アメリカはテキサスにあるUniversity of Texas at Austinでナース目指して勉強中。日々思う事をかなり適当に書き綴る。目先の目標は2010年卒業。卒業した暁には値段を気にせず美味しい物をたらふく食べたいと願う。


by ecotama
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

Where are you from?

自分の行ってるCommunity Collegeはとてもinternationalである。
一番最初に取ったESLのクラスの授業中、当然最初は自己紹介である。
そこにはアメリカに来た経緯や、どこの国から来たのか?そして何の為に学校に通ってるのか?などを説明するものである。
大抵の国の名前をあげられても分かる自分だが、たまに I'm from ○○。。。その○○ってどこにあるねん?と頭の中で思いながらも、その子にはそこが地球上どこに存在してるのか聞けない。。。
何故かそれを聞いてしまうと失礼か?と思ってしまう訳のわからない自分がいたりして、家に帰って地図で調べようとしても、その国名すらでてこない。

この学校がこれだけinternationalなのは、自分の住んでいる場所柄でもあるのだろう。
サンフランシスコ付近はとてもinternationalで、自分がminorityだと感じた事はない。
ここは移民が移民として堂々と生きていける場所ではないだろうか?

ESLの最後の授業の時にクラス全体でPot-luck Partyを開いた。
まーなんとこれまたinternationalなことか。。。
一番喜んでいたのは先生で、その日はパーティー半分、テスト半分という予定だった。
生徒としては頭の中で勉強してきた事が忘れないうちにテストをしてしまって後でパーティーを。。と考えていたのだが、先生としては目の前のinternational foodを無視してテストは出来なかったようで、「料理がさめる前に食べましょう」の先生の一言で全てが終わった。
これが好きでESLの先生を辞めれないという先生結構いるようでおもしろい。
それまでアフガニスタン料理なんて食べた事もなかったし、パナマ料理とかなんて聞いた事もなかった。
皆、自分の国に誇りを持ってて、自分の国の料理を持ってくる。
自分はその日、肉みその入ったコロッケを持っていった。
が、よく考えるとイスラム教は豚は食べれないんだった!!ちょっとしくったーって思ったけど、まー食べれる人だけ食べてねって事で、結構皆おいしいと言って食べてくれた。

ESLの先生が「これがESLのクラスを教える事のメリットなのよー」と言った時、自分もその意味がわかった。
ESLは自分が取ったクラスの中で一番楽しいクラスだったし、おいしいクラスでもあった。
[PR]
# by ecotama | 2005-08-24 03:41 | College

大阪のおばちゃん

大阪に住んでいない人からすれば、大阪のおばちゃんはきっと強烈なイメージがあるはず。
コマーシャルでも演じられ、中川家にも演じられ、大阪のおばちゃんはきっと日本一有名なおばちゃんの代表格であると思う。
が、大阪に住んでいると大阪のおばちゃんが普通のおばちゃんにしか見えない。
ただいつも思うのは、「大阪のおばちゃんはやっぱり派手な色の服とか派手な柄の服が好きやなー」と。

この前友達と話している時に、おばちゃんの話になった。
自分が「おばちゃんって絶対かばん2個ぐらい持ってて、その中には必ず飴ちゃん入ってるよな?ついでに言うと、病院の待合室とかでそのおばちゃんの隣に座ると、おばちゃん必ず飴ちゃんお裾分けしてきてくれるねん、で、おばちゃん色々と自分の身の上話しだすねん。」と言うと、その友達は「まじで?東京ではそんなおばちゃん見た事ないよ。」と言われた。
自分の中では「大阪のおばちゃん=飴ちゃん(それもおばちゃん、絶対に飴にちゃんづけする)」なんだけど??
たまにヤクルトを数本持参するおばちゃんもいて、夏場とかちょっとぬるくなったヤクルトをかばんの中から出しお裾分けしてくれる。

自分がよくこの光景に出会うのは病院の待ち合いである。
おばちゃん達、何故か一度仲良くなると病院で会うたびに「あら、あんた今日はどうしたん?」と親のように心配してくれ、最終的になぜか「○○っていう薬が結構効くらしいでー」とか色々とそれに関連した情報も提供してくれるのであった。
旦那が一度病院で入院してた時も、何故か一度話した事のあったおばちゃんが旦那の病室まで来て「あー、ちょっと思い出してな、旦那さんどないなん?」とお見舞いすら来てくれた。

要は大阪のおばちゃんは世話焼きなのではないか?と思ったりする。
他から見ればおせっかいなのだろうけど、自分は結構大阪のおばちゃんが好きだ。
自分も確実に大阪のおばちゃんの血を引いているのか、最近は何故か派手な柄物の服や色が好きになってきてる自分に気づく今日この頃であった。。。
遺伝とは恐ろしい。。。
[PR]
# by ecotama | 2005-08-23 08:16