に使われる象も同じです。
彼らは芸をしこまれ、それを覚えられないと竹で脚をつつかれたり鞭で叩かれたり虐待されています。
赤ん坊の像たちは生まれて直ぐに、無理矢理母親像から隔離され芸をしこまれますが、当然母親といる期間がとても長い象の子供にとってはそれは計り知れないストレスで、それによって死んでしまう赤ちゃん象も多くいます。

自分はサーカスには大反対です。
動物は芸をするために生まれてきた訳ではないし、人間に使われるだけに生きてきたのではありません。
これはタイの象もそうですが、水族館で飼われているシャチやイルカに関しても同じでしょう。
要は全て人間のエゴですね。
犬や猫に関しては、既に人間と一緒に生活してきた歴史がとても長いので彼らもそれに対応してしまっているのでしょう。
ですが、爬虫類や大きなネコ科(ピューマ等)や猿をペットとして飼うのは間違ってると思います。
普通にこうい言ったペットが日本ではペットショップで売られている事自体、日本のペットブームの異常さを感じさせます。
そこに何の取締りもない、規制もない日本にも幻滅します。

話は戻って、タイ経済は観光業から得る収入が大部分をしめます。
確かに象を観光業に使用するのを禁止するのは簡単でしょう。
ですが、それで職を失った象はどう生活すればいいのでしょうか?
多くかかる象の維持費、当然現在は象達自身が自分達の稼ぎでまかなってますが、職を失えば食べ物すらなくなります。
無責任な人間達はきっと像を殺してしまうでしょう。
象の保護区と言っても、限界があるでしょうし、全ての象がそんな狭いエリアで生活できるわけがありません。

あ~こんなことでどんどん自己嫌悪になっていく自分。
自分には何が出来るのか?
この文章を通して、こう言った観光業で利用されている動物達の現状を1人でも多くの人に知ってもらう事ぐらいしか出来ない。

もうこんな話ばっかりだと人間不信になります。
もともと、人間は嫌いだけどね。。。
今日はとても考えされられました。
悲しすぎる。。。。
[PR]
by ecotama | 2005-09-29 03:25 | ecotama world

世界共通の話題とは?

世界共通の話題と言えば?何を思い浮かべるでしょう?
そう、ずばり、世界共通の話題と言えば、下ネタでしょう。(言語を問わず)
これに関してだけは、何故か他国語であろうと皆すぐに覚える。
何故だろうか????

うちの旦那(マイケル)は日本に来た時には全く日本語喋れませんでした。
が!何故か下ネタの単語だけは既に知っていた。
どこでそれを覚えたのかと聞くと、学校で。。。
マイケルは日本の高校で英語を教えていたから、生徒がよく下ネタ系の単語を教えたらしい。
ま、どこにでもある話。

が、うちのマイケルはその覚えたての下ネタをどうしても使いたいのか、その下ネタをエコタマの母に言うのである。
(一時、大阪でマイケルはエコタマ一家と同居してたのである)
その時の会話はこんな感じ。
マ「お帰り~おっかさん(何故かお母さんではなくおっかさん)」
母「あ~ただいまマ~ちゃん」
マ「あのさ~・・・○○○!!!ウフフ」
母「・・・・(唖然)マーちゃんそんな単語どこで覚えてきたん?まさか、エコタマから習ったんとち ゃうやろうね?」
エ「うちやったら、もっと奥深い下ネタの単語教えるわ~」
マ「今日ね~学校で生徒から教えてもらった。」

普通、嫁の母に対して普通に下ネタの単語を大声で口にする旦那がどこにいるのか?
マイケルは言うのである。

そしてその他にも、風俗関係の看板や配布されているティッシュからマイケルは色々と単語を学ぶのであった。
そして母も知らぬ下ネタ単語を披露するのである。
母はこのアメリカ人から下ネタを数単語習ったのである。
母は英語を教えてもらいたかったのに、何故か教わったのは下ネタ単語(それも日本語)である。

そして現在、マイケルは他のアメリカ人にこの下ネタ単語(日本語)を色々教えているのである。
彼の最近の口癖は「マイケルさ~、もうクソオヤジになってるよ~」
(現在マイケルは日本語ペラペラです)
クソオヤジを誇らしげに語るアメリカ人、マイケル。

国際結婚されてる方、こんな経験ありませんか?
うちがおかしいだけなのか!?
[PR]
by ecotama | 2005-09-28 04:24

異常気象(テキサス)

今日はバイト初日です。
そしてそのバイト先で火傷しました。
え?バイト先はレストランなのか?って?違います。
バイト先は主にポーランドからの輸入品を売ってる店です。(オーナーがポーランド人だから)
じゃ、何で火傷したのか?って?
それはね。。。

店のドアノブを握って火傷しました!!!

テキサス(Austin付近)の昨日の気温は108F。
そして今日も108F。。。。
これって摂氏に換算しなおすと、42度ぐらいです。
もう9月も終わりだっていうのに、テキサスは異常気象みたいで未だ夏日です。(ってか夏より暑い?)
気候のいいサンフランシスコから引っ越してきた自分としては、やりきれない。。。
そして帰り際にも再び火傷。

車のハンドル握って火傷しました。

なので手にアロエを塗っております。
それも手のひらだから痛いのよ。。。

バイト初日、来た客は3人!(うち1人はマーティー)
営業時間は11時から5時まで。
朝は色々と店の中をウロウロしてdisplayを変えてみたり、掃除してみたりした。
でも時間が経たないのよね~、なのでジンジャーと遊んでみたりしたけど、ジンジャーは家に帰りたそうでした。(犬的にもかなり暇だったらしい)
そして指輪のシルバーを磨いてみたり(全部磨いちゃった暇だから)、店の中に居たコオロギを捕まえてみたり。。。
そしてラジオを大音量でかけカラオケ状態にしてみたり。。。
お!客が来た!と思いきやマーティーだし。
マーティーは喋りだすと長いから、さっさと店から車へ連れ戻す(ジンジャーも一緒に連れて帰ってもらう)。
それから自画像を描いてみたり、ジャーナルをつけてみたり。。とその時。
母と娘の2人組みのお客さんが来ました。

そして母とエコタマの会話
母「この店初めてなのよ~」
エ「私も今日が初出勤日なんですよ~」
母「あら、あなたこの町に住んでるの?」
エ「ええ、最近カリフォルニアから引っ越してきたんです~」
母「まぁそれはお気の毒に(何故かお気の毒)。どうこの町は?慣れるの大変でしょ?」
エ「ええ、そうですね~、こんなに小さな町住んだ事ないので」
母「お店も暇でしょ?可哀相にね~。」
エ「暇なんです。。。。」

何故か客に慰められてる自分がいた。。。

そして今日の売り上げは当然です。

金曜日は何をしようか?
暇つぶしのアイデア募集中。
[PR]
by ecotama | 2005-09-27 10:06 | Texas

Masters of War

Masters of War、Bob Dylanの曲です。
が、Pearl JamのEddieがカバーしている方がよっぽど気着心地はよいです。
是非、一度この曲聴いて見てください。
そう、この曲はずばりMasters of Warについてです。
最初この曲をEddieが歌っているのを聞いた時、思い浮かんだ人物数名。。。
そう、噂のBush政権の人々である。

自分は思った。
この世の中、何が正しくて何が悪いのかなんて要は個人の価値観で決まるものだと。
Bush達は自分達が正しい事をやっていると心底思っているんだろうか?
それともそれはただ金の為だけにやっているのだろうか?
大統領として、一国の長として、死にそうになってる国民1人の事を考えた事があるのか?
イラクを侵略するからには、本人も現地へ赴く勇気があったんだろうか?
自分が自ら人を助けようという気持ちはあったのか?

絶対にないね。

そう、この記事(http://hiddennews.cocolog-nifty.com/)を読んでも分かるように、彼はお前の国の市民が1人苦しみながら死のうとしてるその瞬間にも豪遊してたのだから。
確かにそうだったね~、お前達の娘も。
イラク戦争が始まった日、自分がアルバイトしてたJapanese restaurantにBushの娘が友人数名を連れてパーティーしにやってきたよ。
お前達の娘と同じ年齢の兵士達が、Bushの駒としてイラクへ派遣されて死と向かい合わせ担っている間、その娘はパーティーを開いていたんだよ。
よ~く覚えているよ、だってそのテーブルの担当は自分だったからね。

多分New OrleansにBushの娘でもいたなら、対応は変わっていたのかも?
確かに自分の身内は誰だって守りたいと思う、でも大統領という職業なら国民一人一人を身内と思うぐらいの気持ちがあってもいいんじゃないか?と思う。

今回テキサスへハリケーンRitaが向かってるということで、ブッシュ自らSan Antonioへいらっしゃった。
これも全てとりあえずのプロモーション的感覚なんだろうね。
それを意味もなく賞賛するバカBush supporter.

もうむかつくを越して、呆れて物も言えません。
こんな馬鹿で卑屈な一部の人間達が、この国の政権を握ってると思うとぞっとする。
そりゃ日本の政治だって同じだろう。
が!この国は酷すぎる。
テキサスのBushサポーターすごい数だし。
そのサポートする理由も、

彼はテキサス出身で、話を聞いてると親密感がわくから!


たったそれだけの理由なのか。。。。
そしてたったそれだけの理由で選ばれた馬鹿大統領。
そして益々貧しくなっていく人々。その反面、戦争によってますます裕福になっていく人々。
自分には理解できない、何故そこまで人々がこの大統領をサポートするのかを。。。

誰か教えて下さい。
[PR]
by ecotama | 2005-09-25 05:50 | Texas

初soap molds

え~ようやくオンラインでオーダーしていたSoap molds達がやってきたので、明日石鹸作りの予定を急遽変更し、今日作っちゃいました!!
今回はあった材料だけを使ったので、簡単なレシピ。
Palm oil, Coconut oil, Olive oilとBeeswaxです。
こんなにシンプルなレシピは何年ぶりでしょうか??いっつも何かしら新しいオイルを入れたくなる自分としては物足りないような気もするけど、とりあえず。

そして今回使用したmolds達は彼ら!
Gingerbread man型&Dog paw prints型。(まだ別にクリスマス用もある)
面倒臭がりの自分としては、ちょっと間違ったチョイスをしてしまったようだ。
要は、自分としてはGingerbread manの目や口やその他の所は白くして、後は茶色にしたいわけで。。。。
が!それはとても時間のかかる作業な上に不器用な自分は全くと言っていいほど、きちんとできていない!!
ついでに面倒になってきた自分は途中から投げやり状態。
もうDog paw prints型になった時には、放心状態。
soap molds可愛いんだけど、面倒くさい!!
そう思うんなら、そんな凝った事せずにドバ~っと流してしまえばいいのですがね~。

今回はOptionとしt、milk powder, cocoa powder, Jojoba oil, Eucalyptus oil, Rosemary oil, Kaolin clayを使用。
またしてもしくった~~~~!!!
もうcocoa powderなんて、ちょっとパウダー固まっちゃってる状態だし。
洗ってるときにこの大きなパウダーの塊出てくる事間違いなし!!
Lyeの一部を小分けにして、いっつも小さな量から混ぜ合わせていくんだけど、今回は全然混ざりがわるかったね~。
というよりも、マーティーの家なのでステンレス製のボールがなく、小さいパイレックスでやったのが失敗でした。(買ってくりゃよかった)
それとKaolin clayもちょっと混ざりが悪い。
っていうよりも、がっつりClayっていう感じで残っちゃってるかも?
ま、自分は全然OKなんだけど、人にあげる~ってなるととても気になる自分。
ま、これも手作りって事で勘弁。

今回はユーカリのオイルを使ったからか、石鹸を作ってるときとても鼻がよく通ってました。
猫アレルギーで毎日鼻水ズルズルの自分としてはありがたい話です。

あ~、もう疲れた。
今回の石鹸作りはちょっとダメだし多かった。。。
これも人にあげるように作ってみたけど、やっぱり自分で使った方がいいかも。。。

結果報告は数日後にて。。。。
[PR]
by ecotama | 2005-09-24 07:29
え~テキサス、ただ今大変です。
Hurricane, Ritaのおかげです。
自分の住んでる場所には直接的にはハリケーンの影響はないんだけど、そのハリケーンの影響を受ける地域から来た避難民の人達の影響はすごいです。
この町のガソリン、SOLD OUTです。
なので、もし自分が今車にガソリン入れたくても無理です、だってガソリンないんだも~ん。(先週入れておいてよかった)

そして今日はご長寿を集めたnew neighbour welcome partyということで、昼間買い物へ行きました。
すると。。。。

水がない!!!

そう、避難民プラス、ハリケーンで焦りを感じてる住民達が水を買いあさってしまって水はもうありませんでした。
なぜか戸惑う人々であふれる店内。
そして自分が誰も気付かぬ一番下の棚にこっそりと置かれたボトルウォーターを発見!!
6本しかなかったので、全て買い占める(ラッキー)。
別に焦りも感じてなかったんだけど、今週末石鹸を作る予定なのでそれ用にと水を買ったのです。
そしてカートを押してウロウロしてると、見知らぬ女性が一言。
「ねぇ、お水どこのコーナーに売ってる?」
自分は「あ、もう水ないよ」
「まぁ~どうしましょう。ヒューストンから来たんだけど、もうボトルウォーターがなくて困ってるのよ~」
「ま~それはお気の毒にね(すごい冷たい自分)」
「あなた何本買えたの?」
「最後に残ってた6本だけ」
そしてその女性の視線の先には自分のボトルウォーター達が。。。やばい。
「こんな事言いにくいんだけど、もしよかったら一本でも分けてくれないかしら?」
きた~~~~っ!!
え~自分としてはあげたくありません、なぜなら次にこのスーパーに水が入るのは数日後、多分5日後ぐらいだからです。
でも、ここで鬼になっては人間として失格だ~、ということで。
「え~、それじゃあ2本だけ・・・」
「申し訳ないわ~、本当にありがとう」

自分、もしかしてすごいいい人(ってか断れなかっただけ?)

スーパーのおばちゃんに言わせれば、肉もあと2日後にはなくなるそうです。(ストックがね)
じゃあ、スーパーの中はからっぽじゃ~~~ん!!

そしてこんな困惑する中、人を見るのは楽しい。
ある買い物客と店員の会話。
客「ねぇ!ミルクがないんだけど、ミルクはどうしたの?(すごい焦ってるし)」
店員「いや、もう昨晩売り切れてしまってないんですよ~」
客「ど~しましょう!!(この表情もすごかった) 家には育ち盛りのteenagerの息子がいて、彼はミルクがないとダメなのよ!それに旦那も夕食時にかならずミルクを飲むからミルクが絶対にいるのよ!!!」
店員「あ、粉ミルクならまだ売ってますよ(別に水に溶かせば同じじゃ~ん)」
客「そんな粉ミルクなんて息子と旦那に与えたら、彼ら栄養失調になっちゃうわ~(わけわかんね~)」
店員「そう言われても、もう在庫もないのでミルクはないです」
客「このままじゃ、私家に帰れないわ~。息子と旦那になんて言い訳すればいいのよ!!」

そんなにミルクが飲みたきゃさ、レストランにでも行けよ~~~~!!!

え~ご長寿のパーティーはさて置き、私なんと・・・・

お仕事します(来週月曜日から)

このお仕事も無理矢理斡旋されてやらされてるようなものです(マーティーにね)。
その店はマーティーのバイトする、裏の店。(これじゃ~またマーティーと近すぎる)
そこのownerはポーランドの人で、名前発音できません。
でもとてもいい人です。
で、売る品物はメインとしてamberです。
ポーランドのamberは有名らしく、彼女はそれを輸入して売ってるそうです。
自分の働く曜日は金曜日~月曜日。以上。
仕事をOKした理由はこれ。

犬同伴OK!

なのでジンジャーもshop犬として売り上げに貢献して頂きたいと思います。
が、店、すごく暇みたいです。
暇なら別に昼寝をしててもいいみたいなんで、それもOKの理由です。
でもね・・・

やっぱり仕事したくねぇ~~~~!!(ニートに近い生活環境)
[PR]
by ecotama | 2005-09-23 11:36 | Texas

デート

今日は昨日書いた通り、マーティーとモール&Wholefoodsデートでした。
自分はモールへは全く用事がなかったんだけど、マーティーが黒色のトップスとサンドラ(娘)の誕生日プレゼントを買いたいというのでついて行った。
黒いトップス。。。自分なら探すのに10分もいらないだろう。
自分はさっさと決めてしまう人なので、買い物に行くとすごく早いです。(特に服関係)
マーティーが「あれでもない。これでもない」と選んでる間、自分は別のセクションでお皿なんかを見てました。
基本的に自分はモールが大嫌いです。

ちょっと話は変わって、テキサスではモール内でジョギング又はウォーキングする人多いです。
何故かと言うと、外が暑すぎて運動できやしないから。
モール内はヒンヤリとクーラーがきいており、尚且つ安全というわけで、お年寄り達はモール内で運動しております。

だいたい15分たって「もうそろそろかな?」と思ってマーティーの所へ戻ると、マーティーが試着室の中へ入っていくのが見えた。
自分的に「お?今回は早いね~」とかなり嬉しかった。
それから中から大きな声で自分の名前を呼ぶマーティー。
それも目の前に自分が座ってる事に全く気付かず。。。
「これと、これとどっちがいいかしらね~?」
「う~ん、とりあえずそっちも着てみたら?」
「そうね~」
そしてマーティーは試着室へ入らず試着室の前で着替え始めたので、「ほらほら、試着室の中へ入って着替えなきゃ~」と言うと、「いいのよ、女しかいないし」
確かにそりゃそうだ。
そしてマーティーはその一枚を選んだ。
が!かなり不満げである。なぜだ?
「もっとドレッシーなトップスが欲しいのよ~」
難しい質問だわ~。
結局そのドレッシーなマーティーが希望してたようなトップスがなかったので、その不満げな黒いトップスを仕方なくご購入。
が、不満そうです。

それからモールはとっとと去り、WholeFoodsへ直行。
え~ここからは私のテリトリーです。
外に並べられた果物の中にメロンがあったので、マーティーは「ボブにメロン買って帰ろうかしらね~」と言ってメロンの前をウロウロしていた。
それから「ウ~~~~」というマーティーの大きなお叫びが聞こえた。(その瞬間皆が振り返った)
「どうしたの?」
「メロンの柔らかさを確かめようと思ってこのメロン触ったら手にメロンががっしりついちゃったのよ~」
そう、マーティーの触ったメロンは試食用としてお店の人が一部だけ切り取ってお客さんに上げたやつでした。
「そりゃどう見ても、普通触らないでしょ~」
「間違えて触っちゃったわ~うふふ~(ちょっと可愛い)」
そしてその指についたメロンを他のメロンへ擦り付けていくマーティー。

それから2人してWholeFoodsへ行くが行動は全く別行動。
自分は自分の見たいセクションへ一目散、マーティーはウロウロ。
そしてカートは何故かマーティーが押し(自分が最初は押してたけど、すぐにいなくなるから)、マーティーと15分後に店内で再び合流。
それからそこで昼食となった。

マーティー「今日の夜ご飯はいいのをたくさんかったのよ~、だからお昼は少ししか食べないでおこ~っと」
「自分はいっぱい食べちゃうよ~」
「私はスープ、そうスープよ!トマトとバジルのスープでいいわ~」
「じゃ、自分はこれをがっつり取って~、これもこれもこれも。。。」
「おいしそうなスープ買ったわ~」
「でもそのスープ、少し少なすぎるんじゃない?」
「いいの、いいの。夜ご飯豪華だから」
「そう?」

食事を始めて5分過ぎ。
マーティーはスープ飲み終えてるし。自分はまだまだ食べてる。
マーティが言う。
「あのね~今さっき美味しそうなキャロットケーキを見つけたのよ~」
「ふ~ん」
「う~ん、やっぱりこれだけじゃ少なすぎるかしら?」
「じゃ何か買ってくれば?他にも色々あったでしょ?」
「そうね~。。。キャっロットケーキ?でもあれ一個はいらないのよ~」
そしてじっと自分を見つめるマーティー。。。。
無言のプレッシャーである。
自分は無視。
「1人じゃあの大きなキャロットケーキ食べれないけど、どうしてもキャロットケーキ食べたいのよね?キャロットケーキ食べた事ある?美味しいのよ~。キャロットをまず摩り下ろして・・・・」
「へぇ~そうなんだ~、作るの大変そうだね?」
「そうなのよ~、だからどうしてもキャロットケーキが食べたいのよ!!!!」
そしてまたしても笑顔でプレッシャーを与えるマーティー。
「わかったよ。キャロットケーキ買っておいでよ(でも支払はマーティだけど)」
「わ~い!(すごい笑顔だし)」
そう言って、マーティーはご機嫌さんでキャロットケーキを急いで買いに行ったのである。

負けた。。。。あのマーティーの笑顔に負けた。
そしてキャロットケーキを仲良く半分にして食べるマーティー&エコタマ。
キャロットケーキの上に乗ってた、キャロットの形をしたおかしも半分個。
なんて理想的な嫁&姑の画でしょうか?

皆さん、義理のお母さんと気まずくなったらキャロットケーキ!!
そう、キャロットケーキが全てを解決してくれます。
ちゃんと、キャロットケーキの上のキャロットの部分も半分にしてね!!!

明日は近くのご長寿を13名招いてのパーティーです。
これまた強烈そうで明日が怖い。。。今日も眠れなさそう。。。
[PR]
by ecotama | 2005-09-22 11:38

おせっかい=愛情

うちの義理母(マーティー)は地獄耳です。
地獄耳だけならいいのだけど、それにプラスして彼女は放送局でもあります。
つまり地獄耳で得た情報を人に喋り捲るという事。
これは明らかに彼女の汚点と言えるでしょう。

今日、マーティーとエコタマはボランティアをしました。
そのボランティアというのも、しょぼぉ~~~いボランティアですが、とりあえず無給なのでボランティアと呼ぶ。
何をしたかって?この小さな老人コミュニティーが主催するミュージカルのチケットを売る事。
小さな銀行のロビーの一部を借りて、そこでチケットを売りました。
売った枚数、なんと7枚。(それも自分達の分3枚を含め)
暇で死にそうでした。
銀行員も暇なのか、中から大きな笑い声やあくびが聞こえ続ける。

なんて暇な町なんだぁ~~~!!!

暇を予測して私達2人は本を持参してました。
そこで気付いたのが、マーティーは本を読んでるふりをして、ばっちり銀行へ来る人々の話しを聞いてるではないか!!
それも詳細に聞き取ってる。
そして自分の知ってる話題が出てくると、「あ、そうそうその事なら私も知ってるわよ~」と首をつっこんでいくのである。

最近の彼女の好きな話題(というか言いふらしてる話題)と言えば、ある女の子の事。
この女の子(と言っても20代だけど)、マーティーのバイトしてる裏の店でバイトしてた子で、マーティーもよく知ってるらしい。
で、最近この女の子がその店の店長から解雇された、なぜなら店の品物を盗んでドラッグマニーにしてたから。
マーティーはそれがショックだったのか、帰ってきてそうそう自分に話しを聞かせた。
そこでマーティー「やっぱりご両親に電話して慰めた方がいいのかしらね?」
「え~、やめておいたほうがいいよ。そっとしておいてあげたほうがいいよ」
「でも、私あの子に前泣きつかれちゃって20ドルあげちゃったのよ、これでガソリン買いなさいって。何てことしちゃったのかしら~」
「でもその時はそんな事情知らなかったんでしょ?じゃあしょうがないよ」
「でもやっぱり電話した方がいいわ~(で、受話器をとる)」
「やめときなって。自分の身内がドラッグやってるって他人に誰も知られたくないでしょ?そういうのは本当にプライベートで言いふらす事じゃないし、他人がどう言ったってその家族は慰められるわけないじゃん」
「そうね。。。やめておこう」
(それから10分後)

違う友達に電話していいふらしてるじゃ~~~ん!!

そして私はマーティーに一言
「おせっかいはよくない!だから隣の家の人にも嫌われちゃったんだよ~(←こう言ってる自分もおせっかい野郎)」
そこで同席していたボブ(義理父)曰く
「その通り。。。。」
でもそんな言葉、マーティーの耳には入ってません。

この地域、皆さん結構おせっかいです。
でも彼らの理念としては「おせっかい=愛情」なのです。
でも都会育ちの自分としては、「おせっかい=迷惑」となってしまうのです。
自分もおせっかいな方なのですが、程ほどにしてます。
やっぱり人にはそれぞれ理由があるからね~。

テキサスに来て、人の温かさに触れた私。
カリフォルニアに居たときは人の冷たさが嫌でたまらなかった。
そして今現在、カリフォルニアの人々の冷たさを懐かしく思う私。
矛盾してる???

え~明日はずばりマーティーとモールデートです。楽しみ~~~。
[PR]
by ecotama | 2005-09-21 10:40 | Texas

Tuna canに思う今日のecology

手作り石鹸、え~大好きです。
手作り石鹸を買うのも好きだけど、作るのも大好き。
なのでWholeFoodsや健康ストアーに行けば、1時間2時間は石鹸を見ながらうろつけます。(ホモちゃん、わかるよね?)
とりあえずBath products系、大好きです。

で、自分は石鹸やBath saltを買うとき(殆どは作っちゃうけど)に何を基準に買うか?と言うと。
1.No animal testing(これはとても重要です)
2.材料の欄に界面活性剤、その他余分は香料や着色料などが入ってないか?

で、よく店に行くとOrganicとかって書いてあるんだけど、実はばっちり余分な着色料が入ってたり、パラベンが入ってたりする。
なのでOrganicという文字だけにひかれないように気をつけましょう。

石鹸を作り始めたきっかけ。
自分は20歳過ぎぐらいから生理痛がすごくひどくなって、ある日何気に病院行くと子宮内膜症と診断されました。
が、お医者さんの処方してくれた薬は怖くて結局飲めず(ホルモン剤の入ったスプレーを鼻から注入して生理を止める薬)、その後運良く出会った漢方の先生のおかげでとてもよくなりました。
そこで、その際色々原因を調べてみると、これ!と言って明らかな原因は無いにしても、環境汚染などが一番の原因である事が分かりました。
そこで自分の生活を見直した所、体に悪いものばっかり食べてる上に、環境によくない物ばかりが自分の身の回りにあふれているのに気付いた。
それから少しづつだけど、自分の生活を変えてみた。

例えば今まで使ってたシャンプーを環境にもよく、自分の肌にもよいものに変えてみた。
別にこれと言って、匂いもなければ何も余分な物は入ってないシャンプーなのに、髪の毛は嬉しかったみたいで、すぐにパサツキがなくなった。
そこで石鹸も「ねば塾」という手作り石鹸を販売してるところからの石鹸にかえた。
ここの石鹸、とても溶けにくい上にしっとりしてて最高です。
自分があと好きな理由は、ここは障害のある方達が石鹸を作っていて、障害者だからという甘えはなく、石鹸作りに関しては素晴らしいかと思います。それでいて、社会的自立も促すと。
興味のある方はこちらのサイトをどうぞ。
http://www.neba.co.jp/

で、それから色々調べていくうちに、Taoさんの手作り石鹸のホームページに出会い「作ろう!」と決めたのである。
自分はとても不器用なので、最初は不安だったが、石鹸は見事に石鹸となりそれ以来暇があれば石鹸を作る。
手作り石鹸の楽しい所は、自分で材料を選べ、好きな匂いを選べるところ。
レシピを色々考えながら、キッチンをうろうろしてる時間は楽しい。

自分は家で掃除をする時もeco-friendly洗剤を使う。
確かに洗濯石鹸とかは高い!でも、結局その汚れた水は川へ流れ、海へ流れ、そしてその海や川に生息している生き物に害を与え、そしてその汚染された魚を食べる自分が汚染される。
よく「tunaは週一回以上食べないように」とか警告が出されているけれども、自分達はなぜ魚にそれ程の高濃度の汚染物質が蓄えられてしまったのかを考えない。
それは自分達が今まで行ってきたことが、自分達の体に返ってきてるだけである。

生理用ナプキンも自分は布ナプキンを愛用してます。
これも「え~?」って最初は思ったけど、結構いけます。
最近では防水シートの入ってるやつがあったりして快適。
生理用ナプキンやタンポンもよく考えてみると。。。恐ろしいですね~。
前の学校のEnglishのクラスにVeronicaというテキサス出身のクラスメートがいたんだけど、彼女の実家はcotton fieldを経営してて、一言言ってました。
「あんなcottonが自分達の生理用品になると思うとぞっとするわ~」
そう、農薬の料が半端ではないそうです。
そしてcottonを収集する農家の人達の体の中にも、癌を発生させる可能性の高い薬物が蓄積されていくわけです。
それに生理用ナプキンとかの年間の消費量はすごいですよね?
それを考えると布ナプキンにしました。
柄も色々あって結構かわいいので、興味のある方は一度お試しあれ。

ということで、ecology lifeは環境保護の為にやるのではなく、自分の為にやるものです。
自分は「環境保護=自分の体内」と思ってますからね。

さ、皆さん今日からがんばりましょう。
[PR]
by ecotama | 2005-09-20 05:13 | ecotama world