アメリカはテキサスにあるUniversity of Texas at Austinでナース目指して勉強中。日々思う事をかなり適当に書き綴る。目先の目標は2010年卒業。卒業した暁には値段を気にせず美味しい物をたらふく食べたいと願う。


by ecotama
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

<   2007年 03月 ( 4 )   > この月の画像一覧

死の受け入れ


昨日また一つ不幸なニュースが届いた。

以前にも書いた事のあるジョンの事だった。
あの時は本当にもうダメだと言われてたのに、薬がうまく効き始めたようで何とかもちこたえた彼。

先週末から腎臓が全く機能しなくなって、肝臓はもちろん、体の殆どの部分がもう機能しなくなってしまったらしく、今回は本当に99%の確立で無理だと宣告されたという事だった。
今は家族や奥さん、親しい人だけがつきっきりで看病しているみたいだ。

マイケルと2人で「本当に辛いよね」とかなり落ち込んだ。
別に特に親しい仲間でもないけれども、1度でも顔を合わせて一緒に大晦日のカウントダウンを祝った事を思い出すだけで、心苦しくなった。

人はどういう基準で愛する人の死を受け入れる事が出来るのか?

そんな事を考えた。
小さい子供は死という意味が分からないので、理解する、理解しないというより以前に肉体が自分の目の前から無くなる、つまり見えなくて不安で寂しくなるという事になるのか?
大きくなって色々な経験をして死という意味をなんとなく漠然に理解すると、肉体が無くなるのも辛いが、自分の心の頼る場所がなくなるから辛いのか?

もしも、あなたの愛しい人が目の前で少しずつ弱りきっていく姿を直視しながら、その人の死を受け入れる事ができますか?
それは何をもって可能になるのでしょう?


例えば年配の人達が病院で亡くなったり、家で老衰で亡くなった場合、何となく皆納得できると思うんですよ。
「お婆ちゃんは90年も生きたんだよねー、寂しくなるけど老衰なら幸せだったろうね」って感じで。
その人が亡くなる年齢は、その人の死を受け入れられる大きな要因になるんじゃないか?って思うんですよ。
4歳の子供が何かしらの病気で亡くなると、「まだ4歳なのに・・・」となるけれども、90歳のお年寄りだと「90年も生きて、きっと幸せだったろうね」と死に関する見方も変わってくる。
もちろんその人の宗教観によっても、まったく死に対するコンセプトは変わってはくるんですが。

もしマイケルが病気になって死の宣告をされたら、私はどうやってそれを受け入れればいいのか?と考えた。
受け入れる事が出来るのかも分からない。
それを聞いて涙は流すだろうけど、その涙の流れる原因は多分分からないと思う。
マイケルが居なくなる事に対して不安だから泣くのか?
マイケルがもっと色々将来経験できなくて可哀相で、それを不憫に思って泣くのか?
自分が1人になって寂しくなるから泣くのか?

思い出は一生消えないけれど、逆にその2人の思い出が最初は苦しめると思う。
そしてその思い出の中に自分を置く度に、色々な後悔の念も出てくる。
本当に思い出が良い意味で威力を発揮するまでには時間がかかるだろう。

ジョンの奥さんやご両親は本当に辛いと思う。

残り少ない時間、愛する人達との濃密な時間を過ごして少しでも多くの思い出を作ってもらいたいと思う。

今日はヘビーな話題でしたな。
[PR]
by ecotama | 2007-03-24 13:02 | whatever

ご連絡

この度、私、再び

引っ越す事になりました(怒)

アメリカに来て4年ちょい、その間に引っ越した回数なんと

5回(ある年は、1年のうちに3回引越しを経験)

ええかげんに、せぇ~!っちゅ~ねん!

あ、でもこの度Red StateからBlue Stateへのお引越しとなり、過去に住んでいた場所へ逆戻りと行ったところで、引越し先は・・・・

San Francisco

e0052725_9234712.jpg


いや~っほい♪

と叫びたいところなんですが、色々事情があってそう快くも叫べん。
マイケゥの就職先がサンフランシスコなんて、こればっかりはどうにもいかんが・・・
またこの引越しで・・・

ナースへの道が遠ざかる(涙)

でも・・・

e0052725_925358.jpg

冬にはスキー、スノボへ・・・(ってかスノボ、まだお子ちゃまと一緒に初心者クラス)

e0052725_9265438.jpg

日帰りで、こうやってハイキングしてこんなに雄大な景色を独り占め・・・

e0052725_9295437.jpg

ヨセミテ国立公園で、自然を満喫(注:写ってるのはうちのおかん)

いや~、ありがたい!
が、しかしサンフランシスコと言えば・・・

物価が高い

小さい1ベッドルーム、1500ドルぐらいからしかないし・・
というわけで・・
ナースの道を諦めたわけではないが、最初の1年はCalifornia Residencyを作らなければならないので学校へ行く事も出来ない。
そこで・・

CNA(Certified Nursing Assistant)の資格を4週間でゲットする予定

とりあえずこれをゲットして、1年間病院で働きつつ(ボランティア含め)、San Francisco StateのNursing schoolへアプライしようと思う。
ただし、今回殆どのpre-requisiteをテキサスで取ってしまったため・・

また同じクラスを取り直さねばならぬ可能性大

アメリカ、一つの国といえども州によって全てが変わる国・・
今回再び言いたい・・・

教育基準、全ての州同じにしてくれよ!

はぁ~・・・なんか年齢重ねるごとに、更に貧乏になっていく自分が恐ろしい・・・
普通逆ちゃうん?って思うねんけどなぁ・・・
もうナースになるな!って事なんとちゃうん?って思うぐらい、いっつもどこかで邪魔されるわー。

ま、とりあえず

人生成るようにしかならん!
[PR]
by ecotama | 2007-03-20 09:51

Seminole Canyonへ行って来た

このSpring Break、「何処もいかれへん・・」といじけていた私&犬
それを見かねたマイケゥが連れて行ってくれました。
ず~っと行きたかった場所

Seminole Canyon!!!

去年の5月、Humanitiesのクラスを取った時に知った場所。
ず~~~っと行きたかったけど、行く時もなかったのでついに行って来た。

Seminol CanyonはSan Antonioから車で約3時間ちょっと。
Hwy90をず~っと西へDel Rio目指して運転する。
要はMexicoめがけて運転するようなものである。

9.11のテロ以降、と~~っても厳しくなったImmigration。
特にこのメキシコと隣接しているテキサス、国境での不法移民者(メキシコや南アメリカからの)とBorder patrol(つまりこういった不法移民者を取り締まる警察)での争いは更に悪化する一方である。

ブンブン運転しているとImmigration check point発見

Uvaldeと呼ばれる小さな町からDel Rioへかけて、かなり厳しくチェックされる。
いかついBoarder patrolの親父がやってくる。

「今日はどこへ行くんだ?」
「キャンプ」
「2人ともアメリカ市民だね?」
「あ、いや、私、日本人です」

「はい、パスポート出して」

パスポートなんて、持ってきてへんがな!!(ついでに、ここまだテキサスやし!)

「あの~、パスポートなんて持ってきてないんですけど・・・」
「Visaはあるのか?」
「ある。」
「じゃ、車をあそこへ停めてVisaを見せて」

持ってきてたかな???と財布の中をあさると・・

あった~Permanent resident card

このカードは、皆さん良く知るグリーンカードとよばれる物で、常に携帯していなければならない。
が、財布をなくすなどの心配をすると家に置いてくるときもある。
今回は助かった~~~!!

そして、そのcheck pointを通過する事20分・・・
運転していると、道脇で・・・


不法移民者がちょうど逮捕されてました


上空ではヘリコプターが不法移民者がいないかパトロールしてるし、道路ではBorder patrolの車がず~っとあちこち不法移民者を探してるし。
どうやって探してるかっていうと、道路の脇にrancher用に作ってある小さな道路がある。
この道路は車が一台通れる程の幅で、コンクリートではなく全て砂で出来てある。
つまり、誰かがその上を歩くと必ず足跡がつくわけである。
Border patrolの車はその上をゆっくり運転しながら、足跡を探す。
そして足跡が見つかれば、警察犬を使いつつ、足跡を追跡して不法移民者を見つける。
そして足跡を探しつつ、その砂地を平らにしていく。
パトロールの車の後ろに土を平らにするものを引き下げながら、ゆっくり運転していく。
そうすると、次パトロールした際に新しい足跡があればまた追跡できるわけ。

執念

「恐ろしいな~」と思いつつも、Seminole Canyonへ到着。
受付で手続きを済ませて、キャンプ場へ向かう。
そこに車を停めて、ハイキング。
約6マイルのハイキングコース。
その日の気温は30度ちょっとぐらいあったんじゃないかな?
暑い暑い・・・

e0052725_4494299.jpg

何もない・・・
この辺りはChihauhau desertと呼ばれる、砂漠地帯である。
強風だし、日陰はないし、長時間外にいると絶対に日射病で倒れる事間違いなし。

e0052725_4523124.jpg

ジンジャー、既にバテ気味である
暫く歩くと・・・

e0052725_454638.jpg

絶景です!
これはRio Grande riverという河で、メキシコへ続いてます。

e0052725_455493.jpg

すごいな~

e0052725_501612.jpg

河を渡れば、メキシコである

e0052725_55725.jpg

ジンタマ、既に暑さでバテバテである。
どうも下の川で泳ぎたいようで、キャンキャンうるさい。

e0052725_572677.jpg

砂漠に咲く花
サボテン系の植物なんかな?
かなりでかい!

e0052725_5102458.jpg

獲物を探す、大きな鷲
この辺りには、コヨーテ、アルマジロ、トカゲ、鹿、ヘビ、マウンテンライオン等が生息

e0052725_5123930.jpg

砂漠の花、パート2

ハイキングを終えて、キャンプ場へ戻る。
午後3時からのGuided tourに参加するために、とりあえず急いでテントを建てる。
その間、かなり疲労気味のジンジャー

e0052725_516076.jpg


そして、いよいよツアーへ。
今回の最大の目的、それは

Pictographを見る事!!!

このPictographと言うのは、昔々文字がなかった頃に、絵や線などを組み合わせて色々なものを表現したり(つまり情報交換の一種として使用)、自分の意思を表現する方法の一つで、アートの起源である。
このSeminole Canyonには約200サイトにも及ぶ、pictographのサイトがあるらしいが、現在一般公開されているのは3サイトほどである。

この地域、紀元前に既に人類が生息して形跡があり、彼らは洞窟の中に住んでいたようである。

e0052725_528532.jpg


紀元前、この辺りの気候はまだ穏やかであったらしく、植物を取って食べたり、ねずみなどを取っていたらしい。
この時代の人々の排泄物が発見された時に、それを分析したらネズミの太ももの骨1本丸まる出てきたらしい(←つまり、歯があまりよくなかったのか丸呑み状態)
後は集団でバイソンを川に追い込んで攻撃したりして、食料を確保していたようである。

そんな紀元前に生息していた彼らが残したサインを見た。

e0052725_5295682.jpg


e0052725_5365951.jpg


実際、この絵が何を意味しているのかは全く持って不明であるが、人類学者達による推測によれば、この絵は人類とuniverseを表しているのだとか。
要は人類はどこから来て、どこへ帰っていくのか?というような事を表現しているらしい。
この時代の人達は小さなグループ(Maxで20名)で生活していた為に、あまり多くの人達と関わる事もなく、毎晩こうやって絵を書き続けたんかな?

e0052725_5334742.jpg

染料は、石に含まれるミネラル(マイカ)をすりつぶして、それを動物の骨を砕いた物と混ぜた物らしい。
ブラシは植物を使用。

e0052725_538521.jpg

e0052725_5385647.jpg


ここに生息していた人類は、今のアジア人ととてもよく似ていたらしい。

e0052725_5402998.jpg

説明してくれる、ガイドのおじさん
声ちいちゃいから、何言うてるんか全然聞こえへんっちゅ~ねん

より詳しくしりたい人は、これどうぞ

と、ま~、こんな感じで楽しんだわけです。
何千年も前に住んでた人と同じ場所に立って、こうやって彼らの描いた絵を見ると何だかとっても色々考えさせられました。

で、キャンプ場へ戻り・・・

e0052725_543058.jpg


沈む夕日を眺めながら・・・
今日も疲れたな・・・・
太陽のサイクルと同じように生活する野生動物のように、寝る。

あ~楽しかったな~・・
ってか日焼け止め塗ったのに、日焼けして痛い・・

テキサスに来たなら、1度足を運んでみてはいかが?
ただし・・・

パスポート必ず持参で!
[PR]
by ecotama | 2007-03-13 05:47 | Texas

Spring Break


やっときたー!

SPRING BREAK

こちらテキサスの辺りでは、この日本でいう春休み、つまりSpring Breakになると大抵の学生達はCorpus Christiでビーチパーティーとなるか、リッチなkidsはMexicoのCancunなどのちょっと高級リゾート地へ赴き、現地パーティーとなるわけです。

e0052725_9105540.jpg


お前ら、羨ましすぎ

この辺りでも、お金持ちの子供たちは半端じゃなく金持ちである。
高校生から運転できるこの場所では、逆に車がないと何処へもいけないわけである。
当然、高校生、殆どの生徒は免許を持ってるけど車を持ってる生徒はまだそれ程いない。
が、しかし金持ちキッズの所有する車は・・

HUMMER (←お前ら、環境問題全く考えてないだろう)
BMW (←1度でいいから、助手席に乗せてもらいたいわ~)
Mercedez (←毎週洗車してもらってるみたいね、ピカピカだわ~)
Escalade (←ま~、ヒップホップ)


ま、それはおいておいて、Spring Breakの前になると必ずクラスで教授達が皆口をすっぱくするぐらいにこう言います。

「決して、羽目を外すな!!!」

そして毎年のように、このSpring Break明けのschool newspaperではこういった内容の記事が記載されます。

○○専攻の○○さんが、スプリングブレイク中に○○に出かけ夜中にパーティー中に○○になり、現在行方不明

Spring Break中、○○ビーチで友人達と○○していた○○さんは、突如友人の輪の中から消えて翌日死体となって発見されました

去年のうちの学校のニュースレターにも、生徒の死亡記事が載ってあったのを覚えてる。
お酒を飲みすぎるだけならまだしも、ビーチという開放感が更に手伝ってドラッグについつい手を出してしまう生徒も少なくない。
いくら若者とは言え、あなた達、

世の中、甘く見すぎ


そして世の中の甘さを味分えない、貧乏な生徒達(私含む)はどうするかと言うと・・・

真面目に勉強Catch-Up Weekにする
つまり、少し自分が遅れを取ってると思われるクラスの課題を終わらせてしまったり、予習したりするのである。
要は貧乏でどこへも行けないだけであるが。

ま、どうせ休み明けに即Chemistryのテストがあるので善しとする(無理矢理納得)

ということで、皆様

Have a nice Spring Break!!


最近は肌も心もボロボロ、エコタマでした。
[PR]
by ecotama | 2007-03-10 09:32 | College