アメリカはテキサスにあるUniversity of Texas at Austinでナース目指して勉強中。日々思う事をかなり適当に書き綴る。目先の目標は2010年卒業。卒業した暁には値段を気にせず美味しい物をたらふく食べたいと願う。


by ecotama
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29

<   2008年 02月 ( 4 )   > この月の画像一覧

どんだけアホやねん


タイトル通り


うち、どんだけアホやねん!

とつくづく実感した日々でした。

今日はEthicsのクラスのテストで、うだうだ言いながらもう半分ラフドラフトを提出したような状態のfemale circumcisionのペーパーを提出。
完全にいけてない。

このクラスはペーパーの採点がとても厳しくて、ペーパーだけだとクラスの殆どがパスしないのでそのかわりにテストがあるようなクラスである。
そのテストは内容が簡単な上に、更に


オープンブック

つまりテキスト持ち込み可のクラス。
というわけで、Aが取れない方がおかしいという状況の中、
派手に


Bゲットー

おかしい。
このクラスでBはワタクシ1名。
隣のジェシカも「あらあら???」状態。
っていうかテキストからそのまま単語を書き写すだけの作業を、普通に一単語入れ忘れたりした結果。

そこで改めて思った事

テスト前はしっかり睡眠取りましょう

昨晩の睡眠時間は2時間ですた。
ってか
ギリギリまで待ってから勉強するなー!!!

はい、次頑張ります。

で、今日は皆さんもご存知のクリントン&オバマ両候補者について考えてみる。
先週、この2人が私の通ってる大学、UTの体育館みたいな所で討論をしたのね。
当然、行きたかったけど行ける人は抽選で選ばれる上、極端に少ない。
殆どメディアだったんじゃないかな?という程である。

が!

うちのマイケゥはジャーナリスト専攻の学生3名だけ行けるという事で、先生に「マイケゥ、行く?」と聞かれて行ってきました。
でもその前のコメント


「マイケゥ、今日やる事たくさんあるから、あんまり行きたくない。お腹も空くし。」

私も喜んでー!と行きたい所だが、何故か誕生日の日からウイルス性の腸炎みたいなのにかかって死んでおりました。
病院に行っても薬ないとか言われるし。
おまけに家で死にそうに腸の痛みとベッドの上で戦いつつテレビをつけると

よく考えりゃ


ケーブル入ってないからうつんねぇ

と、ハイライトだけみたので私の独断とものすごい偏見でこれから書いてみようと思う。

私が思うに、クリントン&オバマ両候補者、似たり寄ったりの事を言ってる訳で、それやったら何で一緒に組んでやらへんの?(つまり大統領、副大統領って事で)と思うんですけど、そこは互いのプライドが許さないというところなんだろう。

まず、医療保険に関しては私はヒラリーのアイデアに賛成。
オバマ氏の場合は、子供のみをカバーという部分でひっかかる。
ヒラリーの場合、大人子供含めて安い医療保険を提供し、購入は必須条件とする、つまり税金を払うように、医療保険に入る事を絶対条件とするという事である。
「貧乏なおいら達はどうやって保険に入るんかい?」と思ったりもするが、ある程度の収入はあるのにあえて医療保険に入らず、結局何かしらの病気になったり事故にあったりして、病院に駆け込み医療費ふみ倒しの方がよっぽどたちが悪い。
こういった人達のお陰で、実際にERを閉めた病院も多々あり。
ついでにこういった人達のお陰で、他に普通にきちんと働いて少ない収入で頑張ってる人達へのケアのサービスの質というのも落ちる原因になるのではないかと思ったりする。
つまり、「払うお金」があるのにあえてそれを「拒否」し、最終的に他人の税金を使うというせこいやり方は「人は医療サービスを受ける権利がある」というこの権利の部分を乱用してると思う。
ただそのヒラリーが提供しようとしてる格安医療保険がどの部分までカバーされ、そのシステムの変更により医療システムがどう大きく変わるのかは不明やけど。
ただ今現在既存してる保険会社、製薬会社などのシステムを大きく変えない限り難しいんじゃないか?と思う。

次にイラクに駐在してるアメリカ兵に関してだが、これは両者共「今すぐアメリカ兵を帰還させる」という事だったはず??
これは全く現実離れした話で、今すぐアメリカ兵を帰還させるという事はただ単にイラクを「侵略」しただけに終わり、かつでジョージブッシュが無理矢理こじつけた理由、つまり「イラクに民主主義をもたらす」という全く現実離れした提案を終える事なく終わってしまう。
かと言って逆に、マッケイン氏の「アメリカ兵が居る限り、100年でもアメリカ兵をイラクに滞在させる用意がある」的な発言もこれまた現実離れしすぎてる。
確かにこの戦争のお陰で素晴らしい借金をアメリカは中国などにしてるわけで、一刻も早く終わらせたいというのが正直なところだろう。
が、正直後数年は無理だろうと思う。
っていうか、どう考えても無理やろ。
侵略するだけ侵略して、後の一般市民の事は知りませんでは終わらされへんでしょ。

対外交政策について。
ちょうどそのUTで討論があった日かその前の日に、キューバのカストロ議長が辞任を発表した時で、質問の中に「次のキューバの大統領と会う気はあるか?」みたいな質問があったんだけど、これは完全にオバマ氏を私は支持。
ヒラリーは「彼らが何かをしようという意思表明を態度で表示しないかぎり私はあうつもりはない」みたいな事を言ったのに対してオバマ氏は「私はいつでも会って話をする用意がある」みたいな事を述べた。
アメリカの外交政策がおかしいと思うのは、何でもかんでも自分の国が正しい、つまり民主主義万歳なところだと思う。
キューバの人権問題に対して提言するなら、アメリカはどうなのか?
他国の人権問題に対してはうるさい割に、自国の利益となるパートナーシップを結んでる国が人権無視しようが声を大にして批判はしない。
更にアメリカ兵によるテロ容疑者への拷問等。
今回の大統領が最悪だっただけに、次に大統領になる人には外交については柔軟な姿勢で色々な事に対して関わってほしいと思う。
その点、ヒラリーは少し姿勢が強すぎるかと思ったりもする。
でも私は強いヒラリーも好きなんだけどなぁ。。

ということで、




今後どうなるのか!?

あ、私選挙権ないんで何ともしようないんですけど。
[PR]
by ecotama | 2008-02-26 11:01 | College

もう寝かさせてください

きぃーーーっっ!!

と大きな声で叫びたいが、現在夜中の12時半なのでやめておく。
今まで無駄に時間をアプリケーションのエッセイに費やし過ぎたつけが回って来た。

今日も書く


明日も明後日も書く


だってペーパーの締め切り日は来週月曜日

くっそぉ。
昨日は夜中3時までアウトラインを作成し、それに沿って今日は上手く簡単にペーパーを書く予定だったが、案の定


全くはかどらん

今はEthicsのクラスのペーパーを書いている。
選んだトピックが悪かったのか、中々まとまらん、というか自分の意見は出てるもののいざ倫理の点から見た際に中々サポート出来ない。
こんなブログ書いてる間にもペーパー書けよと思うが、もうあかんわ。

トピックは前にも書いた女性性器切除(female circumcision, female genital mutilation)に関してだ。
この女性性器を切除する風習はアフリカの国々、中近東、アジア(特にインドネシア)などで未だに行われてるもの。
このトピックに決めてから色々リサーチする前はただ単に何の考えもなしで「反対」だったわけ。
でも色々なリサーチを読んでいく内にだんだん白黒はっきりしてたのが、すんごいグレーになってきた。
グレーになってしまった自分の考えは、全くもって優柔不断な物になってしまってて、それが明らかに読んでても分かるぐらいに優柔不断なペーパーになってる。
5ページ半書かなければならないが、今3ページ目にして既にこれ。
まずい。

この女性性器切除はWHOを筆頭に、他の人権保護団体グループや欧米諸国が何とかストップさせようとしているもの。
その理由として
1.男性性器切除(male circumcision)のように健康上へのメリットが全く見られない。男性の場合、感染症などになりにくくなるという結果があるらしい。
2.女性性器切除をした後の合併症、つまり出血多量やバクテリア感染、慢性化する尿道の細菌感染、ショックなどが多々報告されている。時々、死亡するケースもあり。

と、このような理由からこれは人権損害という事になるという事らしい。

が、当然これが生活の一部になってしまってる人達からしてみれば「個人の権利」という事になるわけで。
ついでに、彼らの文化の中ではこの女性性器を切除した女性は周りから尊敬され、社会でも切除していない女性よりも高い地位を得る事が出来る。
そしてコミュニティーにも受け入れられるが、切除してない女性は世間からは見下され家族も侮辱される対象となる。
こういった文化的背景などを踏まえてみると、母親が娘に対して切除の手術を行わせる事は決して悪い事をやってる訳ではない。

こうやって煮詰まれば煮詰まるほど書けん。
ペーパーがすらすら書ける日は、めちゃめちゃ体調の良い日以外ない。
という事は、殆どがすらすらと書けないわけ。

こういったトピック調べるの大好きやし、新しい発見とかあってすごく好きやねんけど、それを元にペーパーを書くのは大嫌い。

今週も頑張って目の下にクマを作りながらペーパーを書くか。

個人的に自分が20歳の時に、まさか30歳にもなってこんな真夜中に期末試験前の一夜漬け状態で勉強してると思ってもみーへんかった。
ってか




今まで人生だれてた分のつけがまわってきただけ?
[PR]
by ecotama | 2008-02-18 15:55 | College

ようやく


ようやく締め切り日が明日と迫ったので


アプリケーション提出しますた

ギリギリまで書き続けたエッセイ。だるかったぁ。
結果はスプリングブレイクの後、郵送にて結果が知らされる。
あえて勝手にバレンタインの日を選んでアプリケーションを提出した。
別に意味はなし。

ようやく今から勉強に本腰をいれなければならん。
すでに2科目テストがあったんだけど、Nursing Researchなんて散々でCだった。
「あーやばいなー」と思っていたので、今日プロフェッサーに会いに行った。
今回のテスト、Aはいないらしく、クラスの平均は66、つまりDである。
という事はクラスの半分はパスしてないらしい。
プロフェッサーも「多くの生徒からカーブを使わないのか?っていう質問がきてて、メールを開けるとそればっかりよ」と苦笑いである。
自分の解答用紙と答えがかかれた紙をもらい、自分の回答と比べて未だ理解してない部分を聞き直した。
このクラス、とてつもなく内容自体がabstractな上、テキストもそんな状態なのできっちり理解するのは難しい。
ある程度コツをつかめばそんな事はないのだろうが、慣れるまでは大変である。
でも今日このプロフェッサーのオフィスに行って色々教えてもらったのは、とても勉強になった。
というのも、自分がどの部分を理解出来てなかったかというのが分かったから。

そして今週末は頑張ってethicsのクラスのペーパーを仕上げなければならない。
全く何もしていない。
とりあえず一枚目のペーパーは自分の好きな事について書けるので、トピックを決めなければならない。
多くの生徒が中絶、尊厳死などの部分を選んでいたが、これは後ほど書かなければならないので同じトピックはさけたいと思い私は別のトピックを選んだ。
私の場合はfemale circumcisionをethicalな視点から見たものを書く事にした。
この手のリサーチはあまり多くなされてはないみたいだが、いくつかのリサーチを見つけたのでそれを使って書いてみようと思う。
それにしても面倒だ。

スペイン語のクラスは相変わらず地獄である。
全く進歩が見られない。
このクラスが一番苦痛なクラスである。

今日はバレンタインである。
うちは当然チョコレートなんぞ私がもらう訳なんてない(アメリカは逆なのよね)。
そして来週はワタクシの三十路の誕生日である。
明日は私の隣に座ってるクリスティンの誕生日、彼女曰く
「もう20歳になるのよねー、なんかすごく年取った気分、もうティーンじゃないのよねー(溜息)」


私三十路ですが何か?
[PR]
by ecotama | 2008-02-15 08:51 | College

Personal Essay



書けん!!

来週に迫ったナーシングスクールへのアプリケーションと一緒に提出するPersonal essayが書けなくて困っている。
というよりも煮詰まっているという表現の方が正しい。
自分の納得のいくものが書けない。
このPersonal essayがかなりの割合で合否を決めると言っても過言ではない、というのもGPAは皆似たりよったりなので、どこで差をつけるかというとこのエッセイになる。

先週は、んでるさんや彩依ちゃん、しょうちゃんにエッセイを見てもらった。
やはり他人の目から見たコメントはとても為になる。
エッセイを書く時、特にこんな場合などはaudienceに集中して書く必要がある。
でも書いてる途中で完全に「私の世界」に戻ってしまうわけである。

昨日はUndergraduate Writing Centerにエッセイを持っていって意見を頂戴してきた。
「なんで今までこのサービスを利用せーへんかったんやろ!??」と思うほどだった。
これからはこのライティングセンターが私の親友になる事間違いなしである。
かなり的確な指摘を頂いた。
私のエッセイは経験を書いてるけれども、その経験を具体的に「どうしてナースになりたいのか?」という部分とくっつけてなかったし、同じ事を繰り返し別の例を使って書いてるだけだった。
余分な表現が多すぎ。
他の生徒と自分の違いをしっかりと書けてなかったのもある。
家に帰ってから夜中の3時まで書き直した。
1パラグラフ全部を削除して新たに別の要素を付け加える事にして、ネゲティブな要素も省いた。

そして今日はナーシングスクールへのパーソナルエッセイならばこの人に持って行け!と言われる人に持って行った。
まず「どうして自分が選ばれるべきなのか?」という内容が含まれてない。
そして「special circumstance」を呼ばれる自分の生きて来た人生の中で乗り越えて来たスペシャルな事などが書かれてないと。
確かに「どうして私を選ぶ必要があるのか」という部分は肝心な部分なのに、全くその部分について書く事すら頭になかった。

もう一度、一から書き直す必要があると思った。
最初から全て書き直すのはこれで6回目になる。
どんだけ書き直したら良いものが出来るのか?自分の納得するエッセイが書けるのか?
たった2ページで自分という人間をどう表現するのかを書くのは半端なく難しい。
どれだけ読み手に自分の印象を残すのか?これが一番難しい。

来週には提出なのに、ギリギリになってまたやり直し。
でも納得する物を出したい、というより出さなければならない。

文章を書くのは難しい。
[PR]
by ecotama | 2008-02-01 09:11 | College