アメリカはテキサスにあるUniversity of Texas at Austinでナース目指して勉強中。日々思う事をかなり適当に書き綴る。目先の目標は2010年卒業。卒業した暁には値段を気にせず美味しい物をたらふく食べたいと願う。


by ecotama
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

<   2006年 04月 ( 5 )   > この月の画像一覧

Fiesta

ご無沙汰してます。
ブログを書いてない間に起きた事はこちら。

1. 一家揃って変なウイルスもらいました(ジンタマ含む)
あれは何だったのか?っちゅーぐらいのウイルスでした。
下痢&嘔吐がひどく、お陰でテスト前のレビューのクラスを3つもスキップしましたよ。
そしてその間に痩せたかと思いきや、全然痩せてない事実にある意味驚愕し、これが事件と言った方がよいかも。

2.マー、再び手術?
ご無沙汰マイケル。
以前に左手首を複雑骨折して手術をしたのはご存知の通り。
今回新たに手術しそうな勢いです。
その原因になるものとは、マイケルの鼻の中に密かに生息しておりました。。。。
ポリープ!!(日本語で言うと”鼻タケ”と言うのよね)
マイケル、病院から帰ってきて一言「マイケゥの鼻の中にキノコ生えてるよー」と言ってました。
このポリープを取り除くべく、また手術をしそうで、それにより自分が被る被害も大きいかと。

こんな私はファイナル前で忙しいにも関わらず、全く勉強する気なし!
来週がファイナルだけど、今週からすでにテスト続きの毎日でイライラしてます。

サンアントニオは先週の金曜日からFiestaなる祭りが今週金曜日まで開催され、町はにぎわっております。
そんなFiestaが今日は学校でも開催されました。
でも一つ言いたい。

テストの邪魔するなー!!! 

学生ロックバンドがライブをやってたんですが、そう、今日はサイコロジーのテスト。
うるさーーい!!
それも微妙に上手いのか下手なのか、頭の中にガンガンその音楽が入ってくる。
これもサンアントニオならではという事なのか?
金曜日はFiestaで学校はお休み。

学校は秋のクラスのレジスターも済ませました。
5月の3週間だけのクラスには、Humanityを取る。
夏の前半のクラスはGeneral Biology 2を取り、後半はFreshman Composition 2を取る。
秋は、Anatomy, General Chemistry, Lifespan Development, Kick boxingの4つ。
なぜかキックボクシングです。
1単位足りなかって、ヨガ取りたかったんだけど時間が合わないのでキックボクシング。
どうせ最近運動不足なので、もう無理矢理スケジュールに組み込まれたキックボクシングで運動不足解消したいと思います。
夏も休みなくお勉強。
こんな暑いサンアントニオ、勉強する気全くなし。

さ、今からまたファイナルへ向けてのお勉強ですよ。
ってか昼寝しそう(いつものパターン)。
[PR]
by ecotama | 2006-04-27 03:28 | whatever

ありえねぇ~

今日は昨日に引き続き、Biologyのクラスのお話。

今日はBiologyの日でした。
皆より一足先にクラスについた私が一番最初に出会った人物、それはBiolgoy DepartmentのChair。
そして彼女は「I need to talk to you guys before the class starts.」と。
あ、やっぱり・・・・今日は絶対に何か起こる!と確信したのでした。

それから10分ほどしてから、PearlとHelenがpaperを持ってクラスにやってきた。
とりあえず3人でももう一度単語のミススペルなどがないかをチェック。
そしてそれにサインする。
そしてそのpaperを3人でとりあえず確認を兼ねてChairの所へ持っていくと・・・
そこには、ChairとDr.Rodriguezが・・・・
「Oooops!!」と言いながらとりあえずクラスに戻った。

別の生徒とも合流し、皆一言。
「I feel so bad for him. I know he is a nice guy, but he is not a good teacher at all.」
そうなんです、その通り。
そして10分後、Chairのみがクラスにやってきた。

そしてやってきて一発目の一言。
You have four options.
え?Rodriguezはどこへ???
もう彼はこのクラスを教える事はないそうです。
そう、即解雇!!
一応、人情深い八方美人の私はこのRodriguezを可哀相に思ったのでした。

私はChairが提案してきた4つのオプションの中から、クラスに残る事にしました。
新しい先生は自分が取りたかったPurcellという先生ということが分かったし。
ということで、来週予定されてたThird Examもキャンセルとなり、例のPresentationもキャンセル!!
そして来週からlabが出来る事に!!
今日はとりあえずlab reportの書き方を勉強。
ってか全く書き方を知らない自分達、とりあえず書いてみるが目茶目茶。
でも先生はそれも理解してたので、とりあえずトライした事に対して今回は10ポイントくれるという。
ま、次からはそれも通用しないだろうけど。

クラスの何人かは最初dropすると言ってたけど、今日このDr.Purcellのクラスを受講した後に「やっぱり続けようかな?」って言ってた。
先生によってクラスって本当に変わる。
自分もすごく楽しみになってきました。
宿題の量は以前に比べて半端じゃないぐらい増えたけど、それでも学べるなら全然OK!

あ~楽しみだ~。
やっとlab出来ます。

それにしてもRodriguez、どうしたんだろう・・・すんごい気になる。
[PR]
by ecotama | 2006-04-07 12:49 | College

Time is money

あ~~~悔しいぃ!!
今の心境を聞かれれば、きっとこう答えるのは間違いなし。
昔の人はすごい格言をたくさん残してくれましたね~。
今一番思うのは「時間は金なり」
その通り!!

昨晩はBiologyのクラスだったんだけど、体調が思わしくなく(すごいアレルギーでした)薬を飲んでもあまり効かない状態だったので、お休みしました。
そしたらPearlから電話があって、「Hey, I have a good news for you!!」というのです。
実はPearlも以前に書いたHelen同様、dropを考えてたらしい。
とりあえずこのまま何もせずにdropするのは悔しいからと、Biology DepartmentのChairに授業内容や講師の事を洗いざらい話したらしい。
とりあえず私達のBiologyのクラスでの問題点はこれ。
1.このクラスはBiology for science majorなのに全くLabをしない 
  →ということはLab reportの書き方など全く学べない。
2.先生がテキストに沿って授業をしない。
3.何故か全ての内容がGeneticに関連付けられてしまい、Genetic courseでもないのにそれに関するresearch paperなど必要以上の事をやらなければならない。

これに対してchairはかなり憤慨したようで、早速手続きを始めるという。
どうして憤慨したのかと言うのは説明する必要もないが、一番彼女を怒らせたのはscience majorなのにlabを1度もやってないこと。
そう、私達生徒はいつも先生に対して「Why can't we have a lab?」と聞いてたわけで。
そしてchairがPearlに担当のprofessorは誰かと聞き、PearlがDr.Rodriguezというと、一瞬無言だったらしい。
するとchairが一言ボソッと。。。

He has already been on probation!!

ってか既にprobationになってる先生をクラスに立たせるな~!!と言いたいのは私だけではないが。

とりあえずPearlの話では、クラス全員の意見が一致してるということで、彼女がpaperを作成し、それに生徒全員がサインをして、そのpaperをchairに提出すると。
そしてそのpaperをchairがDeanへ提出して、とりあえずdropしても全額返金されるということになるらしい。
普通だと今dropするとお金返ってこないんだけど、この場合は full refundになるらしい。
で、PearlもHelenもdropして次のセメスターにもう一度同じコースを取る事にしたという。
私も時間があればそうしたいけれども、今更drop出来ない。
次のセメスターはAnatomyを取る予定だし、もうbiologyは結構です。
何か今まで一生懸命テキストを読んで勉強してた自分がバカみたい~って思っちゃいました。
他の自分達と同じbiologyだけど別の先生のクラスを取ってる生徒達は毎回labがあって、色々と学んでるのに、自分達はテキストからしか学べない。

あ~~~~むかつくぅ!!!

Finalまであと一ヶ月未満。
もうここに来て一気にBiologyやる気なくしました~。
ま、でもとりあえず最後まで頑張りま~す。
ってか最後に1回ぐらいlabやらせろよ!って思ってるのは私だけかも。

Lab! Lab! Labがやりてぇ~~~~!!!

Rodriguezのバカやろぉ~~~!!
[PR]
by ecotama | 2006-04-06 03:33 | College

人生色々

今日は2つめの投稿。

1つめの投稿をした後に、マイケルからあるニュースが入ってきた。

彼(ジョン)と私達(私とマイケル)は別に深い知り合いでもない。
彼に初めて会ったのはNew Year's Eveのカラオケで、マイケルの友人が開いたパーティーでの事。
彼は奥さんとその奥さんの友人を連れてきてた。
皆で一緒にカラオケに行って、と~っても楽しい一時を過ごした。
カウンドダウンの際には、アコーディオンを持参し日本で言う、「蛍の光」を弾き、皆で抱き合って新年を祝った。
ジョンはマイケルの友人の友人で、マイケルもジョンの事はよく知らない。
でも、私達は一緒に新年を楽しく祝ったのでした。

そんなジョンが入院したという。
原因は膵臓が機能しないからだという。
薬も何も効かず、最終的に1度ジョンを薬で昏睡状態にして、膵臓の機能を一旦停止させて様子を見るという事になったらしい。
でもこれで彼が助かる確率は70%で、これが無理なら助かる見込みはないらしい。
彼の奥さんも仕事を休んでず~っと傍につきっきりらしい。
でも奥さんの働いてる会社は当然それを認めず、働きにこないと解雇というなるという事を伝えたらしい。
奥さんは仕事に行かなければならない、なぜなら高額な医療負担分を払わなければならないから。
でも、生きるか死ぬか分からない夫を病院に放っておきたくはない。

とても辛くなりました。
本当に知り合いでもないのに。
あんなに陽気にアコーディオンを弾いてた彼の姿が今でも新鮮によみがえってきて、本当に信じられません。
たった一度しか会った事のない人だけれども、彼が助かるようにと願ってやみません。
まだ若いのに、自分と2歳ぐらいしか変わらない。

とても辛くて投稿してしまいました。

ジョンが早くよくなって、またアコーディオンが弾けますように。
[PR]
by ecotama | 2006-04-04 11:34 | whatever

Couch Potato

暑いです。
サンアントニオ、暑すぎ、まだ4月やっちゅ~のに部屋の中は85度ぐらいになってるし。
これからどんどん暑くなっていくサンアントニオ、テキサス恐ろしい。
その暑さに比例してどんどん活動的になってくる、巨大ゴキブリ。
そうそう、テキサスの虫はほんまにでかい!!
巨大ゴキブリになれてしまうと、あの小さなゴキブリがちょっと可愛くみえてくるぐらいでかい。
巨大ゴキブリは大きいが為に、目の悪い自分でもかなりグロテスクな部分まで見えてしまう。
そして中々死なない・・・・
夏は蚊と巨大ゴキブリとの戦いの日々である。

最近は学校が忙しいにも関わらず、集中力に欠ける日々が続いております。
今週はPsychologyのテストだし、来週は恐怖のBiologyだし。
Biologyなんて6 chapterもbehind状態なので、今週末の追い上げが恐ろしい。
Englishもpaper書かなきゃならんし、その上Biologyのresearch paperもある。
とりあえずBiologyのresearch paperのトピック、自分なりに考えてお題を決めました。
な~んとなく、Genetically engineered foodにしてみた。
このGenetically modified foodが及ぼす環境、健康へのriskなどを考えてみると。
でも10ページも書けません、本読む時間もないし。
それをPPにまとめて、Finalの前のクラスでpresentationしろというものである。
それも30分間。
そこで先生に「So, we don't have a final if we do this presentation, right?」とある生徒が聞くと、「Yes, you have this presentation and a final」という答えが返ってきました。

ってかファイナルの勉強させろよ~!!

って思ったのは私だけではありません。
ファイナルに近づくにつれ、どんどん不機嫌になり殺気だっていく私。

うちの家、ご存知のとおり貧乏です。
アメリカに来て3年、ず~っと貧乏です。
もう貧乏生活にも慣れてきて、銀行口座に100ドル以上あるとちょっとかなりバブリーな状態に陥ってしまう自分も悲しい。
うちの家は人からの貰いものがたくさん。
Futon Couchはショウちゃんからもらったし、自分の使ってる机はマイケルの友人から貰ったし。
え~貰える物は有難くもらいます。
そしてついに!!今まで欲しかったリストに載ってた物がもらえることになった。

本物Couch!!!

そう、あのフワフワしてて足置きとかあるフカフカソファー。
これもマイケル友人から。
ある日、マイケル友人(Denis)から電話があり、新しいcouchを購入しようと思ってるんだけど、今あるcouchいる?

是非譲ってください(即答)!!

そしてそのCouchセットの一部が先週末家にやってきた。
すご~~~い、フカフカしてる~。
このCouchがやってきてからというもの、我が家は一家揃ってCouch Potato状態。
これじゃ~いかん!と思いつつも、ついついラップトップ持参でCouchに移動している自分も恐ろしい。
え~Denis&Heather、いつも色々譲ってもらって有難うございます。
でも彼らからすれば、自分達はリサイクル屋として活躍してるらしい。

あ~そして今晩もpapaer書かなきゃいけないけど、このcouchで24を見たいと思います。

それでは、今から24の準備に取り掛からせて頂きますので、これにて失礼。
[PR]
by ecotama | 2006-04-04 09:18 | whatever