アメリカはテキサスにあるUniversity of Texas at Austinでナース目指して勉強中。日々思う事をかなり適当に書き綴る。目先の目標は2010年卒業。卒業した暁には値段を気にせず美味しい物をたらふく食べたいと願う。


by ecotama
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

<   2007年 12月 ( 3 )   > この月の画像一覧

くそノースウェスト航空



今回は更にグレードアップしてやられましたわ(怒)

実は今日から大阪に帰る予定だったワタクシ。
朝4時半に空港に行けと言われたので、一睡もする事なく朝4時15分に空港につく。
当然、当然ながら(アメリカでは本当に当然)カウンターはまだ閉まっており人がその暗い電気のついてない部分にラインを作って並んでおる。
その中に紛れ待つ事30分、ようやく普通のお姉さんが「たった今急いで起きました」という状況で普通に自分たちのラインの後ろから登場。
それも1人かよ。
こんなに並んでるのに1人でやる気かよ。
お姉さんくるなりいきなり電話をし始め、よく聞いてりゃ「今日当番の○○は今こっちへ向かってる途中だから後20分で来る予定よ」などと行ってる。
要は本来働く人が遅刻でこのお姉さんが一番のりだったというわけである。

ここですでにどないやねん、ノースウェスト!

私は列の最初から3番目に並んでいた。
自分の番が来たので、カウンターにチケットのコピーとパスポートを出す。
お姉さん「メンフィス行き?」
私「はい、メンフィスです」
お姉さん「あ、メンフィス行きねキャンセルなのよ」
私「は?キャンセルってモニターにも書いてないよ」
お姉さん「ええ、でもキャンセルなのよ」
私「ってか私今日大阪に帰るんですけど、キャンセルなんて聞いてないしキャンセルとも書いてないし、どういうこと?」
お姉さん「今日使う予定の飛行機がないのよ」
私「飛行機がないって。。これまたとことん無責任よねー」
お姉さん「本当は今日使う飛行機が昨日の夜こっちに着くはずだったんだけど、メカニカルトラブルで延期延期になって、結局飛べなくなったのよ(タイムアウトということらしい)」
私「あ、とりあえずそんなんは理由にも何にもならないんで代わりのチケット見つけて」
お姉さん「それがないのよ」

と、完全にふざけてるノースウェスト航空。
時期も悪かったのか、完全に他の飛行機の空席もなく。。。(クリスマスで空港は朝4時なのに人いっぱい)
もう朝4時からさすがに永遠と口論する気にもならず(後ろには長蛇の列だし)、「チケットないんやったらどうしてくれるん?」から始まり、結局は明日全く同じ便で帰る事になった。
これも結構不安で、絶対にダブルブッキングされてる可能性大であるが、明日は確実に帰らせてもらう。
明日は朝の4時からでも口論する気は満々である。

そして100ドルオフのクーポンをもらったが、これは次回ノースウェストを利用する際に100ドル値引くというものであって。。


誰が次回ノースウェストなんか使うねん!!!(怒)

今100ドル値引けと言ったが、既に購入してしまってるチケットなので(ついでに旅行会社を通してなので)無理だと言われる。
更に100ドルオフいらないなら、10,000マイル差し上げますと言われたが、こんなくそ航空会社のマイレージなんていらねぇ。

今回はそれでなくてもすごく短い日本滞在なのに(殆ど家の用事だけで帰る状態)、すでに1日がこれで潰れる。
アメリカの航空会社はとことんふざけてると思う。
基本的に「来い」と言われた時間にカウンターに客をこさせるが、自分たちは余裕で遅刻してくる。
客があまり旅慣れてなければ、とことん揚げ足を取る。
クレームを出さない限り、ミールクーポンなど出さない。
飛行機が遅れるのが普通と思ってたり、キャンセルが出るのは当然の事だと思ってるようで、「しょうがない」で終わらせる。
明らかに改善出来る部分を見いだそうとしないこの姿勢。
天候不良でのキャンセルはしょうがない、でもメカニカルトラブルでのキャンセルは明らかに航空会社の責任である。
前のユナイテッドの時はボーディングタイム5分前になって、前輪のパンクが分かりキャンセルになるし、今回のノースウェストは飛行機がこれなかったからでキャンセル。

こっちは高いお金払って、更には燃料費とかいう飛行機のガソリン代まで払って乗ってるのに、何かしら航空会社は経費削減とカスタマーサービスの部分をカットしていく。
その部分が明らかに目立つので、結局それが更に客足を遠のけ経営悪化をたどるばかりである。
ユナイテッドもたいていだが、このノースウェストもたいていである。
個人的にアメリカンは未だに悪い印象を受けた事は一度もない。

この人達、時間の大切さを全く分かってないのよね。
時間のない人達にとって1日がどれほど大きなものかというのを。
確かにしょうがない事もあるけど、改善出来るしょうがないをそのまま放っておくこの航空会社が許せん。

次回はぜひ日本からこのブログを書けるように、Cross your fingersですたい。
[PR]
by ecotama | 2007-12-24 05:28 | America

Ricepaper Tray



お疲れさん、自分!

ということで先週の土曜日にようやくファイナルが終了し、もぬけの殻と化してしまってるワタクシです。
今回のファイナル、ファイナル直前は普通は頑張って勉強一杯するんですけど、もう精神的に完全にいってしまってた状態だったようで、全くもって集中力はないは、やる気はゼロとかなり自分ではかなり焦るんだけど、焦れば焦るほど全く持ってやる気がでない。
体は正直というところでしょう。
このセメスターはAなしだけど、もう自分の中では納得済みなので良い。

今日は優れものを一品紹介。

その名は


Ricepaper Tray

そうそう、ライスペーパーと言えばベトナム料理。
皆さんもご存知の生春巻きの皮ですよ。
ワタクシ、このライスペーパーが大好きで(というよりもベトナム料理が大好き)、ライスペーパーに野菜をクルクルして食べるのが好き。
ただしこのライスペーパー、めんどくさがりの自分にとっては面倒なものでもある。
というのも、態々ライスペーパーを水で濡らして。。。とかやってるのも面倒だが、不器用な自分は更にそこで破いてしまう。
面倒なので家ではあまり作らない。

この前ベトナム料理を食べに行った時に、アパタイザーで生春巻きの盛り合わせみたいなのを頼んだ。
要は自分で勝手に好きな物をライスペーパーに巻いて食えという物である。
そしてそこで登場したのが、このライスペーパートレイというものであった。
それ以来、このライスペーパートレイを必死にオンラインで探したが全く見つからず、Austinのnorthにあるチャイナタウンの中の大きなアジアンスーパーに行ってみた。
このアジアンスーパー、かなりでかい。
4年前にはこんなのなかったのになぁ。。。それにしてもアジアは本当に食の天国だわ。

で、ぐるぐる中を歩いてると白人のご老人に
「ねぇ、この前ここにあった大きな椅子みたいなの欲しいんだけど、どこへ行ったの?」と聞かれ
「私、ここの従業員じゃないんで分かりません」と答える。
どう考えても従業員には見えへんやろー、そら日本人には全く見えへんけど従業員でもないよー。

で、そのご老人のいた後ろにライスペーパートレイを発見!
こんな物体です。


e0052725_15251784.jpg


ちょっと色悪いけどね(写真の)。
3ドル99セントです。
小さいサイズもあったけど、うちは大きいサイズのライスペーパーを使うので大きいサイズ用を購入。

開けてみるとこんな感じ。


e0052725_15275460.jpg


間にライスペーパーを一枚ずつ入れていく


e0052725_1529746.jpg


で、私の場合は指先を水につけてそれをライスペーパーの上に濡らしていく。
それを交互にしていき、ラップに全体を包んで1時間ほど置いておく。
9枚ぐらいはいるかな?
簡単だし、くっつかないし。
何よりも食感が全然違う。モチモチしてて美味しい!!!

後は適当に野菜とかをお皿に盛って、ライスペーパートレイを持ってこればスプリングロールパーティーの出来上がり。
ってか手抜きなだけなんですけど。
マイケゥ、やたら大量に具を入れすぎてライスペーパー破れてるし。
安上がりな上に、楽だし(片付けも楽)ねー。

それにしても体の疲労が取れないわ。。
早く学生という身分から抜け出したいと思う今日この頃でした。
明日テキスト売りにいこーっと。

皆さん、インフルエンザにはお気をつけを。。。(私は今日フルーショットしてきました)
[PR]
by ecotama | 2007-12-19 15:37 | whatever

Certified Nursing Assistant


ということで、8月から始めたこのCNAのクラス。
ついに今日テストがあり、長い長い期間を得て終了。
それにしても長かったなぁ。。。

というわけで、今日晴れてめでたく

Certified Nursing Assistantになりました

あー、めでたい。
というよりも、このテストがある事を実は完全に忘れており、昨日家に帰ってメールをチェックするとポールからの質問メールがありそれで思い出した次第だった。
完全に全てのスキルを忘れていたので、とりあえず急いでマイケゥをベッドに寝かせ(患者役にさせるということである)、mouth care, range of motion, occupied bedなどとりあえず出来そうな事を本を見ながら復習してみた。
もう少し勉強すればよかったんだろうが、昨日は何故かとてつもなく疲れていたのでベッドでテキストを読んでる間に就寝。

朝、テスト先のナーシングホームに行くと懐かしい顔ぶれである。
が、皆笑いつつも顔が引きつっており緊張してるのがよくわかる。
私はこの時点では全く緊張していなかったが、後ほど緊張が倍になってやってくるのは言うまでもなく。

このテストは2つのパートに分かれていて、最初のパートは実技で次のパートは筆記試験である。
実技のテストは一人ずつ行われ、試験官から5つのスキルを言い渡される。
最初の2つのスキルは手洗いとコミュニケーションで、これは誰でも難なくこなせる。
手洗いは15秒間しっかり洗って、ペーパータオルで手を拭き、別のペーパータオルで蛇口を閉める。
コミュニケーションも色々あって、目の見えない人とのコミュニケーション、耳の聞こえない人とのコミュニケーション、ちょっと痴呆の入ってる人とのコミュニケーション等ととりあえず指定される。

誰が一番最初にテストを受けるかという事を試験官から聞かれた際に、何故かあまり積極的でない私の相方のポールが思いっきり手を上げた。
ということで、ポールからである。
私はポールの苦手なスキルを知ってる、そしてそれをやるようにと言い渡された事を知ったのは言うまでもなくポールが汗だくで部屋から出てきた時である。
今日のポールは必死だったようで、彼は既にTexas TechのRNのプログラムに次のセメスターから入る事が決まっており、このCNAの試験にパスしないと入学許可は取り消されるので必死だったらしい。

そして生徒が一人、また一人とテストを受けていく。
私とサムが最後に残り、「どうする?先にやる?」と聞かれたので「先にやらせてもらっていいなら、先にテストさせてもらってもいい?」と聞くと、「私、まだ心の準備が出来てないからいいよー」との事だったので、私が先に受ける事になった。

自分がどのスキルのテストをやらされるのかは全く分からない。
個人的に、unoccupied bed, denture care, mouth care, range of motionがあたればいいのになーと思っていた。
で、とりあえず言い渡されたスキルはラッキーな事にどれも簡単なものだった。
Unoccupied bed, mouth care, range of motion。
本当にラッキーだった。
ということで、実技は問題なくパス。

私の次だったサムは結構大変だった。
自分の苦手な実技ばかりだったんで、「あー、先にやってよかった」と勝手に心の中で思ったのは言うまでもなく。

とりあえずこの資格をゲットしたので、ナーシングスクールのアプリケーションに記入してポイントをもらう事が出来る。

学校もあともう少し、来週からは地獄である。
この地獄を抜け出せば、天国とは言わないがましな状況が待ってる事を期待したい。
[PR]
by ecotama | 2007-12-01 08:59 | College