アメリカはテキサスにあるUniversity of Texas at Austinでナース目指して勉強中。日々思う事をかなり適当に書き綴る。目先の目標は2010年卒業。卒業した暁には値段を気にせず美味しい物をたらふく食べたいと願う。


by ecotama
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28

<   2007年 02月 ( 2 )   > この月の画像一覧

涙がキラリ★


月曜日・・・
それは私の20代最後の誕生日であった・・・
そして20代の最後の誕生日らしく、最悪な日でもあった・・・

もらった誕生日プレゼント

風邪ウイルス

誕生日の朝8時からは、豪華に・・・

A&P2のテスト

結果散々だしよぉ・・・

先週金曜日から寝込み始め、最初は絶対に花粉症と疑わなかったこの症状・・
風邪でした、はい。

Shigeさん、炊き込みご飯持ってきてくれてありがとう♪

そんなこんなで、今日は恐怖のケミストリーのテストが返って来た(別に返してくれなくてもいいのに)

72点

ついでに私の隣に座ってるRNでpre-medの生徒は96点。
後ろに座ってるエンジニアの生徒は70点。
クラス全体の平均点は何故か65点。
そんな平均点の悪いクラスにも、絶対にウザイぐらいに100点を取る生徒は確実にいるわけで・・

うちの先生曰く

「今回、点数が悪かった生徒は勉強のスタイルを変えるか、時間数を増やしましょう」

これ以上時間増やしたら、寝る時間あらへんがな!!!

このテストのために寝る時間を割いて勉強したのに、この結果・・・
私、あなたみたいにケミストリーオタクケミストリーの専攻じゃないから、分からないのよぉ!!

私の前に座ってる生徒、bebe。
彼女はPhysical therapyへいきたいようで、当然彼女もGPAにはシビア。
もう一児の母には見えないぐらい、可愛い彼女。
クラスが終わって、2人でブーブー言いながら歩いてると、彼女の目が段々何故か赤くなってきて、ついには

大きな瞳から、大きな涙がポロリポロリ・・・

私、あんなにも勉強したのに・・・

可愛いな~~~~♪

私はただ単に、ちょっとエロいおっさん状態でした

「ほら、ま、あとテスト2回あるし、ファイナルもあるし(←全然慰めになってないね)」
「でも、私GPA下げられなし、先生何言ってるかわからないし」
「いや、私も何もわかってないんだけどぉ。」

今回のクラス、絶対取った先生が悪いと勝手に思うことにしました、はい。
やっぱり先生との相性ってあるのよねぇ・・・・
教え方の上手な先生と、すごく賢いんだけどあまり教え方の上手じゃない先生。
これだけは運なので、しょうがない。
とりあえず次のテストまで頑張ってみて、どうしても点数があがらなさそうだったらドロップしようと思う。
さすがにCは取れないからねぇ・・・

目指せ、脱ケミストリー!!!!
[PR]
by ecotama | 2007-02-21 07:21 | College

早とちり


ご無沙汰です、皆さんお元気にしていらっしゃいますか?

私は何とか適当に生き延びてるようですが、ここ最近よく記憶が飛んでおります。
目は開いてるはずなのに・・・

完全に寝てました

近況としては、このセメスターはMicrobiology&Pathology, A&P2, Nutrition, General chemistry2, Music appreciationの5クラス(18単位)を取ってたんだけど、Music appreciationのクラスで必須とされている「コンサートに3回行く」というのがスケジュール上無理なので、ドロップしました。
で、結局全く何も考えてなかった私はこのサイエンス系のクラスに苦しめられる毎日で・・・
Microbiology, A&P2, Nutritionのクラスはかなり楽しくお勉強してますが、問題なのはやっぱり・・

CHEMISTRY!!

どう考えても分からない・・・
どうして私がこのクラスを取ってるのかも分からない・・・

そう、このクラスは別に取る必要のなかったクラスだった・・

何故この状況に至ったかと言えば・・
1.最初マイケルの仕事でアリゾナへ行く予定だった(これは自分が勝手に想像してたに過ぎない
2.University of ArizonaのNursing schoolのrequirementに沿ってクラスを取っていた。そこにはGeneral Chemistry1&2が必須。
3.結局引っ越さない事が発覚、UT Health Science Centerへアプライしようと考える
4.必須科目で確かにChemistry1&2は必要なんだけど、Intro chemistryでよい事が発覚。が、すでにGeneral Chemistry (for science major)を取ってた自分は今更Intro chemistryを取れず・・・

そして何故かこの今いるchemistryのクラスの大半が・・・Pre-med
RNを目指してるのは私のみで、その他はPA志望やMedical school系を目指す生徒達でいっぱい。
ついでにクラスには既に何人かRNとして働いていて、今からmedical schoolやPAを目指す人も数人いる。
なので、何故かchemistryのクラスなのにMCATのテスト問題を解かされたりさせられ・・

私、医者になるつもりは全くないんですけどぉ・・・・
ドロップしてぇ・・このクラス・・・・・


ここ最近かなりplan Bを考えるようになってきて、結構ちょこちょこ色んなオリエンテーションみたいなのに行ってみたりしてます。
Nursing programが無理だったら、Repiratory therapyかClinical labolatory technicianなんかを狙ってみようかと思ってます。
オリエンテーションに行って色々話を聞いてるうちに、違った分野も面白そうだな~って興味がわいてきました。

私、個人的に顕微鏡を使って細胞を見たり、バクテリアを見たりするのが大好きなので(もうこの時点で思いっきりnerd)、好きなことを仕事にするのも良いかもと思ったりする。
MicrobiologyのLabなんて、1人でず~っと最後までバクテリアを見ながらうすら笑いを浮かべてたりする自分が気持ち悪いって思ったりしつつも、そのnerdな世界を堪能してる自分を嬉しく思ったりするわけで・・・・
最近は夢にまでバクテリアが出てくるようになりました♪

あ、ここで一つ聞いた話を・・・
80年代、未だ現在ほどHIV感染がまだ騒がれてなかった時代。
ナースや医者など、たまにアクシデントで使用済みの注射針などを何かのはずみに自分の指にチクっとしてしまう事もある。
その際にその針を使用した患者さんがHIVの疑いがあった場合、彼らはこのように対処してたそうです。

注射針が刺さった部分を少し深めの十字型にカットし、そこへ

ブリーチを流し込む

普通だと、peroxideとか(つまりマキロン)って思うでしょ?
でもPeroxideはバクテリアやウイルスを除去するには力が弱いらしく、その点ブリーチは99%の確立でバクテリアやウイルスを除去するらしい。
そうしてフレッシュなHIVウイルスを殺してたという話。

傷口にブリーチ、焼けるように痛いらしい(当然だが)
ただ、これはお勧めの消毒法ではないので普通の人はやらないように!との事です。
[PR]
by ecotama | 2007-02-16 11:08 | College